カメラ

SONY はなぜ Eマウント α3000 を開発したのか?

更新日:

ソニーのEマウントと言えば、

人気も高くミラーレス市場でも地位を確立している
「NEX」シリーズがあります。

Aマウントの一眼レフ「αシリーズ」
Eマウントのミラーレス一眼「NEXシリーズ」
という感じで、それぞれ異なった
レンズマウントが設計されていますよね。

とても分かりやすくて
上手に住み分けができていたと思います。

では、なぜ Eマウントの「α 3000」という
モデルを開発、発表しちゃったんでしょうか?

ミラーレスは北米とヨーロッパでは売れない

ソニーの一眼レフボディに、ミラーレス一眼のレンズマウントを取り付けた
α3000は、完璧に欧米向けであると言えます。

Screen Shot 2013-09-08 16.46.28

 

出典:Sony introduces SLR-esque A3000, a mirrorless camera for $400: Digital Photography Review

ミラーレス一眼は日本や中国、韓国などのアジア圏ではとても人気が高く、
しかも女性に人気です。

しかし、欧米人がミラーレス一眼を扱っているのを
見たことがありません。

2ヶ月いたハワイでも、
アメリカ人が多い沖縄でも、
欧米人はみんな 一眼レフ のゴツいカメラを愛用しています。

女性も子どももみんな一眼レフです。

デジカメinfoさんの記事にもこういう記事がありました。
北米とヨーロッパではミラーレスカメラは伸びていない – デジカメinfo

α3000の矛盾はEマウントの普及にある

ミラーレスが売れない北米やヨーロッパの市場で、
Eマウントのカメラを売りたい。

そんな矛盾が α3000 を生み出したきっかけだと思います。

機能や性能もエントリー機としては十分なのですが、
NEX-7のように我こそはフラッグシップ機である。
という貫禄や力強さはないと思う。

どうせイチガンボディで出してくるなら
NEX-7を上回るくらいの性能が欲しかったな〜。

まとめ

ソニーα3000は、
ミラーレスが売れない北米とヨーロッパ向けに
開発された イチガン ということ。

日本での発売がまだ決まっていないので
α57みたいに、後出しで出てくるかもしれませんね。

RX100やRX1を立て続けに発表した2012年と比べて、ソニーさん..なんか今年は変だぞ〜。

-カメラ
-, , , , , , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.