カメラ

α6000 キター!NEX-6と何が変わったの?

投稿日:

はいさい。ヒガシーサーです。

Nikon、Canonと使ってきて
最近はソニーにぞっこんです。

長らく後継が登場していなかった
NEX-6の正統後継機が登場しました。

±6000

α 6000
2014年4月発売予定
レンズキット:800ドル
ボディ本体:650ドル

前に記事にした通り
やっぱりソニーの思惑は「1ケタ台はフラッグシップに」移行していってますね。

まっそんな話は置いといて
α 6000 のお話の国へと進んでいきましょう。

NEX-6とは?

α6000を解説する前に
「NEX-6とNEX-7の話」をしなければいけません。

NEX-7とは、ソニー小型デジタル一眼カメラの「元フラッグシップ機」です。
発売当初から大絶賛され、今でも愛用者が多いカメラ。

「このミラーレス動画すごいんだけど…」

とネットユーザーの間では話題になりました。

その後、発売されたのが NEX-6 です。
当初はNEX-5とNEX-7の中間的位置付けで発売されていました。

が、ソニーさんが長らくNEX-7の後継機を出さなかったので
α7/α7Rが登場するまでは事実上の最上位クラスEマウントとして
小型一眼カメラのラインナップを牽引してきました。

NEX-6とNEX-7は、NEX-5やNEX-3と違い
電子ビューファインダーを搭載しています。

  • NEX-5、NEX-3がエントリーユーザー向け
  • NEX-6、NEX-7は中級者向け

こうした明確なターゲットの違いがありました。

そして今回登場する α6000
NEX-6の後継機とされています。

NEX-6から進化した点

±6000

  • ファストブリッドAF 公称0.06秒
  • 24MP
  • Bionz X
  • マグネシウム合金ボディ
  • ISO100-25600
  • フォーカスポイント179点
  • 2倍のデジタルズーム
  • チルト液晶
  • EVF 144万ドット 倍率0.7倍
  • 連射 11コマ/秒
  • 動画 1920×1080 60p
  • Wi-Fi-+NFC搭載
  • コントロールダイヤルが切り離された

赤字部分が進化を感じる点です。
特にオートフォーカス速度の改善は嬉しいところ。

まとめ

±6000

日本での発売はどうなるか分かりませんが
NEX-6は人気機種でしたので発売されるでしょうね。

engadgetさんの記事では
「NEX-7とNEX-6の中間」と記載されていましたが、どうなんでしょう?

ソニー、Eマウントのミラーレス一眼 α6000を海外発表。公称0.06秒AF搭載、NEX-6と7の中間的モデル [訂正] – Engadget Japanese

となると NEX-7 の後継はもうないのかな?

α6000かぁ。

これがバリアングル液晶になってくれたら
欲しいんだけどなぁ。

NEX-5Tの牙城は崩せそうにないですね。(私の赤カブト(心)の牙城です)

souce:

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.