カメラ

SONY α7000 と α7II はどちらを買うべきか?両機種を比べて分かった3つの特徴

更新日:

4月12日にα7000が発表されるかも?

SONY Eマウント APS-Cサイズ機 のフラッグシップ「α7000」が、そろそろ発表されそうですね。注目の性能は4K動画機能、高速AF、高速連写、ボディ内手振れ補正。α6000は高感度に強くないですから、高感度に強くなっていれば非常に魅力的なミラーレス一眼となりそうです。

Aマウント、FEマウントを含めて単体で4K動画を撮影できる一眼はソニーにないので、α7000が初の4K動画撮影機種となります。まだ噂の段階ですがパナソニック、オリンパスの猛追を考えればそろそろソニーは4K機種を発表したいところですよね。

ここで悩むのは「フルサイズ一眼」か、「APS-C一眼」かという点。現行価格でα7IIレンズキットが21万前後、α7レンズキットが13万円前後、α7000はレンズキット13万円〜15万円ぐらいだと予想されています。

というわけで、新機種α7000に供えて、α7IIとα7の3機種はどれを買うべきなのか考えてみました。

SONY α7000の魅力

まだ噂段階ですが、スペックはコチラです。

  • 新型24MPセンサー
  • 内部4K動画撮影
  • α6000同等のAF
  • ISO100-25600
  • タッチパネル搭載?
  • ボディ内3軸手振れ補正

信憑性の低い噂ですから、まだ確定ではありません。ボディ内3軸手振れ補正はEマウントレンズOSSと合わせて5軸になります。現段階の噂では見た目はNEX-7に似せつつも、最新鋭の機能を盛り込んだハイエンドAPS-C一眼となりそうです。

これで価格が13万円前後なら魅力的な機種となりそう。SONY α7000 は、α7シリーズと比べて動体向きかもしれません。子どもがいる家庭ならα7000をおススメします。

SONY α7II と α7 の比較

±7ii

α7IIは、初代α7の不満点をほとんど解決した万能機です。それに加えてボディ内5軸手振れ補正を搭載しているので、個人的には今、最もおススメしたいフルサイズ一眼。

  • 外観部分の持ちやすさ向上
  • 5軸手振れ補正搭載
  • 35mmフルサイズセンサー搭載

大きな特徴は外観やマウント堅牢性の向上。5軸手振れ補正を内蔵し他社メーカー性レンズ、手振れ補正非搭載レンズをマウントアダプターを介して使える。そしてフルサイズセンサーがα7IIの魅力。

α7000と比較すると、高速なAF、高速連写などカメラ基本性能はα7000に軍配が上がります。またFEマウントはレンズが高額で大きいことも悩むポイントですね。

価格やレンズの重さを気にしないハイエンドユーザーなら間違いなくα7IIがおススメ。私ぐらいの素人であればα7000を使う方がメリットが多いかもしれません。

α7と比べたら?

α7に関しては価格以外に選ぶメリットは少ないかも。

私も使っていますが正直、ニコンやキヤノンの一眼レフと比べて使い心地は良くないです。フルサイズセンサー搭載しただけのエントリー機種って感じです。それだけでも十分ですが、使い続けると起動速度やシャッタースピードなど不満点は募ります。あとバッテリー激弱ね。

α7000とα7を比較するなら圧倒的にα7000のほうが使い心地はいいでしょう。まだ噂段階ですがα6000やα5100の使いやすさを継承しているなら期待できます。

SONY α7000は買いなの?

一眼レフ

買いでしょ。

最近の一眼市場を見ると、センサーサイズで選ぶことがナンセンス極まりないことが分かります。

動画を撮るならオリンパス OM-D E-M5 は現行ミラーレス一眼の中でもベストな選択肢。パナソニックのミラーレスも魅力です。高速性を取るならニコン1 V3も魅力的でしょう。APS-Cサイズ以上で見ると Canon EOS Mシリーズと、SONY αシリーズがあります。

それぞれのメーカーが特徴のある魅力的な製品を投入しているので一概にセンサーサイズで選ぶことは難しい。それでもSONY α7000が噂通りのスペックであれば買って後悔しない一眼になるでしょう。

4K動画、ボディ内手振れ補正、高速AFが揃えば、どう考えても買いでしょ。…バリアングル液晶も搭載してくれればいいんだけどなぁ。真剣に購入を検討します。

どちらにしても4月12日が楽しみですね。

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.