カメラ

SONY α7s は今世紀最高のカメラ!α7、α7Rとの違い

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。

前から書こう書こうと思っていたけど、娘が産まれてから書けずにいました。今日はSONY α7s が「今世紀最高のカメラ」だと思う理由をお話しします。

α7シリーズが起こした革命

SONY α7シリーズは、バッテリーやSDカードを入れても500g以下のボディに、フルサイズセンサーを搭載した恐ろしいカメラです。

フルサイズ一眼レフというと、重くて大きいカメラが一般的。私ぐらいの一般ユーザーが日常で使うのは正直ツラいでしょう。

とくに、子どもと遊びながらフルサイズ一眼レフを構えるなんて、想像しただけで疲れますが、α7は、この世界を変えてくれた。

「カメラ中級者が理想とするフルサイズ一眼」それが、α7シリーズです。

α7s、α7、α7Rの比較

そして、今回登場した「α7s」私が興奮している理由を、スペックから比較して説明します。

スペックα7α7rα7s
画素数2470万3680万1240万
ISO感度100〜25600(標準)ISO50,51200(拡張)100〜25600(標準)ISO50,51200(拡張)100〜102400(標準)ISO50,64,80,128000,160000,204800,256000,320000,409600(拡張)
ローパスレス
連射撮影5コマ/秒4コマ/秒5コマ/秒
動画1920×1080 /60 fps1920×1080 /60 fps1920×1080 /60 fps
AFファストハイブリッドAF(位相差/コントラスト)ファストインテリジェントAF(コントラスト検出)ファストインテリジェントAF(コントラスト検出)
重量416g407g446g
価格.com 最安値115,242円173,228円223,500円
特徴万能タイプ高画素、高画質タイプ低画素、高感度撮影、動画タイプ

α7、α7R、α7Sの大きな違いは上記の通り。α7sはXSVC Sという動画ファイル形式も使用できます。

α7

ボディ価格が11万円台、ファストハイブリッドAFを採用しているので、動画も静止画もオートフォーカスが速い。
価格も安いので、誰にでもお勧めできるカメラとなります。私の友人が最近、α7を購入したんですが…やっぱ欲しいと思いましたね。

α7R

ボディ価格20万以上。ローパスレス、3640万画素…一般ユーザー向けではないですが、写真にこだわりたい人にお勧めです。

連射速度、AF速度はα7に劣りますが、どうせ買うなら…という一眼マニアが多い気もします。高いですけどね。

α7s

1220万画素の高感度撮影が可能な、α7s。シャッター速度はα7と同等です。夜景撮影だったり、高感度な動画撮影に向いてます。

低画素フルサイズですから、圧倒的にノイズが少ない写真が撮れるでしょう。α7との価格差は10万円以上しますが、価格差に見合った性能だと思います。

α7sの魅力

NikonはD3を出したときにこう言いました。「デジタル一眼レフは1200万画素が最もバランスが良い。」

今でこそニコンのフラッグシップ機は1600万画素になりましたが、それでも今の一眼レフと比べたら驚くほど低画素です。

1800万画素Canon EOS 1D-X
1600万画素Nikon D4s

エントリークラスの一眼レフでも、2000万画素を超えるのが当たり前。コンデジですら余裕で超えますよね。

でも、カメラメーカーの2大巨頭 Canon と Nikon のフラッグシップ機は2000万画素を下回ります。

それはなぜでしょうか?

画素ピッチと呼ばれるもの

デジタルカメラは高画素であれば良いってわけではありません。センサーサイズと画素数のバランスでカメラの高感度性能は変わります。

例えば
APS-Cサイズセンサー2000万画素を処理できるカメラと、フルサイズセンサー2000万画素を処理できるカメラでは、フルサイズセンサーのほうがノイズが低減されます。

それは、画素ピッチと呼ばれるものが関係しています。画素ピッチは、センサーサイズが大きいほど広くなります。しかし、画素数が増えると画素ピッチは狭くなります。

50平米のマンションに家族4人で住むのと、100平米のマンションに4人で住むのとでは、空間の余裕が全然違いますよね。

空間に余裕があれば、その分光を取り込むことができるので、同じ画素数だとしても、センサーサイズが大きいフルサイズのほうが高感度撮影には有利とされています。

ちなみに、RX100は20平米のマンションに家族4人が住むようなものです。そしてそれよりも小さいセンサーに画素を詰め込むと…

もう分かりますよね。

私が未だに600万画素のNikon D40を使うのは、この理由があるからです。暗所では EOS 70D よりも遥かに綺麗な写真が撮れます。

参考記事:ニコンD700【第12回】 – デジカメWatch

ISO感度40万超えよりも大切な部分

最新設計のフルサイズカメラに1220万画素。だからこんな映像が撮れるわけです。

この映像で驚くべきは、ノイズが圧倒的に少ないってこと。EOS 70D だとISO 3200ぐらいで、もうザラつきますからね。

長らく待ち望んでいた低画素のフルサイズ一眼。それがソニーのミラーレスα7sで、さぁ、どうしましょう…ってなってるヒガシーサーです。ソニーは意図的にカメラマニアの理想を叶えてきますね。

全画素読み出しの動画

動画の解像度が良くなるのは、全画素読み出しができるカメラ。

低画素高感度+全画素読み出し動画。
素晴らしい動画が撮れそうですね。

α7sなら、ペルセウス座流星群を動画で撮影できるかもしれませんよ。うーんすごい。これで4K出力がカメラ内で行えたら完璧だったんだけど…

誰もが欲しいと思ったけど、だれも作らなかった

  • フルサイズコンデジ「RX1」
  • 高級コンデジ「RX100m3」
  • フルサイズミラーレス一眼「α7シリーズ」

どれも他のメーカーが絶対に作らなかったカメラ達ですが、カメラマニアが夢に描いてたカメラだと思います。

最近のソニーさん、ほんと熱い。個人的にアップルよりも刺激的です。

一眼レフ上達講座はコチラ>>

-カメラ
-, , , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.