profile

ヒガシーサー(比嘉研仁)1985年生まれ。サーフィンと写真が趣味の2児の父。アフィリエイト、ブログで2012年からフリーランスとして活動。場所や時間にとらわれず育児を楽しみながら沖縄県で自由に生きるライフスタイルを追求しています。

経歴/1985年生まれ 沖縄県在住/2012年リスティング広告を活用する専業アフィリエイターとして独立/2016年〜プロブロガーとして活動/2017年に電子書籍出版

業務/写真撮影/リスティング運用/ブログサイト制作/ブログイベント主催/ライター/クラウドファンディング資金調達など

実績/年間PV590万ブログ運営/読者2000名以上のメルマガ主宰/オンラインコミュニティ運営/週刊ファミマガ記事執筆/沖縄ブロガーミートアップ主催/クラウドファンディング成立/Kindleベストセラー書籍出版など

趣味/サーフィン歴10年以上/写真/読書

苦手なこと/タバコ/お酒/家族の時間を奪われること

Kindle本がベストセラーになりました

ブログの本質を学べるフィクションを電子書籍で出版したところ・・・ベストセラーになりました。

ブログで結果を出したいと考えてる方に向けて私の想いをストーリーにしているので多くのブロガーさんに読んでもらえて嬉しいですね。本書を手に取ったブロガーさんがどんどん地方で活躍し、草の根的ですが情報発信を武器にする人が増えることで日本中が元気になるといいなと信じています。

ベストセラーから3週間後に続編出版

前作の2倍以上のボリュームで続編を出版いたしました。前作と合わせて本書を読み進めていくと、ブログの仕組みづくりが完成するというストーリーとなっています。

最後はなぜか感動エンディングになるというフィクションストーリーですが、楽しんで読んでもらえれば嬉しいです。

ブログ紹介

はいさいヒガシーサーです。このブログでは写真体験の楽しさを知ってもらうために情報発信しています。私のカメラ歴史は「ただ、君を愛してる」という玉木宏さん、宮崎あおいさんが出演している映画を見たことがきっかけ。当時は一眼レフ持ち歩くとモテそうだと思ったことが始まりでした。

x70

最初に手に入れたカメラは Nikon D40 というエントリークラスのデジタル一眼レフ。当時はキムタクさんがイメージキャラクターを努めていて、単純にカッコイイなと思って大学生の頃に買いました。しかしカメラをかっこいいと思って始めるも、全く写真上達しないまま数年間が過ぎます。

d40

カメラ業界は難しい専門用語が多く、素人が参考書や雑誌を読んでも写真体験の大切な部分を知ることはできません。それどころかスペックばっかりを声高に宣伝する言葉が多く、知識も経験もない素人がスペック重視でカメラを選んでしまうというオプション付きです。

カメラはなんでもいいんだよと伝えるブログ

インターネットの口コミサイトやブログを見ていても、専門用語だらけで何言ってるか分からん現象が起きていて、平気で初心者叩きや、カメラのスペック叩きが行われている現状です。

このブログは「読者さんのライフスタイルに最適なカメラを選んでもらう」ことが最大のテーマであり、スペックや口コミ情報、ネットや雑誌の情報に惑わされず、あなたの人生に最適なカメラと出会ってもらうことを目的としています。

「いつかはフルサイズ」「大三元レンズ」に代表される旧時代のカメラ選びから脱却して、スマホやコンデジでも最高の写真体験ができると信じています。

既存のカメラ情報とは方向性が大きく違いますが、筆者の体験からカメラのスペックよりも写真を通して人生を豊かにしていきたいという想いを形にできるよう運営しています。

筆者は海外放浪、サーフィン、子育て、ブロガーとして生きてきました。その全ての出来事を記録してくれるのは写真と動画しかありません。カメラはあくまでもライフスタイルを記録してくれるもの。そして自身の体験を作品にしてくれる道具です。

本ブログはスペック重視ではなく、メーカーありきではなく、使う人それぞれのライフスタイルから最適な写真術を見つけてもらうための情報をまとめているサイトです。

ヒガシーサーの名前について

2009年からヒガシーサーというブログネームでブログを運営しています。そのネーミングは妻のミーさんとの雑談から生まれました。

ヒガ「ブログを始めるんだけど名前どうしようかな?」

ミーさん「沖縄ネタを更新するなら沖縄の言葉がいいんじゃない?」

当時はまだ結婚していませんが、今の妻である彼女と同棲していました。そのときに二人で考えたブログネームがヒガシーサーですが、ギリギリでヒガシーサーに決まったという過去があります。

ヒガ「沖縄ライフとか?」

ミーさん「うーんどうだろ普通。やっぱゴーヤーとかじゃない?」

ヒガ「ゴーヤーライフ?」

ミーさん「ヒガゴーヤーは?笑」

そのとき色々雑誌を見ながらブログタイトルを考えていて、無難な沖縄ライフとかがいいんじゃないかという話をしていました。でもそれだとつまんないということで却下され、ヒガゴーヤーはどう?って感じでナチュラルにすごいタイトルをぶっこんできたのが私の妻です。

ヒガ「なんか苦そう・・・せめてシーサーにして」

ミーさん「ヒガシーサーとか?笑」

ヒガ「ダサっ!!!」

ミーさん「分かりやすくていいんじゃない?沖縄だし(笑)」

ヒガ「ずっと笑ってるけどな!じゃあヒガシーサーでやってみようかな〜。ダサいな〜」

という感じでヒガシーサーに決まったという(笑)

いまでは色んな方から「ヒガシーサーさん」と言われるようになり、なんとも複雑な気持ちでヒガシーサー業を続けています。

色んなカメラをレビューしている理由

7-14mm

私はカメラに対して無知なまま7年以上も一眼レフを使ってきました。そして多くの失敗写真を撮影してきたし、いまでも沢山失敗しています。写真が上手になりたいと考えてもネットの情報や雑誌では、カメラスペックしか語らないおっさんたちが多すぎます。

とくに残念なのが口コミサイトやブログコメント欄での初心者叩きです。日本のカメラオタク業界では「弱きを助け、強きをくじく」ようなカッコイイ方は本当に少ない。

スペゾン
スペゾン「カメラはフルサイズと大三元以外は認めねー」

こうした先輩方がとても多く、初心者にやさしく、分からないこともちゃんと解説してくれるようなアドバイザーが少ないんですよね。当該ブログにはカメラのスペックを追い求め続ける生きる屍「スペックゾンビ」が時々登場します。

ありがたいことにスペゾンを登場させたおかげで、多くの読者さんから励ましのお言葉を頂いてます。みんな少なからず感じていたことなんですね。

ヒガ「んー色んなメーカーさんの想いがあって製品があるのに、スペックばっかり言うのはどうなんだろう。カメラ楽しそうと思って始める人もいっぱいいるよなー」

筆者が色んなカメラをレビューしているのは、そういったスペック至上主義から脱却し、使いやすいカメラはどんなものなのか。このカメラの特徴はどんなものなのか。それを伝えるためにレビューをしています。

とくに初心者さんに向けて解説しているのでエントリークラスのカメラをレビューすることが多いです。沢山のカメラをレビューしないと「ライフスタイルに適したカメラの選び方」を読者さんにオススメできないですしね。

写真を楽しむために、カメラ選びをもっと簡単に感じてもらうために、筆者は色んなカメラを自腹でレビューしています(笑)

ブロガーになったきっかけは?

ブロガーになると決めたのは2015年10月で、プロブロガーと名乗ったのは2016年7月からです。それまではアフィリエイトで家族を養いながらひっそりと自己満ライフを送っていました。

もともとは自由なライフスタイルを送るためにアフィリエイトを始めたのですが、その始まりのきっかけはNZ放浪時に経験したクオリティ・オブ・ライフの考え方を知ってからです。

newzealand

私はサーフィンが好きですが、なんで好きなのかというとサーフィンは精神世界のスポーツなんです。自然と対峙して自分の体のみで大きな波と向き合う。その精神性が性に合っていて、もう18歳の頃からずっと一人で続けています。

サーフィンのためにNZへ半年間滞在、バリ島に滞在、ハワイには息子と妻を連れて2ヶ月滞在してきました。それもこれも全てサーフィンを目的にした旅です。

beachlife

海外でサーフィンをやると日本のサーフィン文化とは違う「ビーチカルチャー」や「クオリティ・オブ・ライフ」の考え方に気づくようになります。サーフィンは別にかっこよくもなんともない。ウォーキングやショッピングのようにその人のライフスタイルであって、特別なことはなにもないという考え方です。だから私は自然体でサーフィンを楽しんで続けています。

そしてサーフィンを続けるために、自由な働き方を求め、アフィリエイトやブログを仕事として2012年に脱サラしました。

違和感だらけのサーファー

日本人のサーファーは海外でお金をなるべく使わないように滞在する方が多いです。

surfing

とくにバリ島で滞在してるときには強く感じました。バリ島では現地のガイド料、滞在費用を安く抑えられます。それを良いことに日本人サーファーは安宿に泊まり、ガイド代をケチってレンタカーを借りてサーフポイントを巡るスタイルが主流になっています。

私はそのとき20歳前後でしたが、違和感を感じたのを覚えています。いや違います・・・こう思いました。

「旅先でお金を使わないサーファーってダサすぎない?現地のガイドさんにいっぱいお金を支払って、ローカルにお金を落とさないとサーファー嫌われちゃうんじゃない?」

って思ったんです。えっと22歳の頃ですね。私はそのころ学生でしたが、なけなしのお金を使ってでも現地のガイドさんに料金を支払ったし、レンタカー代、飲食費用、その他諸々の経費を支払ってきました。そういうことを言うと「ボッタクれれてるよ」と言われますが、そうじゃないんです。ボッタクられてもいいし、そのお金を支払うことで現地の人達が潤ってくれればいい。

katut
※写真はバリ島でお世話になったサーフガイドのお二人。

だから私はサーファーの地位向上を考えて、常に旅先やサーフポイント周辺ではお金を使うようにしているし、頑張ってお金を稼ぐようにしています。

働き方ではなくて生き方を変えた2009年

2009年に起きたリーマンショックがきっかけで新卒ながら会社倒産を経験しました。当時はマンションデベロッパーの売れない営業マンとして東京と沖縄支店で働いてました。

サラリーマン

そのときにサラリーマンという身分に不安を感じアフィリエイトを始めます。失業後は沖縄の低い給料に愕然としながら約3年間臨時の仕事を続けながらコツコツとアフィリエイトを実践し、2012年に独立しました。ストレスで円形脱毛になるという過去も。

円形脱毛

その後なんとかアフィリエイトで稼げるようになり、子どもが生まれる半年前のタイミングで脱サラしました。

今から考えると無謀だったなと思いますが、その根幹には「働き方ではなくて理想の生き方を持っていた」ことが勇気になっていたかなと思います。タバコもお酒も苦手な筆者にとって会社勤めはクオリティ・オブ・ライフの意図から外れていたんですね。

最近では生き方や働き方が見直されて、ニュースにもなったりしていますが、私はサーフィンを通じて、海外放浪経験や読書を通じていまも持続的にクオリティ・オブ・ライフを求め続けています。

カメラブログを運営している理由は?

筆者は写真の素人であり、ただ写真が好きなだけの写真家です。

x70

日本ではなぜか商業写真家が「プロカメラマン」と言われたりしていますが、海外のギャラリーを見てきた筆者は写真家こそが写真のプロだと感じています。とくにワイキキのビーチウォークに2ヶ月間滞在してたとき、世界一高額な写真を撮る写真家「ピーター・リック」のギャラリーに毎日足を運び、ノースショアのクラーク・リトルのギャラリーにも何度も足を運びました。

hawaii

そこで自然と目から涙が溢れるような写真を何枚も見てきた経験から、私は写真が大好きになりました。でも、日本でカメラブログを書いてると自称プロカメラマンの方から叩かれ、カメラオタクから叩かれ、ツイッターでは名指しで批判されることもありました。

海外で本物の写真家が撮った写真を見て、涙を流した筆者が受けるこの写真体験、写真家のギャップ・・・ツラさしかない(笑)なんかちょっとズレてるんですよね価値観自体が。

ouchi-photo

私は自分が好きな写真をただお部屋に飾って楽しみたいだけ。私なりに求めている写真体験、伝えたい写真体験があってカメラのブログを書いています。

地方ブロガーとしてできることをコツコツと

筆者は元アフィリエイターの地方ブロガーとして活動しています。

これまで黙々とパソコンに向かって一人で仕事をしていましたが、2015年に髄膜炎で1週間入院し、死ぬかもしれないという恐怖とのたうち回る頭痛と戦いました。幸い細菌性ではなくウイルス性の髄膜炎だったため命の危険はありませんでしたが、この経験がきっかけでもっと社会に顔向けできる人生を送らなきゃと考えるようになりました。

入院

その後沖縄でプロブロガーを名乗り、ブログイベントを2度主催し、超サイヤ人ブロガーさんが集まる合宿に参加させて頂いたりして、自分の活動領域を広げる覚悟が生まれました。

香川

私は写真の腕も素人ですし、お世辞にも日本トップクラスのブロガーさん達と肩を並べるような実績はこれっきしないんですが、それでも写真とブログを使って情報を発信することができます。

元アフィリエイターであり全然おもんなかった仕事をしてきた経験。クオリティ・オブ・ライフを追求して育児を楽しみながら地方暮らしを楽しんでいること。

クオリティ・オブ・ライフ

そんなブロガーさんが筆者以外にも地方に増えてくれれば、地方から情報発信できるパワーが生まれ、きっと地域を元気にしてくれるだろうなという想いを持っています。

2017年にはクラウドファンディングで支援者を集め、ブロガーを育てるオンラインブログ塾なども運営し、できることからコツコツと行動しています。

2017年の筆者のミッションは

ブログでウェイウェイ

筆者はこれまで自分の人生を人に話すほどの価値はないと思って生きてきました。しかし2016年に沢山の方にお会いすることができ、意外にそうでもなかったんだなという気づきを得ました。

筆者の個人的なミッションはこれまで通り「自分のクオリティ・オブ・ライフを追求する」ことですが、今後はもっと外に世界を広げていきます。

地方という色々な制限が降りかかる条件のなかで、子育てのために脱サラし、好きなことで家族を養いながら自由に生きてきたヒガシーサーの歩みが、もし何らかの形で人の役に立つのであれば、どんどん発信していこうと思います。

地方在住プロブロガーとして、地域を元気に、地方で活躍する人を増やしていきます。

SNSや無料メルマガもやってます

Facebook、Twitter、LINE@などのSNSも積極的に使っているので、ぜひぜひ気軽に絡んでくれると嬉しいです。

友だち追加