ブログ運用

再現可能!月間50万PVを達成するために意識した16項目

更新日:

はいさい。沖縄フォトブロガーのヒガシーサーです。今年のブログ目標は月間100万PVにすることでしたが、1月時点で50万PVを超えそうです…現実にはまだ超えてませんが、1日平均PVを見ると月末には超える。いや超えないといけない!というプレッシャーをかけるために書いてます。

canera

つくも神「来月の頭には「すいません45万PVでした。」という記事を書くことが目に見えるわね」

そうならないように頑張ります。というわけで月間PVが500,000ページビュー規模になってきたので、私がやってきたブログ運営を分析してみました。

月間500,000ページビューを達成するためにやったこと

  • ブランドを意識した
  • 書くべきジャンルを絞った
  • 有料テーマを使った
  • キーワードリサーチを行った
  • 記事の再編集を行った
  • ブログタイトルをキャッチコピーだと考えるようになった
  • 意識的にまとめ記事を増やした
  • 意識的に比較記事を増やした
  • 露出を増やした
  • オリジナリティを意識した
  • インプット量とアウトプット量を増やした

以上が50万PVのブログを達成するために意識してきたことです。逆に考えないことも増やしました。

意識的にやらなかったこと

  • 毎日成果を確認しないこと
  • コメント欄を削除したこと(現在は投稿から7日間限定で開放)
  • 日記を書かないようにした
  • 文字の装飾を増やしすぎないこと
  • 恐れること、恥ずかしがること

などですね。50万PVを達成するためにはやるべきことと、やらないことを明確にすることが大切だったのかもしれません。

ブランドを意識した

ブランドってどう考えていますか?株式会社上間フードアンドライフのお手伝いをしてたときに、エイトブランディングの西澤社長にお会いする機会がありました。

そのときに教えてもらったのが「ブランド=差別化」という考え。

ブランドって伝言ゲームなんですよ。あなたのサービスを見たり聞いたりした人が、家族友人に伝える時に覚えられること。だいたい伝言ゲームは3つ程度のことしか人には伝えることができません。御社の強みはなんですか?って聞かれた時に3つ以上ある場合はその時点でブランド化に失敗しています。ブランドを作るためには「他と違う1つのこと」を明確にしてあげることなんです。

ということを教えてくれました。これはブログにも言えますね。いろんなジャンルの記事を書いていくのはいいですが、それではブランドは育ちにくい。

「で、ヒガシーサーは結局なんなの?」

ブログブランディングはあなたの強みを一つに絞ることから始めましょう。西澤社長の著書は、ブログ運営にも役立つので読むことをお勧めします。

書くべきジャンルを絞った

ブログは勝てる市場で勝負しましょう。私がカメラブログにジャンルを絞った時はまだ、ブロガーの方でカメラネタをブログに書いている人はいませんでした。今はカメラブログは超レッドオーシャンですね。

カメラブログにする前は、サーフィン、沖縄、ハワイ、子育て、iphone、芸能ネタなど色んなことを書いていて、いわゆる「幕の内ブログ」「ごちゃまぜブログ」でした。

そこからカメラにジャンルを絞ることでアクセスが伸びていきましたね。

有料テーマを使った

今までこのブログは何度もテーマを変えました。無料で使えるワードプレステーマにも変えたりしましたが、有料テーマに落ち着いています。

沢山の人がスティンガーなどの無料テーマを使っているので、前述した「差別化」のために私は高額の有料テーマを使っています。

キーワードリサーチを行った

ブログにアクセスを伸ばすためには、キーワードリサーチが重要です。

記事を書く前に、書くべきキーワードのリサーチを行っていないならその時点でアウトです。記事を書くべきキーワードの検索ボリュームや複合ワードの検索ボリューム、ライバルの状況を見てから戦術を考えました。

グーグルのキーワードリサーチを使って、キーワードの検索ボリュームとライバルを知る。

「このキーワードで上位表示されるためには…どんな内容を書くべきか?」と戦術を考える。

たったコレだけを考えるだけです。簡単ですね。

記事の再編集を行った

この作業はまだまだ終わりが見えませんが、とても有効です。

ゴミ記事と言われる日記記事や芸能記事が、私のブログには多く埋まっています。その記事を一つ一つ「価値の高いもの」に変えていく作業ですね。

これからブログを始める人は関係ないですが、過去記事にゴミ記事が溜まってる場合は整理、再編集するといいでしょう。

ブログタイトルをキャッチコピーだと考えるようになった

キャッチコピーの定義は分かりませんが、ブログタイトルは2つのことを意識しました。

  • 検索エンジンに好かれること
  • キーワードの想定読者が読みたいと思うこと

例えば初心者が買うべき ミラーレス一眼 おすすめ機種は?メーカごとの特徴を動画解説付きでまとめ!のタイトルです。

「初心者、ミラーレス一眼、おすすめ」がグーグルに好かれることと、キーワードの想定読者を意識した部分です。一つ一つの記事のタイトルを考えることで、アクセスが伸びていきました。

意識的にまとめ記事を増やした

リスト記事、まとめ記事と言われる記事を増やしました。前述したキーワードリサーチとキャッチコピーを考えていれば自然と書けるものになりました。

まとめ記事は割とライトな内容で書いても検索上位に組み込まれることがあります。良質なまとめ記事をかけばそれだけ検索エンジン上位に表示され、バズる可能性もあるので、今後も増やしていきます。

ちなみにこの記事もまとめ記事です。

意識的に比較記事を増やした

比較記事には2種類のものがあります。一つは逆張り戦術。こういう記事です。

EOS Kiss X8 が登場しても X7 を買うべき5つの理由とは?

もう一つは純粋な比較記事です。

Canon PowerShot G7X 本音レビュー!RX100と比べて分かった7項目

2つの記事は戦略的に書いてます。

露出を増やした

露出を増やす作業はこれからのブロガーにとって最も重要度の高い戦術になると思います。

  • 関わる人を増やす
  • 有名な人に取り上げてもらう
  • ブームに乗る

リアルでもネットでも、「自分を知ってもらうため」の営業を行います。私もうまくできてないですが、今後重点的に取り組んでいきたいところです。

オリジナリティを意識した

最初のうちは必要ないですが、月30万PVを越えたあたりから「オリジナル性」を出すことを意識しました。ブランディングとつながりますが「他と違う部分」を意識してやったということですね。

具体的には

  • 誰のために書くのかを明確にした(ターゲティング)
  • 専門知識を分かりやすくした

オリジナルと言うとついつい「キャラ出し」や面白い事を書こうと思っちゃうんですが、私の場合は「初心者のために分かりやすくする」ことが他と違う点になりました。

カメラという専門用語連発のおっさん市場において、叩かれることを恐れず初心者さんに向けて分かりやすく書くことが、私のオリジナリティです。

インプット量とアウトプット量を増やした

割と最近始めたことですが、とても大切ですね。古くは勝間和代さん、本田直之さん、土井英司さんの著書を読んだ時に学んだことですが、最近はブログに応用しています。

アウトプットの質と量は、インプットの量と比例するので、ブログで成功したい場合は得意分野のインプットを増やすことです。私の場合はカメラです。

そして、大切なのがアウトプットです。インプットを増やせば自然と「専門用語連発事件」は減ります。それは正しい知識と深い理解があるから、書くときに分かりやすく噛み砕いて説明できるんです。

逆に専門用語連発事件を勃発している人は、知識量が足りてません。

毎日の成果を確認しない

以前コンサルティングを行ってた時に生徒さんに徹底してもらったことです。成果の確認は1日の作業を全て終えてから行うこと。ブログで言うとアドセンス管理画面、アフィリエイトASPのダッシュボード、アナリティクスのアクセス解析画面などです。

1日の始まりに成果を確認すると、成果が少ない時にモチベーションが下がります。

1日の始まりは、前日の終わりから始まるもの。分析や成果の確認は前日の終わりに確認して、明日の戦術をすでに考えるようになりました。

具体的には「今日は何を書こう」という状態を少なくすること。

コメント欄を削除すること

コメント欄は本当は残しておいたほうがいいです。ただ10万PVを越えるとネガティブなコメントが多くよせられてきます。このコメントの中にはとても良質なアドバイスを送ってくれる方もいますので大切な資産になります。

しかし、嫉妬やねたみを「ネガティブコメント」という形式に変えて悪意を送ってくる方が100倍多いです。人のエネルギーには上限と同調があって、沢山のネガコメを受けるとポジティブなエネルギーが奪われます。

ネガコメに対する耐性ができるまでは、時間とエネルギーを無駄にしてしまうのでコメント欄は削除しました。するとアクセスが伸びていきました。SEO的には残しておいたほうがいいという考えもありますが、個人的にはないほうがいいですね。

日記を書かないようにした

今日は美味しい沖縄そばを食べた。みたいな内容は書かないようになりました。また読者さんが読んで「で?」ってなるような記事も少なくしました。

日記というのは自分の主観で書いてしまうので、読んでる人は「で?」ってなります。

文字装飾を減らした

文字装飾は文脈の緩急を与えるためにも重要です。読みやすさが増します。ネットのブログでは情報商材のノウハウが広まり、文字装飾を行うブログが増えました。2013年ごろからですね。

私も文字装飾は使いますが、過度な装飾を減らしています。どのくらいが過度で、どのくらいが適量かというとブログにもよりますが、ぼくの場合は自分が読んでて読みやすいかを考えています。

この辺は男性よりも女性の方が1000倍ぐらい上手いです。ほんと女性の文字感覚ってすごいですよ。

恐れ、恥を減らす

恐れと恥はブログを書く上で大きな障害となります。私は今でも恐れと恥を戦っています。カメラの世界はおっさん市場。マニアが多い市場です。そんな市場でぼくはオムツを付けた赤ん坊状態で参入しました。

よく叩かれます。

でも主張というのは誰のものでもなく、あなたが書きたいように書けばいいのです。ブログで成功するためには「人に与える影響力」を強く意識しないといけません。

恐れや恥を考えては、影響力は育たないと学びました。第一線で活躍するプロである必要はありません。むしろそのタイプのプロではダメです。タイガーウッズではなくゴルフレンジのレッスンプロを目指しています。

恐れや恥を乗り越えて、自分なりにできることを自信を持って発信するようになってからアクセスは伸びていきましたね。

まとめ

月間50万PVという数字は全然普通に達成できます。ただしジャンルを絞ったブログでは時間がかかります。トレンドを追うことができないのでアクセスが急激に伸びることは少ないです。

そのかわり、一度アクセスが大きくなってくると安定しますね。

ブログは誰かに伝えることが仕事。自分のできることに自信を持って発信したらいいと思います。カメラブログとジャンルを絞っていますが、今後はカメラに限らず書きたいことを書いていきます。

なぜなら「カメラブログ」ではなく「ヒガシーサー」のブランドを育てていきたいからです。

皆さんに私と、私の家族を応援してもらえるようになっていきたいですね。

補足

今回の内容は表面的なことしか書いてませんが、ブログでは書けないような本音、裏の戦略思想を note で書いていく予定です。興味のある方はそっちで読んでみてください。

もちろんオンラインコミュニティでは、さらに具体的な内容とアドバイスを行います。

ブログ、note、オンラインコミュニティ。それぞれに適したコンテンツの内容を選べるって素晴らしい時代ですね。これからの時代はお客さんのステージに合わせてコンテンツの形を変えていくことが大切です。

【読者数3000名突破】ヒガシーサーの公式無料マガジン

公式無料メルマガ

無料マガジンタイトル

  • ブログの仕組み作りとブランディング講座
  • 後悔しないカメラの選び方講座
  • 月3万マイルが貯まる仕組み作り講座

ブログでは書きにくい内容も公開してます!

-ブログ運用
-

Copyright© ヒガシーサーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.