ソニーの新しいカメラ“α7R M2”が8月に発売予定です。このブログで何度も書いてあるので今更感半端ないんだけど、もう少し掘り下げてまとめました。

現時点で予約販売価格は43万円弱と高額のミラーレス一眼。実にα7M2の2倍以上の価格ですけど…正直言ってこれだけの価格に見合った性能・機能があるのでしょうか?

α7R M2の大きな特徴のひとつは4240万画素の高画素数であること。そして、4K映像の撮影が単独で可能になったことでしょう。

また世界初の35mmフルサイズ裏面照射型Exmor R CMOSセンサーを搭載し、α7R と比べて圧倒的に高解像度・高感度・高速レスポンスを実現しています。

前モデルから進化した3つの尖った性能

α7R M2には色んな特徴がありますが、あえて3つに絞るとすると以下の性能が尖っていると思います。

裏面照射型フルサイズCMOSセンサー

世界初の35㎜フルサイズ裏面照射型「Exmor R(エクスモア アール)」CMOSセンサーを搭載しています。

従来はフォトダイオードという光を取り込むセンサーが、配線層の下に位置していました。この構造を変え、配線層の上にフォトダイオードを配置したのが裏面照射型センサーです。

デメリットもありますが、大きなメリットとしては集光率が大幅に向上しています。これにより4020万画素でも高解像度と高感度、低ノイズ性能が実現しています。

って難しい専門用語を並べても仕方ありませんね。とりあえず新型センサーは全部が全部メリットだらけってことではなく、α7R M2の場合はα7Rよりも暗い場所での撮影限界が大幅にアップしたってことです。

399点AFセンサー

像面位相差オートフォーカスセンサーが世界最多の399点配置されています。カバー範囲も45%と世界最大です。この399点のセンサーと25点のコントラストAFセンサーにより、AFカバー範囲の拡大、AF速度の向上と高い追従性が可能になっています。

まぁ百聞は一見に如かず。こちらの動画をご覧ください。

4K動画撮影機能

現行モデルのα7RがフルHD動画撮影可能なのに対し、今度発売されるα7R M2では4K動画撮影が可能です。画素加算のないセンサーの画素全ての読み出しにより、繊細で滑らかな動画記録が可能となっています。

これは本格的なビデオグラファーの最強の共となりそうですね。だってこの映像ですから。完全に業者レベルです。

α7M2と何が違うのか?

新モデルの α7R M2 は α7M2 の5軸手ぶれ補正機能やWi-Fiなどのよいところをを引き継ぎつつ、性能の向上、新たな機能を惜しげもなく搭載しています。

画素数に関してはα7M2は2430万画素だったのに対し、α7R M2が4240万画素と2倍近くにアップしています。まぁこの部分はシリーズの違いがあるので比較はできないんですけどね。

オートフォーカスセンサーα7M2が117点位相差AFセンサー+25点のコントラストAFですが、新モデルが399点位相差AFセンサー+25点のコントラストAFとなっています。スペックだけで見るとオートフォーカスの性能がぐんと向上しているようです。

フルサイズCMOSセンサーは、α7M2は”Exmor”CMOSセンサーという従来型のセンサーを搭載していましたが、α7R M2は”Exmor R”CMOSセンサーという新型の裏面照射型センサーを採用しています。

動画撮影に関しても大きく変わりました。α7M2ではフルHD撮影でしたが、α7R M2では4K動画撮影が可能です!

質量は少し増えて、α7M2では599gなのに対し、α7R M2は625gとなっています。これだけの機能を新たに搭載しているので、これくらいの増量は納得できる範囲かもしれませんね。

とスペック面から考えるとα7R M2は圧倒的です。しかし、ミラーレス部のようにブログやSNSで使うぐらいであれば α7M2 でも十分オーバースペックのカメラでレンズキットは20万円超えますからね。

なんか金銭感覚狂ってきちゃったなぁ。

特徴のまとめ

ソニーから新しく発売されるα7R M2は、4240万画素という高解像度になっています。

オートフォーカス機能も大幅に進化しています。そして、4K動画が撮影できるという特徴があります。40万円台と高額ですが、フルサイズ一眼カメラと4Kビデオカメラの両方の機能を搭載していることを考えると、この値段も納得。発売されたら、実機に触れて写真や映像の美しさを確かめてみたいですね!

あぁ欲しい欲しい!ソニーさん貸し出してくれませんかぁぁぁ。