前回のあらすじ

ジェームスはこれまでの足し算人生を、引き算に変えるきっかけを教えてもらう。とくにブログに関しては引き算をしないと、続けていけないと知ることになった。スティーブからもらった「ブランディング」「キーワードレシピ」「写真術」はどれも素晴らしいギフトで、一つ一つ実践すれば間違いなくジェームスのブログは変わる。そう確信していた。

正直言って全てを消化することは難しいが、それでもジェームスは自分に必要な情報、必要な作業をどんどん削ぎ落としていった。

ブログの光明と影

スティーブからもらったレシピを使ってブログを書き始めると、ブログのアクセスはどんどん伸び、ブログにはコメントやメッセージが沢山付くようになっていった。

今まではキーワードレシピを使って、とりあえずジャンルを絞ったキーワードを使って記事を書いてきたけど、ブログに使う写真を学んでからは積極的に自分にしか書けない記事と写真を書くようになっていた。

地元のおいしいお店、地元のイベント・・・。これまでは敬遠していたようなものまで写真を撮って記事にするようになっていった。

写真を学んでブログで使うってのは、ブログを楽しむために大切な要素かもしれない。ジェームスはブログに自分の写真を載せるのが楽しくなってきた。

ブロガーのマネタイズ力

masseage

しかし肝心のマネタイズは全然できていない。ジェームスがやっているマネタイズといえばアドセンスの位置を最適化したりする程度。

せいぜい月に2〜3万稼げればいいほうだった。

アフィリエイト歴が長いくせに、ブログではあまりアフィリエイトのことを考えていない。

ピロン

「今日の2時にグリーンボトルコーヒーにきてね」

ジェームスのメールボックスにスティーブからメールがきた。

ジェームス

グリーンボトルコーヒー?どこだソレ?ググってみるか・・・。なんだ誰も記事書いてないじゃないか。仕方ないグーグルマップで探そう。

グリーンボトルコーヒー

coffee

グリーンボトルコーヒーは2016年で言うサードウェーブコーヒーらしい。まだまだ喫茶店ぽいコーヒーショップだ。ここのハンドドリップは美味いと常連さんが沢山いるお店らしい。

カラン。

喫茶店のドアを開けるとスタバとは違う、日本の古き良き喫茶店を感じる造りだった。店内にはテーブル席が2つ、カウンター席が5つある程度の小さな喫茶店だが、窓から見える景色がキレイだった。

カウンターにはマスターと呼ぶには若い男性がコーヒーを淹れている。

パリッとアイロンがけされたホワイトシャツに黒いベストがよく似合う。メガネと口ひげがあれば「やぁマスター」と声をかけたいほど。まさしく日本のサードウェーブコーヒーショップである。

店内にはすでに一人のお客さんがコーヒーを飲んでいた。

アフィリエイターのジョン

tim

いらっしゃいませ。

ジェームス

えっとアイスコーヒーをお願いします。

コーヒーを入れる青年の手つきはとても手際がよく洗練されていた。2016年であれば多くのブロガーが写真を撮って記事にしているだろう。そこでジェームスは写真を1枚撮っていいかと聞いた。

いいですよ。と心よく写真を撮らせてくれた。名札には「ティム」と書かれている。

そこでスティーブが登場する。

スティーブ

ジェームス。やぁジョンもきてるね。

!!

スティーブの知り合いはこの時代にもいるのか!?思わず店内の2人は顔を見合わす。(知ってんのか。コイツはタイムトラベラーだぞ。知ってんのか未来から来てるの知ってるのか?)

スティーブ

あぁ君たちはふたりとも同じ所からきてるよ。なに構えてんのウケるw

探り合う二人をよそにスティーブはククっと笑っていた。そうか同じところからっていうと、この人もスティーブに連れてこられたんだな。ていうかスティーブなんでもありだな。すげーな。

ジェームス

・・・おなじところ・・・。なるほどそうなんですね。よろしくジョンさん。ぼくはジェームスです。


ジョン

よろしくジェームスさん、ジョンです。ここのコーヒー美味しいですね。

月収100万円以上のアフィリエイター

work

ジョンはPPCとサイトアフィリエイトを実践する専業アフィリエイターだった。7年後の世界ではリスティング広告を使ったアフィリエイトビジネスが飽和。ルール変更によって個人が稼ぐためには大きな資金が必要となっている。サイトアフィリエイトは度重なるグーグルのアップデートでほとんどのサイトが圏外に飛ばされている。

2014年ごろまでは通用していたグレーな手法も使っていたが、グーグルのアップデートによって2014年以降は稼いでいたサイトも飛ばされ、遂に2016年には全てのサイトが飛ばされた。ペナルティを解除する作業に追われるもアフィリエイトに嫌気が差して就職を考えていた。そんな矢先、突然スティーブが目の前に現れて、この時代にやってきたらしい。

ジェームス

お互いワケがわからないですね。

ジョン

ほんとに。

専業アフィリエイター ジョンのマネタイズ力

ジョンはこの時代にきてからすぐにサイトアフィリエイトの最適化を始めた。売れていたアフィリエイト案件を、グレーな手法を使わずホワイトハットSEOを駆使してサイトを作っていた。

そしてPPCアフィリエイトも積極的に使った。ジェームスとは対照的にコチラも正しいやり方で広告を出稿し、お宝キーワードを探して正しくアフィリエイトを攻略していた。

それだけではない。ジョンはサイトアフィリエイトのノウハウを教材化し、アメブロで情報発信ブログを作り独自教材を販売していた。やってることはジェームスと同じだが、他人の教材を紹介したり、適当にまとめた教材をアフィリエイト教材として販売するのではなく、自身の「講座」として売り込んでいた。

アメブロは原則商業利用禁止だが、アフィリエイトリンクではないので、削除されずに順調に情報教材でもマネタイズができていた。ちなみに月収は100万を超えるそうだ。

ジェームス

すごすぎる!ジョンさんすごいですね!

ジョン

いえいえ不安もあるんですよ。

ジョンは以前犯した失敗から学び、正しいやり方でアフィリエイトを攻略していたが、自身のノウハウを販売してライバルを増やし、将来的には自分のノウハウが役に立たなくなることを知っていた。ノウハウはどうしても陳腐化してしまうのだ。

そうなったときのことを考えると言いようのない不安に襲われる。月100万円以上をネットから稼いでてもその不安は一向に消えなかった。

ちなみにジョンがネットビジネスに取組む理由は、世界中のどこでも好きなだけサーフィンができる人生を送るためだ。

理想の人生を実現するためにブログとアフィリエイトに取組む

surfing

スティーブ

時間ないから結論から言うけど、君たちは2016年の世界で「冴えないブロガー」と「過去の実績アフィリエイター」として活動している人間だ。ウケるな!で、二人共知識と経験だけは無駄にあるから、この時代で仲良くして未来を作って欲しいんだ。ブロガーとアフィリエイターのいいところを融合したビジネスをしてほしいんだよ

スティーブが言うにはなぜかブロガーとアフィリエイターには見えない壁がある。ブロガーはアフィリエイターを怪しく感じてるし、アフィリエイターはブロガーのことをビジネスの素人として見ている節がある。それはジェームスとジョンにも当てはまっていた。

その2人を引き合わせたスティーブ。ニヤニヤしながら話しだした。

スティーブ

フフお互い怪しんでるな。小粒感がすごいが、そこにチャンスが広がっているんだよ。ジェームス、ジョン。君たちは将来どうなっていたいんだ?

スティーブはクスクス笑いながら、二人の理想像ややりたいことを聞いている。ちなみに二人は最初に渡したブログレシピで明確化できているのでスラスラと自分の答えを話すことができる。

ジェームス

今までアフィリエイトやブログをシステムに依存しながら失敗してきた。できれば自分の力でお金を稼ぐブロガーになりたい。写真を世界中で撮れるような人生を送りたいし、ブログを名刺にして色々な人と出会いたい。

ジョン

私はPPCアフィリエイトや情報商材を作ってビジネスをしている。ブログを書いていたこともあるけど、ネガコメに耐え切れず顔出しも主張も伝えることはやめた。アフィリエイトで年収1000万ぐらい安定して稼いで、世界中でサーフィンがしたい。

スティーブ

ふーんさすがだね。ブログレシピやブランディングレシピをやってもらっただけのことはある。そこまで自分の進みたい方向が明確なら、ブログをやるべきだよ。ブログは未来につながっていくことができるからね。

とそこにハンドドリップで挿れられたアイスコーヒーが運ばれてきた。先ほどの店員さんが運んできてくれたが、見計らったようなタイミングだった。素晴らしいなにこのお店。また来よう!とジェームスは思った。

キーワードレシピの本質

work

スティーブ

二人には引き算のキーワードレシピを渡したけど、あれなんで渡したか分かる?

ジェームス

ストック記事を書くためでしょ。

ジョン

売れるキーワードを見つけるためでしょ。

スティーブはすこし時間を置いて「どっちも正解」と言った。

2016年までのインターネットは「キーワード」が全てである。売れるキーワード、アクセスを呼び込むキーワード。キーワードを攻略することができれば、あらゆる業種の集客が可能だ。

その代わり「キーワードリサーチ」の概念がないと何をしても成功することはない。

ブログの場合はキーワードリサーチを行いブログ全体のデザインを考える。リサーチしたキーワードをストック記事の概念に当てはめて記事を書く。

PPCアフィリエイトやサイトアフィリエイトはブログとは違う。アフィリエイトは集客を目的としていない、企業のリンクに飛んでもらうことが目的だ。そのため、少ないクリックで購入まで進んでもらうことが重要である。アフィリエイトは売れるキーワードを見つけることが大切だ。

キーワードレシピは目的によって活用方法が変わる。ブロガーとアフィリエイターではキーワードの考え方が異なるのだ。

ブログとアフィリエイトのいいところを融合させる

スティーブ

ジェームスとジョンはお互いに得意な分野を持っている。そしてその得意なことが君達二人が必要としてることなんだ。アクセスを伸ばすためのキーワード選び。売り上げを伸ばすためのキーワード選び。今回はそうだな「ダイエット」にテーマを絞ってキーワード選びを考えてくれ。5分ね。

言ってることはよくわからないが、とりあえず初対面のジェームスとジョンの2人に無茶振りをしてるのは確かだ。「ダイエット」をテーマにブログを更新したことがないジェームスは戸惑ったが、ダイエットについてキーワード選びをやってみることにした。

ジェームス

ダイエット・・・うーんキーワードレシピの考え方を当てはめるなら・・・

ジョン

ダイエットか。アフィリエイトでは王道でライバルが強力。であるなら・・・

スティーブ

・・・はい終了〜。どう見せて

ジェームスのダイエットキーワード

  • ダイエット 食事制限 おすすめ
  • ダイエット 人気 ランキング
  • ダイエット 効果 ランキング
  • ダイエット 比較
  • ダイエット 筋トレ やり方
  • ダイエット 女性 おすすめ
  • ダイエット 男性 腹筋トレーニング
ジェームス

ダイエットに関するキーワードをとりあえず並べました。検索ボリュームがありそうな複合キーワードで考えてます。

スティーブ

ふむふむ。ここから記事にしていくにはどうする?

ジェームス

まず ダイエット というカテゴリーを自分の中で作りますね。そこから人気のダイエットを調べて、自分で挑戦して体験記事を積み重ねるのが面白いかなと思ってます。

スティーブ

なるほどねダイエットというキーワードを単体ではなくて、関連記事を含めてブログ全体で攻略するわけだ。オリジナリティを出すために体験をするってのもいいね。カラダを張ることでオリジナルになるし、ダイエットに成功したら一石二鳥だよね。読者にとってはとても役に立つ記事になるだろうね。

ジョンのダイエットキーワード

  • ライザップ ダイエット 申し込み
  • 酵素ダイエット サプリ おすすめ
  • レッグマジック 太ももダイエット
  • 太ももダイエット やり方
  • ダイエット くびれ 作り方
  • ダイエット 芸能人 やり方
  • カービングダイエット 本
ジョン

ダイエット関連はアフィリエイト、情報教材どちらも豊富に商材があるので、売れるキーワードを軸に考えてます。検索ボリュームはそこまでないですが、売れる商材さえ分かっていれば、そのキーワードを購入するかサイトで攻略すれば売れると思います。

スティーブ

ふむ。じゃあコレをサイトアフィリエイトとして取り扱うのね。もしブログにするならどうする?

ジョン

・・・ブログは得意じゃないんですが、体験を書くことが一番とは思いますが実際に売れるかどうかテストするまでのコストとか時間がかかりすぎます。私は買いたいと思ってる人に向けてリスティング広告を使ったり、情報をまとめたサイトに誘導すべきだと思います。

スティーブ

売れるキーワードを使って、買いたいお客さんにすぐに情報を届けたいわけだ。それは売る側と買う側のどっちにもメリットがあるね。ただし広告費用がかかるし、アクセスやPV数を度外視しているのでブログとは性質が違うね。

ジョン

アフィリエイトはPV数よりも、買いたいお客さんと広告主をつなげる代理店の役割ですから、PV数は気にしていません。それよりも何クリックで売れるかのコンバージョン率が大切です。

経験と思考の癖がキーワード選びを難しくする

ブログ

スティーブ

どう思うジェームス?

ジェームスは正直言って、ジョンの考え方は理解できなかった。キーワードの選び方は素晴らしいと思う。具体的でキーワードを見ただけで記事にする目的も内容もイメージ出来た。

理解できないのはPV数を度外視しているところ。お客さんと広告主をつなげる代理店の役割というのは、なんだか味気ないようにも感じた。

ジェームス

キーワード選びはすごいと思います。具体的だしターゲットも絞られていて分かりやすい。ただそれだと「自分」がないみたいで、ブログで多くの人に知ってもらうブランディングはできない気がします。

スティーブ

なるほどね。オーケー。ジョンはどうだい?

アフィリエイターのキーワード思考

ジョンはジェームスのキーワードリストを見たときに唖然とした。何も絞られていないし、こんなビッグキーワードを個人が攻略するなんて無理に決まってると思った。しかし、関連記事をまとめてキーワードを攻略する考え方はサイトアフィリエイトにも共通している。それに流石だなと思うのはブロガー特有の「体を張ることを躊躇しない」こと。

サイトアフィリエイトやPPCアフィリエイトではできないオリジナリティに溢れたブログは、読者にとって絶対に役に立つ。それを考えるとライバルの強弱を考えない理由もアリだなと思う。

しかし、やっぱり理解できないのが「アクセス」に重点を置いてるところだった。PV数を稼いでどうなる?お金にはならないだろうという考えがアフィリエイターにはあった。

ジョン

キーワードリストを見た時にやっぱりブロガーだなと思いました。ビッグキーワードを平気で攻めることはアフィリエイターはしませんから。でも、記事単体でではなくブログ全体で攻める。体を張って体験レビューを書くことを躊躇しない点は流石だと思いました。確かにアクセスは稼げるだろうし、読者さんの役に立つと思います。でもそれがお金に繋がる気はしません。

スティーブ

ふむふむ。ジョンからはそう見えたわけね。

キーワードでアクセスとマネタイズは決まる

work

ダイエットと同じキーワードを課題にしてもブロガーとアフィリエイターでは、全く違うキーワードが浮かび上がる。おなじレシピを参考にしていてもそうだ。キーワード選びは奥が深いし、個人の経験によって左右されることが多い。

ジェームスとジョンの例は特徴的だ。アクセスを伸ばすためにビッグキーワードを攻めるジェームス。お金を稼ぐために売れるキーワードを攻めるジョン。スティーブはこの2人のいいところを融合させたいと考えていた。

スティーブ

2人は同じキーワードをリサーチするにしてもぜんぜん違う結果になった。ジェームスのキーワード選びは一言で言うと甘い。はっきり言って個人が攻めるべきキーワードではない。ジョンは売れるキーワードを選んでいる点は流石だが体験をレビューするという発想が欠けている。それではブランドは育たない。

スティーブは考えていた。正直言うと2人のキーワードリサーチは言うほど悪くない。だがしかし足りない点はお互い明確だ。まずジェームスにはマネタイズ発想がない。ジョンは「らしさ」の重要性を理解していない。

ジェームス

キーワード選びが甘い・・・その理由を教えてください。

スティーブ

今回の場合は得意ジャンルではないダイエットについてだったので、ある程度仕方のない点もある。得意な写真についてだったらもっとキーワードの深掘りができたかもしれない。ジョンと違う点はアフィリエイトの経験の差。広く浅く売れる商品を探してきたジョンはさすがと言うか、ダイエットを検索する人がお金を使う点をよく分かっている。突然の課題に対しても売れるキーワードを見つけられる。

ジェームス

たしかにすごいと思いました。ぼくにはライザップやレッグマジックみたいな具体的キーワードが浮かびませんでした。ダイエットは売れそうだなと感じるよりもアクセスを稼ぎそうだなぐらいにしか発想できませんでした。

ジェームスは素直にジョンのすごさを認めた。ブロガーの自分では思いつかない具体的な製品名をすぐに思いつくことができていたからだ。

スティーブ

やけに素直だな。そうだね。ジェームスに足りないのは売れるキーワードの発想法。これは日頃からアフィリエイトの感覚を持っていないと磨けないものだ。ブロガーのマネタイズ力が低いのもそれが要因の一つだろう。だからといって売れるキーワードを探せというわけではない。ブロガーにはブロガーの良いところがある。

ブロガーの武器とは?

mail

ジョン

ブロガーの良いところ?

ジェームスはジョンにはないブロガーのある武器を持っていた。

スティーブ

ブロガーの良いところはブログや運営者のブランドがあれば、何を書いても売れるって点だ。例えばジェームスの場合はカメラを基本としていながらも、男性向けにダイエット記事を書いてもいいだろう。例えばダサいカメラオタクにはなりたくない。海外のフォトグラファーのようになりたいからカラダを鍛えることにした。というレビューを軸にしてダイエット関連のアフィリエイト商品をレビューすればいい。ダイエットとカメラという一見離れたカテゴリーに感じるかもしれないが、ブログと運営者にファンがいれば関連性をこじつけできる。

ジョン

それはSEO的に良い話ではないと思います。やっぱりサイトは一つのジャンルに絞ることが検索エンジンに最適だと思います。

スティーブ

それは正しい。でもよく考えて欲しい。検索エンジンを頼らないでもマネタイズが可能になればどう思う?好きなことを書いているブロガーが、読者さんに向けて情報を共有する。それも一つの正解だと思わないか?

ジョン

検索エンジンに頼らない・・・。確かにそれは理想的です。もしそんなことが可能ならシステムに依存することなくお客さんと繋がっていける。でもそんなのは理想論だと思う。現実的には検索エンジンなしに集客もマネタイズもできるわけがない!

ジェームス

ぼくもそう思います。やっぱり好きなことを書くと言ってもブログは、検索エンジンに好かれるように作っていかないと誰にも認知されない気がしますね。読者さんに情報を共有するという考え方は共感しますが。

ジェームスの課題

camera

スティーブ

ふむふむ。伊達に過去に失敗をしていないね。君たちの言ってることは正しいところもある。2009年も2016年も検索エンジンに頼った集客がもっとも安全で安定している。しかしモバイルファーストやAIの進化によって2016年以降の未来は「検索しない」時代に入っていく。

ジェームス

そうだった今は2009年でしたね。すっかり忘れてた。2016年以降は検索しない時代に入っていく?そんな感じはしませんが・・・?

インターネットの検索エンジンは今後も活用され続けるだろう。しかしアルゴリズムが進化し、AIが進化することで、インターネットの世界はより個人にカスタマイズされてく。スマホからテキストを検索窓に打ち込むという行為が面倒くさいと感じたことはないか?

筆者は毎日感じている。なので検索をするときは Mac を使うことがほとんどだ。

パソコンを持ってる人はそれでいいだろう。持っていない人は音声検索を使うだろうし、そもそも必要な情報はニュースアプリやSNSから取得するだけで満足する人も多いはずだ。

今はまだほんとうに必要な情報は検索エンジンから探すことしかできないが、これから先テクノロジーが進化していくと、AIボットがあなたの調べたいことをまとめて提供してくれる時代になる。

そんな時代では「検索エンジンに好かれるタイトル、情報」よりも「その情報を知りたいと思ってる人が満足する内容」であることのほうが100倍大事なのだ。

スティーブ

ジェームス。君はブロガーとして体験レビューを書くのが得意だ。これまで渡したレシピをもとに作った記事の中には私も面白いと感じたものもある。そこは素晴らしい点だ。課題はやはりマネタイズ。今回の話で言うとキーワード発想法が甘い。だからこのレシピを参考にして、キーワードごとの性質を振り分けるクセを身につけて欲しい。

ジェームスはスティーブから「ブログレシピ【7】 引き算のキーワードリサーチ 応用編」を受け取った。

ジョンの課題

srufing

スティーブ

ジョンのキーワード選びは流石だ。それにマネタイズを重視している点も素晴らしいが、君の理想は世界中で仕事ができることだろう?であれば日本の日本語サイトで収入を稼ぐことも大事だが、これからは君自身のブランドも考えて欲しい。

ジョン

自分のブランド・・・。

ジョンに足りないのはブランドだと言う。以前もらったブランディングレシピや写真レシピでジョンはブランディングを意識したサイト作りをしていた。デザインやメッセージの統一だったり、写真もフリー素材で統一性を重視した。

スティーブ

君のサイトはよく出来ているよ。よく考えられている。しかし君自身の存在がまったく見えないんだ。サイトも情報もうまくまとめられているが、君自身のキャラがない。サイトごとにプロフィールを書いてはいるけど、正直言ってウソっぽく見える。

ジョン

私は必要ないと思っています。

マネタイズ力が高いジョンにとっては、自分自身のキャラを引き立たせることは必要ない。それよりもコンテンツの質を重視して読む人が満足する内容を書けばそれでいいと思っていた。

スティーブ

まぁマネタイズ力が高いから、その必要もないかもしれない。でもこのまま君はサイトの最適化だけをしてビジネスしていくのかい?君の課題は「らしさ」を磨くことだ。苦手なことかもしれないが、顔を出せと言ってるわけではない。君と読者さんの接点をもっと増やしてみることだ。

ジョンは「ブログレシピ【6】 らしさを見つけて差別化する」PDFを受け取った。

次回予告 最大の試練

スティーブ

あっそうそう。ジェームスに渡したレシピを活用するときは、この時代のツールはまだ未完成。ツールだけは2016年バージョンのヤフープロモーション広告のキーワードリサーチを使ってもらう。じゃボクは帰るよー

ここで消えるのはマズイだろ!! と思ったがスティーブは普通に入り口から帰っていった。残されたジェームスとジョンはお互いの過去や現在、そして未来について語っていた。

ジェームスとジョンはその後も2人で会うことにした。もちろん場所はグリーンボトルコーヒーで。

お互いにやるべき課題を与えられた二人は悩みながらも順調に課題をこなしていった。

1ヶ月後、2人には最大の試練が訪れた。

ブログ中級者向け スティーブ式引き算のブログレシピ

  • 月間50万PVのブランドブログを作る方法
  • ブログで月30万円以上稼ぐ仕組み作り
  • 写真家が教えるブログで使う写真術
  • ブロガー専用!引き算のSEO戦略
  • 広告収入頼りのブロガーマインド脱却法
  • 圧倒的に濃いアクセスを集めるキーワード戦略

好きなことで食べていく【特化型ブログ】の作り方を全て詰め込んでいます。ぜひあなたのブログ運営にお役立てください。