はいさい。ヒガシーサーです。

先日、こんな記事を書きました。

Nikon F4s や GA645 に興奮したという日記 | ヒガシーサー

妻のおじさんの遺品である カメラ や レンズ を触らしてもらって

使えそうなのがあったら使っていいよ。

と言われたので、比較的程度が良い

Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D をお借りしました。

Ai AF Nikkor 20mm f/2.8について

このレンズは

FXフォーマット用(ニコンのフルサイズ一眼)

の超広角レンズとして有名。

小さくて軽いボディが、軽快な写真撮影に向いています。

とくに軽量フルサイズ D600相性がいいそうですね。

僕は Nikon D40 に取り付けているので

APS-C換算で30mmになり、標準レンズとして扱えそうです。

Nikon D40 に取り付けてみた

ニコン D40 に付けてみた。

IMG_0509

超広角なので、レンズは丸い形をしています。

IMG_0508

コントラストがいかす。

IMG_0505

いい。めちゃくちゃいい。

IMG_0506

 

D40で使うには

Ai AF 20mm f/2.8D の オートフォーカスは

ボディ内にAFモーターが内蔵されていないといけません。

D7000などの中型機であれば使えるみたいですね。

Nikon D40 はそのモーターがないため、

マニュアルフォーカスしか使えません。

ただ、AEが使えるので絞り優先や

シャッター速度優先モードで撮影できます。

まとめ

Ai AF 20mm f/2.8DD40 で使うと

オートフォーカスが使えないので、

カメラと被写体の距離を学ぶいい練習になると思う。

背景のボケ味も美しいし、焦点距離が30mmで使えるのがいい。

おじさんの大切な遺品なので、大事にしながら楽しみたいと思います。

フィルム時代からレンズマウントを変えていない

Nikon 使ってて良かったな〜。ほんと。