一眼レフ

フルサイズ と APS-Cサイズ を比べる時に知っておきたい 5つのこと

更新日:

レンズやカメラを選ぶときに

「フルサイズ」

「APS-Cサイズ」

という言葉がよく使われますけど、これっていったいどういう意味だろう?

そう思ったことありませんか?私も最近ようやく理解することができましたw

今回は、フルサイズとAPS-Cサイズのカメラを比べる時に知っておきたい5つのことを紹介します。

フルサイズやAPS-Cサイズとはいったいなにか?

デジタルカメラはフィルムを使うカメラと違って、レンズを通って写った画像を電気信号でデータに残します。そのためフィルムに変わる部分を「撮像素子」と呼びます。

この撮像素子の大きさを「フルサイズ」や「APS-Cサイズ」と呼ぶようになりました。

撮像素子のサイズが違う

撮像素子は大きさによって名称があります(各メーカーとも呼び名は違う)

一般的に「フルサイズ」と呼ばれる撮像素子は35mmフィルムとほとんど同じ36×24ミリの撮像素子を指し、「APS-Cサイズ」はフルサイズよりも小さい 24×16ミリの撮像素子を指します(メーカー毎にサイズの大きさは微妙に違う)

フルサイズの面積はAPS-Cよりも約2倍も大きいので、その分有利になる点が多い。

画素ピッチが広い

画素ピッチとは1画素あたりの面積の幅を表します。フルサイズセンサーは面積が大きいので1画素あたりの面積を広く取ることができます。

「えっ?専門用語が多すぎて何言ってるか全く分からない?」

そうですよね。

以下の2つのカメラを比べてみましょう。

・Canon 6D フルサイズセンサー「2020万画素」

・Canon EOS 70D APS-Cサイズセンサー「2020万画素」

どちらも同じ画素数ですが、センサーサイズが違うので画質は多少違います。

面積が広いとこんな利点がある

Canon 6D は学校のグラウンドに2020人の生徒がいる状態

Canon EOS 70D は同じグラウンドに4040人の生徒がいる状態

画素ピッチは1つ1つの画素の面積の大きさのことで、画素ピッチが大きいと、カメラに取り込める光の量は増えます。その関係もあってフルサイズは高感度に強かったり、背景ボケが大きくしたりできます。

高感度に強い

高感度とは ISO感度(イソカンド)に関係しますが、ISOってなに?

ISO感度は、カメラの光の露出を操作する機能で、ISO感度を上げれば暗い場所でもシャッター速度を落とさずに撮影できます。しかし、ISO感度を上げると画質にノイズ(荒くなる)が生じます。

これはカメラが取り込める光の量によって変わってくるので、フルサイズはAPS-Cサイズよりも高感度に有利と言われています。

背景ボケ

同じ画角、同じアングル、同じ絞り値で比べると、フルサイズの方がボケが大きくなり、マクロ撮影やポートレートに有利になります。

逆に望遠や背後までピントを合わせたい場合は APS-Cサイズ が有利です。

また、フィルムと同じ画角と焦点距離の感覚を大事にしているベテランはフルサイズ機を好んで使うことがあるそうです。

レンズの重量と価格が全然違う

APS-Cサイズのイチガンレフで使えるレンズは小さくて安いのが特徴です。対してフルサイズで使えるレンズは重くて高い。キヤノンで言うなら Lレンズ群 ですね。

一般ユーザーが気軽に何本も持って歩けないような重さと値段になってしまいます。

APS-Cサイズは望遠に強い

フルサイズ機とAPS-C機ではレンズの焦点距離が違います。メーカー毎に違いはありますが、フルサイズの1.6倍の焦点距離で撮影できるのが APS-C機の特徴。

Nikonのフルサイズ機には標準でAPS-Cサイズに変換できるカメラもありますが、APS-Cは最初から1.6倍ズームされていると考えてもいいですね。

フルサイズの500mmのレンズを買うとしたら、とんでもない重量と価格になるけど、APS-Cサイズだと300mm表記のレンズで480mm相当になるので、この差は大きいと思います。

 まとめ

高感度や背景ボケは、レンズを変えることである程度コントロールできます。

なので「フルサイズかAPS-Cサイズか」にこだわらなくても、レンズにこだわった方がいいと思います。また、フルサイズ機のほうがキレイな写真を撮れると言われていますが、これもレンズや技術の差が顕著に出ます。

私のレベルで考えると APS-Cサイズどころか携帯カメラで十分かもしれない(笑)

なのでまだまだフルサイズに移行するのは先の話になりそうです。

-一眼レフ
-, , , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.