はいさいヒガシーサーです。今日は専門用語が多い話ですが、最後に分かりやすく解説してるので、流し読みしてくださいませ。

α7

写真のできあがりの良さを決めるものの1つとして、画素数がピックアップされることが多いですよね。500万画素よりは1000万画素の方が画素数が多いからきれい、と分かりやすい説明で済みますので、比較しやすい性能差でしょう。

最近発表された α7R II も40MPを超える超高画素機として注目を集めています。

しかし、画質は画素数が多ければ良いというわけではありません。いくつかの要素が関係していますので、総合的に判断する必要があります。その要素の1つと言えるのが、画素ピッチというものです。これは、一つ一つの画像素子、つまり光を受け止めて画像に変換するセンサー内部の画素数に関係します。

画素サイズと画素ピッチ

一つ一つの画素サイズが大きくなり画素ピッチが広くなると、それだけ大きな面積で光をとらえることができますので、暗い場所でも低ノイズの写真が撮れるようになります。

画素数が多いと同じ面積のセンサー内に画像素子をぎっしり詰め込むことになりますので、必然的にそれぞれの受光素子が小さくなってしまいます。画素数を上げると画素ピッチが狭くなるジレンマが生じてしまうのです。

フルサイズセンサー2430万画素のα7と、APS-Cサイズセンサー2430万画素のα6000では、α7のほうが画素ピッチを広く取れるため暗い場所でもノイズを抑えた写真を撮れるということになります。

また高画素機は遠景の写真も高精細に撮ることができますが、わずかな振動でもブレをキャッチしてしまうので、素人が撮ると失敗写真が増えることになります。

最近のカメラは裏面照射CMOSを採用するなど小さなセンサーでもノイズが少ない画を撮ることができるので、一概に「画素数は少ないほうが良い」とは言えませんが、個人的にはAPS-Cサイズセンサーで1000万画素以上は必要ないなと思っています。

ソニー α7s のすごいところ

一番良いのは、画素数も上げて画素サイズも大きくするということです。しかし、この理想的な条件にするには、カメラ本体やレンズを大きくする必要がありますので、現実的には限界があります。

特に最近は一眼レフカメラでも持ち運びやすく軽いものが人気ですので、今まではこうしたカメラを作るのは難しいかった。

それを打ち破ったのが「ソニー α7s」というカメラです。

小型軽量でありながらフルサイズセンサーを搭載し、有効画素数は1200万画素という低画素機です。

低画素であればファイル容量も小さく抑えられるし、超高感度でもノイズの少ない写真が撮れます。暗い場所でもISO感度をガンガン上げることができるので、手ぶれを抑える効果もありますね。

低画素機には高画素機にはないメリットがあるんです。逆もまた然りですけど。

α7R IIのすごいところ

40MPを超える高画素でありながら、5軸手ぶれ補正を内蔵しているので、高画素の弱点であるミラーショックや微細なブレを軽減できることですね。

α7IIの時も驚きましたが、α7R IIにこそ5軸手振れ補正は有効になると思います。

画素ピッチもAPS-Cサイズで考えると2000万画素クラスなので、一般的なエントリー機種よりも画素ピッチは広々ですし、新しいセンサーを搭載しているので高感度にも強くなりました。

もし間違ってたら教えてください。

α7R IIは防塵防滴を除けば、本当に隙のないカメラと言えるでしょう。高いけどね。絶対買えないけどね。

まとめ

最近はNikon D810や、α7R、EOS 5Dsなどが超高画素を売りにしています。そのため「高画素機」が魅力的であるように感じますが、僕は低画素数に魅力を感じます。

とくにブログやSNSにアップする程度の写真なら200万画素ぐらいでも十分大きすぎるぐらい。スペックを追求するのも楽しいですが、画素数や画素ピッチのことを考えて最近の高画素機に心を奪われないような知識を持っていたいですね。

ちなみに..α7R IIには思いっきり心奪われています。