沖縄旅行

チキンの丸焼き 沖縄市 ガーリックチキン 味はどう?

更新日:

2014年クリスマスチキンの予約はもうお済みですか?

チキン消費量が日本で一番多いと噂の沖縄県。アルゼンチンからやってきたチキンの丸焼き文化は、60年以上も沖縄で愛されています。

我が家は毎年チキンの丸焼きを注文していて、そろそろネタ切れになりそうですが…今年は沖縄市の老舗「ガーリックチキン」にしようと考えています。

クリスマスチキンの歴史

ガーリックチキン

これまで食べたことのあるチキンの丸焼き店はコチラ。

  • ブエノチキン(浦添)
  • コッコロコハウス(沖縄市)
  • ジミー(首里、沖縄市)
  • キャピタル(うるま市)
  • アルゼンチンチキン(名護市)
  • リィコーチキン(南風原?)
  • こけこっこハウス(宜野湾市)
  • 龍鳳聚(リュウホウシュウ うるま市)
  • ガーリックチキン(沖縄市)

覚えてるだけではコレだけ。
写真もないので、これからちょっとずつ食レポしていきます。

anyway、今日のレポートは沖縄市知花の「ガーリックチキン」です。

ガーリックチキンの所在地

ガーリックチキン

店名ガーリックチキン
地図グーグルマップで見る
TEL098-938-5845
定休日月曜日
営業時間11時〜21時
価格丸焼き:1500円(税込)
ハーフ:800円(税込)

外観は新しくペンキが塗られていて、綺麗になっています。ピンクの建物が目印です。

ガーリックチキンの丸焼きはどうなの?

ガーリックチキン

「ガーリックチキン」というお名前の通り、たーっぷりのにんにくが塗りつけられています。まず最初にダメージを受けるのが「車内」と「胃酸」です。

ガーリックJr.のアクアミストばりに、私の理性と胃酸の制御をコントロール不可に陥れます。

沖縄のチキン丸焼きはほぼ全て「にんにくたっぷり」なんですが、ガーリックチキンはニンニクの量が最高峰。わしゃあガーリックチキンぜよと言わんばかりの潔い丸焼き。

家に着く前から「白とチキン」「白とチキン」と何度も呟いてたそうです(妻から聞いた)もちろん白は「白ワイン」のこと。

味はどうなの?

チキンの丸焼きに求めるのは「柔らかさ」「味」ですよね。あっ今のご時世「県産鶏肉」ってのもポイントか。

ガーリックチキンの丸焼きは、全然パサパサしていません。どの部位も柔らかくて美味しい。

表面だけではなく全体に味が染み渡っているので、最後の一口まで飽きずに食べることができます。私はいつも食べきらなかった分はスープやポトフにして頂いてます。

ここのチキンは、にんにくとお酢のバランスも良くて、辛口の白ワインとよく合いますね〜。インヴィボ買いに行くか。

ガーリックチキン、長年スルーしてたけど…めちゃめちゃ美味いやし…。

まとめ

ガーリックチキン

長年愛されてるお店には理由がある。

店内のキッチンはお世辞にも綺麗と言えませんが、ご夫婦で営まれてるチキン一筋のお店。沖縄市知花で「アメリカ〜」相手に長年切り盛りしてきたガーリックチキンは、お店もチキンも隅々まで味が染み渡っていた。

今年のクリスマスチキンにローストチキンをお考えの方は、ガーリックチキンも考えてみてね。

くわっちーさびたん。

-沖縄旅行

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.