「ファミリーニコン…あれ?キヤノン Kissも言ってなかった?」

ニコンが国内で D5500 を発表しましたね。

D5500の最大の魅力は「バリアングル液晶搭載一眼レフの最小最軽量」「タッチパネル」の2点。特にD5300で採用されたモノコック構造を更に軽く小さくしたのは驚きです。

持ちやすさも工夫されていて、D750と同じ形状らしいですね。なぜD5400ではなくて、D5500かは分かりませんが旧モデルのD5300と比べてみましょう。

※この記事はニコンD5500発表後に修正しています。

D5500のレビュー記事はコチラです↓

ニコン D5500 18-55mm VR IIレンズキット 本音レビュー! | ヒガシーサーのカメラブログ

ニコンD5500 D5300から進化したポイント

d5500

D5500はタッチパネル搭載、60グラム軽くなった。ボタン配置が変わった。GPSが非搭載となった。当初噂の段階ではスペックの違いは分かりませんでした。

公式発表後、ISO12800から、25600と高感度化しています。詳細はスペックはNikonサイトをご覧ください。

D5500 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

D5500 8万円、D5300 5万円

D5500が発表され、D5300の買い時がきましたよ。

カメラの基本的な性能は全く同じなので、D5500を買う理由が見当たりません。D530050,000円前後(ボディ)で購入できます。

D550010万円前後(899ドル)で発売されます。

※当初の予想では10万円前後でしたが、実売価格が8万円と嬉しい結果に!

この価格差だったら D5300 と迷ってしまいますね。とは言っても30000円でレンズが一本買えますから、初めての一眼レフの場合はD5300がオススメです。

D5500 タッチパネルのデメリット

Canon EOS 70D もタッチパネルを搭載しましたが、ほとんど使うことがなかったですね。

タッチパネルを利用するなら液晶保護フィルムは必須。そうじゃないと液晶が油や指紋でベトベトになります。

また、一眼レフのライブビュー(液晶を見て撮影する)はミラーレスやコンデジと比べてシャッタースピードやオートフォーカスが遅くなります。EOS 70D では動画撮影時以外でライブビュー撮影は使いませんでした。

バリアングル液晶やタッチパネルが必要なシチュエーションは、「動画撮影」がメインだと思います。ユーチューバーの方にはお勧めかもしれませんね。

…当初の考えはそうでしたけど、タッチパネルでフォーカスポイントを動かせるのは画期的!良いかも。

D5300が完成した一眼レフ過ぎる

ローパスレス、EXPEED4、モノコック構造、Wi-Fi、GPS。

D5300はエントリークラスの一眼レフとして完成し過ぎちゃってる。サブ機でもメイン機でも十分耐える素晴らしい製品です。

APS-Cサイズセンサー搭載のエントリークラスで、これ以上の性能は必要ありません。もうこれ以上の進化が難しい…ってところまできちゃってる気がします。

タッチパネルや軽量化も魅力的ですが、「写真を撮る」「動画を撮る」ことに関してはD5300で十分です。

小栗旬さんの動画

イメージキャラクター小栗旬さんの動画でも
ニコン D5500 の魅力が分かります。

なかなか小さいですね。
D5300との価格差が落ち着いてきたら、D5500を選ぶのもいいかもしれませんね。

まとめ

D5500D5300を比べた場合、僕は全力でD5300をお勧めします。

一眼レフで良い写真を残したい!という結果が欲しいならD5300と良いレンズを手に入れるのが間違いありません。

ただ…僕はD5500買っちゃうかもしれない。ニコンの公式発表後に心を動かされまくってます。