カメラ

Nikon D610 と D600 は何が違うのか?

更新日:

はいさいヒガシーサーです。

「ニコンがD610を発表したけど、D600と何が違うの?」

昨年発売されたD600の後継機として
発表された D610。

D600 はニコン最軽量のフルサイズ機として
多くのアマチュア、プロカメラマンに大絶賛されているカメラです。

なぜニコンはたった一年で D610 を発売するのか?

それはD600のある不満点が原因だった。

ニコン D600 と D610の違い

  1. 静音撮影時に静音連射モードが可能になった
  2. 連射速度が6.0コマ

ニコン D600ユーザーのなかで特に不満が多かったのが
フルサイズ一眼としての連射速度。

これがアルゴリズム(カメラシステムの仕組み)の変更によって
D610は5.5コマから6コマに進化しました。

「たった0.5コマじゃん」

一眼レフの世界で0.5コマという違いは
撮影の幅に大きな影響を与えます。

また、画質モードをJPEGのBASICにすると100コマまで連射可能になるそう。

毎秒6コマの連射
連続撮影枚数は100枚まで。

静音連射モード

読んで字のごとくですが
静音モードで連射3コマが可能になりました。

コレって結構すごいことで、ニコンのフラッグシップ「D4」にもありません。

D600も静音撮影時の連射は不可能なので
D610の連射性能は素晴らしいと思います。

野鳥撮影なんかにも使えそうですね。

ほかにもQcボタンが付いたとか
オートホワイトバランスが進化したなどの
小さなマイナーチェンジがありますが

「D600とD610の大きな違いは連射性能である」

と言っても間違いなさそうです。

ニコンの製品作りの想いが伝わるマイナーチェンジ

ニコンD610は、ニコンがニコンユーザーにかける想いそのものだと思います。

D600は発売から1年以上経ちますが、今でもよく売れています。

今までのフルサイズ一眼レフ市場を変えた製品ですから
今も売れているのは納得。

「連射性能の不満からD600購入を躊躇していたユーザーの声を反映した」

そんな痺れるコメントをしてくれるニコン。

D600ユーザーだけではなくて
まだ購入していない方々の声もちゃんと聞いてくれるのはすごい。

正に「ニコン製品」と言えるマイナーチェンジです。

買うべきか?

  • ニコンD600 ボディ15万前後
  • ニコンD610 ボディ19万前後

ニコンさん、すごいイイトコついてきますね。

レンズを買うにしても
4万円だと微妙なラインですし、
それくらいなら頑張っちゃうって思えるような価格帯。

 

ただ、私だったらやっぱり15万円で購入できるD600に惹かれます。

D610はD600の弱点を補ったカメラで、
基本スペックは変わりません。

「連射がもうちょっと..」

そう思っているあなたにはクリティカルヒットでしょう。

ニコンからゴミ取り問題についての回答

D600のセンサーにゴミが付着する問題がニュースになりました。

「ニコンおわた」
「最悪だ」
「どこが信用できるんだよ」
「D600がおすすめだ?アホか」

一生懸命モノづくりをしたニコンや
自分のフィルターを通して情報を発信している人に対して

顔も見せず批判する気持ちって
想像もできませんが
ニコンや情報発信者は批判されました。

私もちょこちょこ攻撃されてます。

ということで
2014年2月26日にニコンが最新の情報を記載されています。

ニコンデジタル一眼レフカメラ D600ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

私は外でレンズ交換もガンガンするし
ゴミ取りはある程度仕方ないと諦めています。
本体は消耗品なのであんまり気にもしてません。

最新デジタルカメラのゴミ取り問題…
銀塩時代の諸先輩方はどう思ってるんでしょうね。

「全部自分でやれ」って一言で終わってしまいそうです(笑)

それでも私はD600は良いカメラだと思っています。
廉価フルサイズ一眼レフという市場を開拓したんですからね。

今回の記事で紹介された商品はこちら

-カメラ
-, ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.