カメラ

Nikon D810 発売日はいつ?価格は?D800からの進化点

投稿日:

はいさい。ヒガシーサーです。

d810

「ニコン D810出たってよ」

「へぇ。」

「…」

ぐらいに思っていたフルサイズ一眼レフ。
しかし、内容を読めば読むほど…ちょっと欲しくなってきた。

私がD800シリーズに全然興味がなかった理由は

「大きいし、重いし、画素数多いし、連射遅いし」

と思ってたからです。
正直なところ一般ユーザーでそのスペックはないだろ。って思っていました。

そんな私ですら欲しいと思う理由があります。

「D800/800Eのイマイチなところをキッチリ修正してきた」

と感じるので、欲しい!のでありんす!

2号機を買うべし!

デジタル製品は、初号機でデータを取り、2号機で完成させる。
これが鉄板ですよね。

というわけでD810ってのは
そもそも2号機なので完成品になるんです!

その理由を書いていきますね。

1つのカメラでなんでもできる

Nikon D810 は、動画、風景、スポーツなどあらゆる状況に対応できるカメラになりました。

特に、動画は進化している!
最近は子どもの動画を撮ることが多いので、この動画性能のパワーアップは嬉しいですね。

微速度撮影もなにやらすごい機能があるらしい。
詳細はニコンページで確認してみてください。

D810 – 鮮鋭な高画質動画 | ニコンイメージング

3653万画素は機構ブレが生じる

D800/D800Eは、
その高画素から自分自身を苦しめていました。

高画素過ぎるゆえ、わずかなブレも画質に現れてしまい

「えっ?カメラのせいじゃどうしようもない」

ような機構ブレが起きていたそうです。
しかしD810は、電子先幕シャッターの使用が可能になりました。

これには、新設計の駆動機構とミラーバランサーを組み合わせることで、より機構ブレを防ぐための手段としてユーザーが選べるってのが良い。

こうした機能は、ミラー振動がないライブビュー撮影と組み合わせることで、超望遠撮影や天体撮影などに大きなアドバンテージを得られそうですよね。

D800/800Eの不満点を見事に解消しました。

Rawサイズが選べる!

D810は、
Rawサイズを変えて撮影できます。ぶっちゃけこの機能が一番嬉しい!

「毎回3600万画素のRAW吐き出してたら、PC死ぬ!」

だから絶対にD800なんて使おうとは思いませんでした。

「RAW S(3,680×2,456ピクセル)で記録できる?まじっすか!」

みんながみんな、作品を撮るってわけじゃないですもんね。
Canon EOS 70D にも付いていた機能ですが、コレないとダメ!ってぐらい重要です。

D800/800Eから進化していますね。

スポーツに耐えうる連続撮影

D800/D800Eでは、約4コマ/秒でした。

「うーん、せめて5コマあればな..」
と多くの人も思ってたでしょう。

D810は5コマ/秒撮影が可能になりました。

また、DXモードで撮影すれば7コマ/秒(バッテリーパック使用)で撮影することができるので、D300Sに近い連射性能です。

3600万画素という高画質を考えると
驚異的な連射です。

これ、ローパスレスですからね〜。
すごいもんだ。

D800/800Eの要望も多かったみたいですよ。

実売価格は?

ニコン D810の実売価格はボディで31万円〜
レンズキットで36万円〜となっています。

…まぁ一般人は買いませんよね(笑)

発売日は?

2014年7月中旬となっています。

欲しいか、欲しくないかで言われると間違いなく欲しい!
D800のときはあまり感じなかったけど、D810は欲しいぞ!

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.