dpiとは、1インチ当たりのドットがどうなのかを表す単位です。写真が写真用紙にどのように印刷されたかを表すための単位だと思ってください。ドットを使ってそのパターンを変えることで、色味や明るさを調節していきます。通常はシアンとマゼンタ、イエロー、ブラックの4パターンの色の組み合わせになります。しかしよりハイレベルのフォトプリンターになると、より多くの色が使われることもあります。

ネコ

こんにちは、ライターのネコです。

ppiとは?

ppiとは、1インチ当たりのピクセルの数を表す単位です。スクリーンの解像度を表しています。デジタルイメージの場合、写真やグラフィックは、数百万個のピクセルを使って表現されていることになります。ちなみにppiの数値が高ければ高いほど、解像度は高くなるわけです。すなわち、より鮮明で細かな所まできちんと表現できている画像になるわけです。イメージの印刷をする場合には、高いppiを保った方がいいでしょう。高品質の印刷を行うためには、イメージを最低でも300ppiで保存した方が良いといわれます。例えば300ppiで保存したイメージが3.2メガピクセルだったとします。この場合最大で、横6.8インチ×縦5.2インチのイメージで印刷ができるわけです。

解像度とは?

解像度も、画像に関して説明する中でしばしば登場する用語です。解像度とは、画像の精度を数値化したものと思ってください。dpiやppiを使って表現するわけですが、数値が大きくなればなるほど精度の高い画像であると判断できます。画像の大きさや解像度を変更する場合、そのやり方によっては画像のクォリティが大幅にダウンしてしまう可能性がありますから、注意しないといけません。そして画像のクォリティを低下させることなく、画像のサイズや解像度を変更するためには、当初設定されていた両者の比率を変更しないようにすることが重要です。

まとめ

デジタルイメージが印刷される段階で、ピクセルはドットに変換されるわけです。ピクセルの場合、互いの間にスペースを置かない性質があります。ところがドットになると、互いにある程度のスペースを設ける必要があります。そこでdpiとppiを比較した場合、dpiの方が常に数は低くなると思いましょう。少し雑な目安になるかもしれませんが、dpiはppiを2で割って得られますから、300ppiの場合、そのままプリントアウトすれば150dpi程度の解像度になると考えましょう。ちなみに150dpiであれば、標準写真の品質はクリアできています。