沖縄生活

仕事で使える!Dropboxで写真を共有する方法

更新日:

写真をDropboxで共有するためには、画面の下部にある写真のアイコンをまずタップします。

ネコ「こんにちはライターのネコです」

画面右上のチェックボックスをタップすると写真の一覧が出てきますから、ほかのチームのメンバーと共有したい写真を選択します。そして画面の右下の所に「Share」のアイコンがあるはずですから、そこをタップします。するとファイルを共有する方法がいくつか提示されます。メールの他にもテキストメッセージ、Facebookへの投稿も可能ですから、最適な方法を選択します。リンクを送信したり投稿する場合には、必要な情報も入力します。

iphone

Dropbox 共有した写真をダウンロードする方法

Dropboxから写真をダウンロードする場合、フォルダを右クリックします。するとダウンロードのメニューが出てきますので、選択すると「フォルダ名.zip」というファイルがダウンロードされます。このフォルダはダブルクリックなどして解凍すれば、写真が開ける状態になります。もしうまくいかないのであれば、いったんDropboxをアンインストールにして再インストールしましょう。そうすれば空のフォルダができ、共有した写真のダウンロードができるはずです。

Dropbox 共有パスワードを設定する方法

共有したいファイルもしくはフォルダを選択して、そのファイルやフォルダを右クリックすると「リンクを共有」というメニューが出てくるので、そこを選択します。パスワードの有効期限を設定もしくは「公開設定と有効期限を設定」のメニューが出てきますので、そこをクリックするとパスワードや有効期限を設定するオプションに変わります。パスワード所有者のみが閲覧できるようにして、その際使用するパスワードを入力します。そして最後に「設定を保存」をクリックすれば完了です。設定を保存した場合、リンクをコピーしてメールに貼り付けるとか、Dropboxを介して共同作業している相手にリンクの送信が可能です。

まとめ

Dropboxを使えば、例えば遠く離れたメンバー同士でもファイルなどのデータを簡単に共有できるようになります。また、先ほど紹介したパスワード設定をすれば、関係者のみがそのデータを閲覧できるようになって、セキュリティレベルがアップします。情報漏えいの問題はしばしば報告されていますから、便利さを追求する一方でデータのセキュリティ対策をDropboxで試みてください。

-沖縄生活

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.