こんにちは編集部です。デジタル一眼レフカメラを使っているうちに、カメラ内部にどうしてもたまってしまうのが細かなゴミです。

camera

機能に問題ないところにダストがつくなら構わないのですが、イメージセンサーにゴミがつくとそれが写真に写り込んでしまいますので、かなり痛手です。一眼レフカメラはレンズを交換していろいろな表現でできるのが魅力なのですが、その一方でレンズを交換する際にセンサーが露出してしまってダストがついてしまうという欠点を抱えています。

また、カメラ内部で生じる摩耗によるゴミなどもありますので、イメージセンサーは常にダストとの戦いとも言えます。

ゴミがついてることを確認したら?

ダストがついていることが確認できたらクリーニングを行うと良いでしょう。

ダストクリーニングはメーカーや専門店で行っていて、さほど高くない料金でしっかりときれいにしてくれます。もしくは、市販のクリーニングキットを使って自分で行うという方法もあります。クリーニングキットはいろいろな種類がありますが、センサーを破損したり傷つけてしまう可能性もあるので、ある程度値段が高くても信頼できるキットを購入しましょう。

自分でダストクリーニングを行う方法

ダストクリーニングの方法は、ブロアでダストを吹き飛ばす、バキュームでダストを吸い込む、専用のクリーナーで表面を拭くというものがあります。

ブロアで吹く場合はゴミは大変小さなものが多いので、たいていは外部に拡散しますのであまり心配することはないでしょう。しかし、少し大きめのゴミが付いている場合は、カメラ内部に入り込んでしまう危険性もありますので、ブロアで吹き飛ばすよりはバキュームで吸い込むという方法を採ったほうが安心できますね。

自分でダストクリーニングに挑戦したい場合は、コチラのサイトを参考にされてください。素晴らしすぎて涙が出るほど詳しく書いてくれてます。

意外と簡単かも!?自分で出来るカメラのセンサー清掃、3つの方法。 | studio9

まとめ

ダストクリーニングを行うと、以前との違いに気付くことでしょう。空や白い壁を写すと、小さな黒い点がポツポツと見えることがあります。これが、センサーやレンズに付いたダストです。とても小さくてはっきりと見えないこともありますが、引き伸ばすと一目瞭然です。ダストクリーニングをし終わった後に、同じような写真を撮るとこうした黒点がなくなっていますので、クリーニングの効果が出ていることが分かります。たまに、ダストが付いていないか確認するためのチェック撮影をして、汚れが表れるようであれば定期的にクリーニングをするようにしましょう。ちょっとしたことですが、写真のできあがりにも表れますし、放っておくとカメラに故障をもたらすこともありますので、メンテナンスを怠らないようにしましょう。