新しい撒き餌やめたげて…すぐ食いつくから。ボディ持ってないのに食いついちゃうから。

25年ぶりのリニューアルとなった撒き餌レンズ。EF50mm f1.8 II は神レンズ、撒き餌レンズ、シンデレラレンズと言われ、他の追随を許さない8000円台で購入できる単焦点レンズとして多くのキヤノンユーザーに愛されてきました。

昨日発表ですでにマップカメラや三星カメラは売り切れ表示。これはマズイとカメラのキタムラで予約注文しました。

EF50mm F1.8 STM はここがスゴイ

圧倒的なコスパを誇る旧EF50mmにも弱点がありました。AFが遅い、寄れない、円形絞りじゃないなど細かな点で不満に感じることが多かった。特にAPS-Cサイズセンサーの機種で使うときは、もう少しだけ寄りたい!って思った方も多かったと思います。それで今回のリニューアルは…さすがキヤノン様。

  • 34.5cmから26.7cmの最短撮影距離(ワーキングディスタンス)
  • 最大撮影倍率0.15倍から0.21倍。
  • 5枚羽から7枚羽の円形絞り。
  • STMでAFが静か(速度はどうなんでしょう?)

重量は130gから160gと重くなった点もありますが、みんなの不満を解決してくれましたね。驚異的な進化でまたしても撒き餌レベルのコスパ。

EF50mm F1.8の世界

ef50mmf1.8
キヤノン

トロットロの背景ボケ。暗い場所でもブレずに写せる。今までよりも寄れる。そして価格は1万6000円前後。…ッパク!と食いついちゃうよね。これは食いついちゃうよね。ボディ持ってなくても。

EOS M3 マウントアダプター待ち

ミラーレス部としては EOS M3 に EF EOS-M マウントアダプター を使って EF50mm F1.8 STM を使いたいところだけど、マウントアダプター今ね納期未定らしいんですよ。いっそのこと EOS M2 のトリプルズームキットを購入しちゃおうかとも考えてるところです。それか Kiss X7 か…

とりあえずレンズは注文しちゃったのでボディ選びで悩んでます。まさにカメラはレンズから選べ(笑)ですね。