Canon

キヤノン EOS 70D 一眼レフ初心者におすすめのカメラ

更新日:

動画に強くなったと噂されるキヤノンの新型一眼レフ EOS 70D が実は初心者に最適なカメラだった。

 

 

その理由は バリアングル液晶やWi-Fi機能、簡易水準器を搭載し、ISO感度の向上や連射コマ数の増加、19点オールクロスAFセンサーを採用していて、カメラ初心者にとってバランスがいい隙のないモデルに仕上がっている点です。

EOS 70D

イメージセンサー APS-Cサイズ2,020万画素CMOS
画像処理エンジン「DIGIC 5+」

ライブビュー時や動画撮影時に像面位相差検出用

「デュアルピクセル CMOS AF」を採用

光学ファインダー視野率約98%、倍率約0.95倍

最高感度 ISO12800

連写速度はAF追従で秒7コマ

19点全点クロスAFセンサー

WiFi機能搭載

重さ約775g。

実売価格はボディー13万円前後

8月29日発売

ISO12800?オールクロスの19点AF?7コマ連射性能?

これから初めて一眼レフを購入しようと考えている人や初心者にとって、そんなこと言われてもなんのこっちゃって話ですよね。

というわけで、今回は EOS 70D の基本性能のアップから ISOってなに?AFセンサーってなに?コマ連射ってなに?を説明しようと思います。

EOS 70D が動画に強いモデルと言われる理由

まず EOS 70D は動画に特化したAPS-Cサイズセンサーの一眼レフと言われています。

その理由は動画で高速な位相差AFが可能になった点。でも、位相差AFを採用したモデルもあったし、主に写真撮影に活用されてきました。なのになぜ EOS 70D が新しいと言われるの?

通常の位相差AFだと、複数のフォトダイオードをつぶして被写体を両目で作る状況を作り、画像処理でつぶれた絵の情報を見えないようにしていました。

EOS 70D は位相差AFでもフォトダイオードそのものを2つに分けてほぼ全画素で両目で見る状況を作り、ノイズの悪化をもたらさないように技術革新でクリアした点が新しい。

位相差AFとは、片目でビールを注ぐより両目を使ってビールを注いだ方が簡単に注げますよね。それをEOS 70Dでは動画でも使えるようにしたので被写体の検出が高速になった。しかも動画AFが追従できるのがすごい。

位相差AFについては、なんとなく理解できればいいと思います。一般的にビデオカメラと比べて一眼レフカメラの動画AFは上手ではなくて、SONYのα99やα77や、パナソニックのミラーレス一眼GH3を除くと一眼レフの動画AFはほとんど使えないというのが一般的でした。

EOS 70D はビデオカメラまでとは言わないが、位相差AFを動画でも使えるようになり、一眼レフのなかでも動画AFのかなり強い部類に入るカメラとなりました。

ISO100〜12800ってなに?

ISO(いそ、あいそ)というのはカメラがどのくらいの暗さのところまで撮影に耐えうるかという表記です。

ALL ABOUT で ISOについて詳しく分かりやすく解説されているので、ぜひご覧下さい。

デジタルカメラにおけるISOとは? 高いとどうなる? [デジタルカメラ] All About

 

ISOを上げるメリットは

  1. シャッター速度が上がり手ぶれが押さえられる。
  2. 明るく撮影することが可能になる

など2つの利点がありますので、常用ISOが上がると、それだけ高感度撮影が可能になるということですね。

オールクロスの19点AFとは

クロスAFセンサーとは、センサーが十字形に配置されているもののこと。縦や横だけのAFセンサーに比べると、縦と横をカバーした十字形のクロスAFセンサーなので、被写体の縦線、横線に対応できるAFセンサーなのです。

EOS 7Dは19点のクロスセンサーを使うことで動体に強い一眼レフとして人気がありました。EOS 70Dには7Dと同じく19点オールクロスAFセンサーを採用しているので、動きものにも強い撮影が可能になっています

上位機種の7Dと同じ19点オールクロスAFセンサーを採用しているのでスポーツや子どもなどの動体撮影にも強くなっている。

7コマ連射

EOS 60Dでは1秒間に5.3コマの撮影が可能でしたが、EOS 70Dでは7コマの撮影が可能になり連射性能が上がりました。

最も7コマ撮影というのはJPEG撮影で、ISOの設定や、レンズの使用なので大きく変わってくるので常時7コマで撮影できるわけではありません。

それでもEOS 60Dから進化した連射性能は動体を撮影する際に大きなアドバンテージとなりそうです

まとめ

動画のAFが著しく向上したバリアングル液晶を搭載の中型エントリー一眼レフということで話題になっていますが、じつは一眼レフの基本性能もめちゃめちゃスペックアップしているのが EOS 70D なのです。

一眼レフで大事なのはレンズですが、こうも魅力的なボディが各メーカーから輩出されてくると…初心者がカメラを選ぶのも至難の業です

EOS 70Dはキヤノン的にはKissからのステップアップの位置付けですが、今では一般ユーザーもフルサイズ機を使うことも多くなりました。

EOS 70D はWi-Fiや簡易水準器も搭載し、バリアングル液晶や動画撮影に強いAFを採用しているので、初めて一眼レフカメラを購入する方にも非常におすすめの一眼レフと言えます。

というわけで今回は EOS 70D のスペックアップからISO、AFセンサー、連射性能について解説しました。

あんしぇや

-Canon
-, ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.