カメラ

EOS M3 と EOS M2 の外観比較で分かる5つの進化点!詳細スペックも明らかに

更新日:

「か…かっこいいじゃん」

はいさい。ヒガシーサーです。Canonのミラーレス一眼「EOS M3」の画像が海外サイトでリークされてますね。EOS M/2と比較すると、外観デザインが大幅変更されています。

それでは、EOS M3 に搭載されているであろう新機能を予想していきましょう。

EOS M3とEOS M2の外観比較

EOS M3

EOS M3進化点は以下の5つ。

  • ポップアップフラッシュ内蔵
  • モードダイアル搭載
  • 露出補正ダイアル搭載
  • チルト液晶搭載
  • グリップ性向上

です。外観比較画像からは以上の進化点が見られました。

ポップアップフラッシュが内蔵

EOS M3にはポップアップ式フラッシュが内蔵されています。

EOS Mシリーズ初搭載ですよね。今までは軽量化と薄型化を重視されてたのか、内蔵フラッシュはほとんど使わないという意見があったのか、EOS M、M2には搭載されていませんでした。

もし、簡易バウンス可能なフラッシュなら嬉しいですね。

モードダイアルが搭載

EOS M、M2は、モードダイアルが付いてなかった。シャッターボタン部分に動画や静止画を切り替えるダイアルのみ。「タッチでかんたん操作」のキャッチフレーズで静電容量方式のタッチパネルが特徴的でした。

EOS M3はモードダイアル搭載です。

操作性が格段に良くなりそうですね。

露出補正ダイアル搭載か?

Canon PowerShot G7X を使って便利に感じた露出補正ダイアル。これが EOS M3 に搭載してるっぽい。

M-fnボタンもシャッターボタン横に付いてます。

露出補正ダイアル、M-fn機能割り当てでさらに操作性が良くなりますね。

EOS M3 チルト液晶搭載か?

EOS M3画像のストラップ部分から覗く背面液晶の形状は…きっとチルト液晶ですよね。

自撮りユーザーとして嬉しい。

G7Xのチルト液晶に感動したので、キヤノンの小型高性能カメラは「チルト液晶×動画撮影」に強くなっていきそうですね。

EOS M3はグリップ性が向上

EOS M3はホールディングが向上しそうですね。

RX100、G7X、LX100と小型カメラを扱ってきましたけど、カメラは小さいことも大事ですが、ホールディングはもっと重要です。どうせポケットに入らないなら、ホールドしやすいカメラの方が撮影時にストレスがありません。

EOS M3は、グリップ性が向上しホールディングしやすそうですね。良い。すごく良いじゃないか。

EOS M3の詳細スペック

EOS M3の詳細スペックが明らかになりました。

  • 24.2MP CMOSセンサー
  • ハイブリッドCMOS AF
  • AF49点
  • ISO100-12800
  • DIGIC6プロセッサ
  • 連写:4.2コマ/秒
  • シャッタースピード:1/4000秒
  • フラッシュ内蔵
  • チルト液晶
  • EVFオプション
  • 重さ366g

ソース:キヤノンEOS M3 の詳細スペック – デジカメinfo

外観から感じた EOS M3

EOS M3はAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼として順当に進化している気がします。小さくしただけのEOS M2とは違い、本格的な仕様を載っけてきたなぁと感じました。

「EOS M買うぐらいだったら Kiss X7 のほうがいい」と思う人もいるかもしれませんが、EOS Mの生き残る道はレンズと動画性能かも。チルト液晶だし、動画の性能(AF駆動音とかAF追従など)が良ければユーチューバーにも人気が出そうですよね。

AF速度改善が一番の要望ですけどね。

EOS M3 すごく良いと思います。あとは…レンズですよね〜。

毎年、この時期は主要メーカーが新製品を発表するので楽しみですね。

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.