一眼レフやデジタルカメラで撮影した写真を、スマートフォンに送るためには以下の方法があります。

  • Wi-Fi内臓のカメラを使う
  • NFC搭載のカメラとスマートフォンを使う
  • Wi-Fi内臓のSDカードを使う

私がオススメするのは、Wi-Fi内臓のSDカードを使うことです。理由は一度設定すれば自動的にスマホやPCに写真を取り込んでくれるから。

というわけで今回は Wi-Fi内臓 SDカード の紹介をしていきます。

Wi-Fi内臓SDカードとは?

SDカードのなかに無線通信機能を搭載した記録メディアのことですね。

最近はカメラに無線通信機能を採用している機種も多いですが、まだ一般的ではなかった頃から Wi-Fi内臓SDカード は使用されていました。

私が使っているのは eye-Fi です。今は eye-fi mobi と名称が変わっていますが、出来ることはパワーアップしています。

Eye-Fi mobi カードの特徴は?

Eye-Fi mobi カードは無線通信機能付SDカードのパイオニアです。スマートフォンやiPhone、タブレット、PCなどと幅広い使い方ができます。

特に理由がなければ Eye-Fi mobi カード を選んでOK。スマートフォンで設定しておけば、写真を撮った時点で自動でスマホに画像を転送してくれます。

eye-fi mobi カードは種類によって RAW現像ファイル も転送できるので、プロフェッショナルなフォトグラファーにもオススメですね。

Flash Air もあります

東芝製の Flash Air もありますね。flash air の特徴はデジタルカメラ製品以外にも無線機能を使ってスマホに転送できるというもの。

例えばプリンターやシンセサイザーのような機器でもデータをスマホに飛ばせるようです。ただ、私は使ったことがないのでなんとも言えませんけど。

結論まとめ

最近のカメラな内部にwi-fi機能が入ってるし、アプリの使い勝手も向上しています。私は iPhone ユーザー なので、NFC機能は使えないけど、今はあーやって簡単にスマホとカメラが繋げられるので、わざわざSDカードを無線化する必要もないかも。

むしろスマートフォンで写真を済ますのが、一番良いでしょう。だって楽だし写真もきれいですからね。

ツイッターやFacebookを利用している人は外で食べた料理を撮影して、いち早くアップしたいと思う人もいるでしょう。これまではデジカメの写真を転送するのに戸惑ったかもしれません。しかし上で紹介した方法を実践すれば、ほぼリアルタイムで撮影した写真をアップできますからいいですよね。

eye-fi mobi オススメです。