比嘉さんの奥さん
せっかく作った料理を不味そうに写されたら、アルゼンチンバックブリーカーで真っ二つに折りたくなるわ。
カメラ初心者の比嘉さん
あわわ、いきなり怒ってますね。

Facebookやブログで、カフェの写真や料理写真を載せる方多いですよね。でもそれ…適当に撮られた場合って営業妨害になりませんか?

どうせ紹介するなら、そのお店に行きたくなる写真を撮りたいですよね。今回はiPhoneや一眼カメラで、料理を美味しく撮るためのホワイトバランス、露出、そして光の使い方を学んでいきましょう。

料理を美味しく見せるホワイトバランス

「基本は日光モードで撮ればOK」みたいな話を鵜呑みにしていませんか?それ、ヒガシーサーとかいうブロガーのことです。

比嘉さんの奥さん
なんか暖色系使えば美味しく見えるとか思ってるところが浅いよね。
カメラ初心者の比嘉さん
あわわ今日のミーさん、なんか怖いです。

最近のカメラはすごく優秀なので、ホワイトバランスはオートでも大丈夫です。不安ならRAWで撮って後で編集するのがベストでしょう。

なんでもかんでも温かみをプラスするのは微妙です。

ホワイトバランスはオートで大丈夫!必要ならRAWで

美味しく見せるための露出は?

比嘉さんの奥さん
好みにもよるけど、私は明るく撮ってもらったほうが嬉しいわね。

間接照明の下にあるような柔らかく高級そうなイメージで撮りたいか、窓際の明るくさわやかな雰囲気を出したいかによって、どの設定を選ぶかは変わります。いくつも試してみるのが最善でしょう。

またティラミスなどの濃い色の料理を写すときは、露出を下げて撮影すると質感が写って重厚感が増します。

露出は基本的に明るめで撮ると美味しそうに見える(注:料理の被写体次第では逆の方がいい場合もある)

構図

料理写真は構図も重要です。まず、日の丸構図は避けましょう。全体を写すなら真上から撮るとオシャレに見えます。

food
画像元:ファミリーフォト – リビングで料理をおいしそうに撮る | Enjoyニコン | ニコンイメージング

美味しそうに撮るなら、とにかく寄ります。お皿や料理が画面からはみ出すくらいまでアップに撮りましょう。

あまり良くない例

シーサイド

美味しそうに見える例

シーサイド

真上から俯瞰して撮るのはオシャレ写真の基本。美味しそうに見せるなら画面からはみ出すぐらいに寄る

最も重要な光

料理を美味しく見せるために一番大切なのは光です。これも被写体や伝えたいイメージに合わせて変える必要がありますが、基本的には半逆光で撮ると美味しく見えます。

シンデレラレンズ

カフェの料理を撮影する場合は、窓際に座り、半逆光やサイド光を探して撮影してみてください。それだけで10倍は美味しく写ります。

kinostore

逆光、半逆光の自然光で撮影する!

iPhoneでも美味しく撮る方法

先ほど紹介したホワイトバランス、露出、光をコントロールできれば、iPhoneでも十分美味しそうな写真が撮れます。

iPhoneの場合は、まずタッチセンサーが便利なので、写真がイマイチだなと感じたら、画面のピントを合わせたいところをタッチして、最も最適なイメージを見つけましょう。

コチラの動画がとても参考になります。

単焦点レンズを使う

35mm判換算50mm〜の単焦点レンズをおすすめします。F値5.6-8ぐらいで撮影すると料理は美味しそうに見えます。ほどよいボケ味と、伝えたいものはシャープに写る写真の基本ですね。

kinostore

料理写真はテーブルフォトが多いので35mm判換算50mm前後がおすすめです。

まとめ

料理写真はSNSやブログで一番多く使われてる写真ですよね。

しかし適当なカメラや携帯で適当に撮るぐらいなら、アップしないほうがお店のためになります。飲食店を経営している方は、メニュー欄に「美味しい写真の撮り方」を掲載しても良いと思う。

写真が美味しそうに見えると、それだけでそのお店に行ってみたくなります。

比嘉さんの奥さん
料理を美味しく撮れる人って素敵よね。作る人の気持ちを考えているってことが伝わるわ。
カメラ初心者の比嘉さん
ヒィィ。なんかすごい重圧!がが頑張ります。