パナソニックの新しいネオ一眼 FZ300 に関する噂が活発になってきました。

FZ300の特徴はソニー製の4/3センサー(マイクロフォーサーズ)を搭載し、24-400mm F1.8-4 のライカレンズを搭載するらしい。また、236万ドットEVFを搭載し、バリアングル液晶である点にも触れられています。

価格は1499米ドルと言われていて、日本円だと16万円前後でしょうか?どちらにしてもFZ1000の初値より高くなりそうです。

まだ噂の段階なので話半分に聞いておかなければいけないが、RX10 II、G3X と比べても大型センサーサイズを採用しながらレンズの焦点距離を変えずに勝負したFZ300は魅力的な製品に思います。

FZ1000から進化したところ

FZ300がFZ1000の後継機となるかはまだ分かりませんが、1インチセンサーのFZ1000と比べると、4/3センサーを搭載予定のFZ300はセンサーサイズが大型化されています。

それにより高感度(暗い場所での撮影)に強くなるかもしれません。

噂ではクロップなしのフルセンサー読み出し4K動画を撮れるそう。動画のパナと言われている通り SONY の RX10 II に負けない動画性能を備えててくれたら嬉しいですね。

そういったスペック面の進化も嬉しいですが、やはり FZ1000 のノイズ問題が気になります。そこはパナソニックなので改善してることを期待しましょう。

不安なところ

やっぱりカメラボディの大型化ですね。FZ1000は1インチセンサーでしたが、FZ300はマイクロフォーサーズセンサー搭載なのでボディやレンズの大型化は避けられないでしょう。

ネオ一眼なので大きいことにデメリットを感じる方はそれほどいないでしょうが、ボディを小型化しながらも600mmの望遠を実現した(レンズスペックは全然違いますが)Canon PowerShot G3X と比べると、とても大きく感じそうです。

とは言えガッツリ動画専用機として考えるなら FZ300 の大型化はニーズに合っているかもしれません。

RX10 II や PowerShot G3X と比べてどうか?

まだ噂段階での情報を前提に話すと、ネオ一眼としてのスペックは一番バランスが良さそうですね。RX10 II や G3X と違い大型センサーなのでボディが大きくても納得できます。

レンズの焦点距離も24-400mmと高倍率ですし、200mmまではF