パナソニックから新たに発売されたLUMIX G7は写真撮影はもちろんのこと、4K動画撮影もできるコンパクトなミラーレス一眼です。4K映像から静止画を切り出す“4Kフォト機能”も搭載されており、決定的瞬間も逃さず写真に残せます。静止画から4K動画までをこなすLUMIX G7は、比較的リーズナブルな価格で手に入れることができる嬉しいカメラです。

LUMIX G7 買いなポイント

辛口批評も当たり前の The Camera Store さんの動画です。「全てにおいて高いパフォーマンス、使いやすさを持っている」と絶賛してますね。

ただし拡張性やプロフェッショナルな周辺機器を使う方にはGHをおすすめすると語っています。

また動画のなかで空間認識AFについても「驚くべき速さだ」と語っています。G7の一番のメリットは防塵防滴を省いた軽量小型ボディですが、個人的には空間認識AFが採用されたのが大きいですね。

GH4でも十分小さく軽かったんだけど、さらに小さく軽くしながらも空間認識AFや4K/30fpsで撮影できるなど性能は劣っていないのが素晴らしいです。

G7は価格も10万円以下で購入できることを考えると、4Kシステムを搭載したカメラのなかで最も初心者さんにおすすめできるミラーレス一眼ですね。

LUMIXの4K動画撮影機能

LUMIXってどんな特徴があるんですか?

パナのミラーレス機はとにかく動画が良いですね。

4K動画を撮影できるカメラは他にもありますが、パナソニック LUMIX の動画機能は素晴らしいです。僕もLX100を愛用していた時に驚きました。

パナソニック LX100 本音レビュー!G7X、RX100比較

具体的にどこが素晴らしいんですか?

MP4記録なので編集がしやすいです。それとニコキヤノの一眼レフと比べてAF音が全くしません。まるでビデオカメラのように扱うことができます。

ビデオカメラとの違いってなんですか?

ソニーさんの開発者インタビューでも語っていましたが、現時点で一般向けのビデオカメラとスチルカメラの違いはほとんどないみたいですね。ソニーはレンズ交換型のビデオカメラもありますし、動画を撮影しやすい形か、写真を撮影しやすい形かっていうのが一番の違いらしいです。

動画を撮る上で、LUMIXは使いやすさや音質、映像面などストレスが一番ないメーカーだと思います。

それから4K動画を撮るのはいいですが、編集が面倒っていうリスクも理解しておきましょう。

面倒くさいは大嫌いです。

そうですよね、G7は4K動画をスピーディーに記録できるUHSスピードクラス3のSDカードに対応していますが、4K編集に耐えうるPCスペックがないと大変なことになります。

僕のMacbookAirは、フルHD動画でも死に瀕します。

4Kだったら精神と時の部屋状態になりますよ。

4Kフォト

G7に搭載されている4Kフォト機能により、一秒間に30コマもの連写が可能になります。

そもそも4Kフォトってなんですか?