キャノン パワーショット G7X は、1インチセンサーを搭載し、24mm-100mmの焦点距離、F1.8-F2.8の大口径レンズを搭載したコンデジです。

カメラマニアからしたらスゴいコンデジなんですが、そんなことはどうでもいいのだ。

大事なポイントは、このカメラに5万円の価値があるのか?ってこと。

そこで今回はRX100(初代)iPhone 6 Plusで、CanonPowerShot G7X を総合的に比較してみましょう。

項目1 写真の質

Auto撮影、Jpeg mini で圧縮済みの画像です。
クリックで拡大できます。

iPhone 6 Plus

iphone6plus

RX100(ISO 125,28mm,f/6.3,1/800 AUTO撮影jpeg)

rx100

G7X(ISO 125,24mm,f/5.6,1/1250 AUTO撮影jpeg)

g7x

iPhone 6 Plus は置いといて、
RX100とG7Xの違いはほとんどありません。

画角の違いはあるものの、
G7Xの4角の歪みはちょっとヒドいですね。

特に左側はヒドイ。
これ方ボケなんじゃない?

これはカメラマニアの皆さんに叩かれるでしょう。
僕はそこまで気になりません。だってコンデジですから。

100mm 望遠端で撮ってみよう

次は望遠端で撮ってみましょう。

RX100(ISO 125,100mm,f/6.3,1/800 AUTO撮影jpeg)

rx100

G7X((ISO 125,100mm,f/5,1/1250 AUTO撮影jpeg)

g7x

望遠に関しては歪みも大幅に改善されてます。
また、jpeg出しなので色味や質感はカメラの個性と考えてください。

RX100G7Xに大きな差はありませんが望遠の解像度に関しては多少 G7X が勝っている印象です。

逆光はどう?

フレアやゴーストはどうなのか?
僕は全然気にしませんが、一応サンプルとして。

RX100

rx100

G7X

g7x

RX100はやや発生してますね。
G7Xは分からないぐらいです。

動画テスト

G7Xの強みは動画かもしれません。

5軸手振れ補正、
MP4形式 1920×1080、60fpsで撮影。
超イージーに動画を撮ることができます。

沖縄県北谷町アメリカンヴィレッジをぶらり

全てAUTO撮影です。補正も行っておりません。
写真サイズはjpegの半分で出力してます。※クリックで拡大できます。

amelicandepo
ISO250,焦点距離24mm,f/4.5,シャッタースピード1/1250

g7amelikan
ISO125,24mm,f/4.5,1/1250

北谷
ISO160,100mm,f/4,1/400

g7xマクロ
ISO125,85mm,f/4.5,1/1250

マクロは弱いですね〜。

iso125
ISO125,100mm,f/4,1/1250

g7xtate
ISO200,75mm,f/4,1/1250

hallowin
ISO250,100mm,f3.5,1/100

今年もハロウィンの季節ですね。

アメリカンデポ
ISO250,32mm,f4.5,1/1250

hallowin

北谷町美浜は毎年ハロウィンナイト、
仮装コンテストが開催されます。

ハロウィーン

息子が怖がってました。

ハロウィーン

ハンズステーキ

有名なハンズステーキ。まだ食べたことはありません。

時計台

上まで登ってみたいタワー。

いしがんとう

ハート形のマジムン除け石敢當。

美浜

コンデジって考えると素晴らしいダイナミックレンジですよね。

きじむなー

オムタコ丼で有名なお店。とりあえず息子大泣き。

広角g7x

4角の歪み、遠景の解像度が…G7Xの広角端はちょっとダメですね。

広角g7x

広角24mm

望遠g7x

望遠100mm

項目2 G7Xの良い点

Canon PowerShot G7X の魅力は
「手軽にそこそこの写真と動画が撮れる」
って部分でしょう。

  • RAWとかJPEGとか分からない
  • 動画を撮ってYoutubeに投稿したい
  • 一眼は持ちたくないけど良い写真が撮りたい

そんな初心者さんでも
そこそこ美しい写真が撮れるし
動画もMP4形式なのでYoutubeアップロードも簡単です。

「これならAUTOでいいか」って思わせてくれます。

項目3 起動速度、AF速度

カメラの電源を入れて
撮影可能になるまでの速度を
起動速度と言います。

一般的にミラーレスやコンデジは
一眼レフよりも起動速度が遅い。

AF速度とは、シャッターボタンを半押ししてから
ピピッとピントが合う速度の事です。

G7Xは、コンデジとは思えない高速起動と、
子どもが走り回っていても余裕でピントを合わせるAF精度、速度そこそこスゴい

項目4 背景ボケが美しい

g7x

G7Xの背景ボケは綺麗です。

さすがに単焦点レンズには敵いませんが
十分美しいレベルです。

F1.8では、ピントはやや甘くなります。
F2.8〜F5.6 は自然で美しい写真が撮れます。

項目6 チルト液晶、タッチディスプレイ、ズーミングの早さ、マクロ撮影、動画

G7Xは、バランスの取れたコンデジだと思う。

使い勝手、写真の質、動画の質は
そこそこ良い感じです。

「ベストな選択ではないけどベターである。」

そんな感じのカメラです。
買って失敗するってことはないでしょう。

項目7 G7Xのイマイチなポイント

g7x方ボケ

・広角24mmの周辺はヒドイ
特に左隅の歪みはヒドイですね。
方ボケという意見もあるくらいです。

とは言え、コンデジですからね。
初心者が気にすることではありません。

・メニューの操作性は良くない。
ソニー製のカメラと違い、
縦軸と横軸がキレイに整備されていません。

そのため、
目的のメニューまで辿り着くのが大変です。
インターフェースはソニーに大きく遅れを取っていますね。

・バウンス撮影ができません。
RX100シリーズのように、
内蔵フラッシュでのバウンスはできません。

これは残念。

・USB給電ができない。
USB給電ができないと、
不便しか残らないですね。

いちいちバッテリー取り外しするのって超面倒です。

ヒガシーサーのまとめ

G7Xは買うべき?

「イエス。買っても問題なし!」

G7X24mm-100mm F1.8-F2.8
RX100シリーズ、パナソニックLX100にないメリット。

広角の歪み、EVF無し、簡易バウンス不可など
残念な点もありますが、コンデジとしては優秀です。

Canon PowerShot G7X
カメラマニアさんに叩かれることも多いでしょう。

スペックやカメラマニア的な視点から見ると
そうなんだけど…コレ、コンデジですからね。

買って触って使ってみれば
G7X の良さが分かると思う。

良い点も悪い点もありますがヒガシーサーG7X をめちゃ気に入りました。