ミラーレスカメラ

LUMIX GF7 と GM1 はどっちを買うべき?

更新日:

LUMIX GF7の最大の特徴は自分撮り機能が強化されたことです。
搭載されている液晶モニターも自撮りに適したチルト式です。

この動画をご覧になれば
GF7の魅力が一瞬でわかりますよ。

自撮り時に左右どちらの手でも
シャッターボタンを押せる機能や、
フェイスシャッター機能など、自撮りに便利な機能が満載されたカメラです。

またパナソニックのカメラは
動画が素晴らしいので、Youtube投稿用にもおすすめです。
この記事はカメラに詳しいライターさんに書いてもらいました。

特徴的な3つの性能
  • らくらく自撮り
  • 22種類の撮影効果
  • Wi-Fi機能搭載

などがあります。

らくらく自撮り

GF7最大の特徴は、自撮りに強いことです。180度上方に傾けられるチルト式モニターが装備されているため、モニターで自分の姿を確認しながら撮影できます。自撮りのためにモニターを回転すると、本来カメラの左側にあるWi-Fiボタンがシャッターボタンに切り替わり、右手でシャッターを切ることができます。モニターが上開きなので、机や台に置いて撮影することができます。そのとき便利な機能が「フェイスシャッター」です。これは、顔認識機能で検出された顔を手などで隠し、再び顔を現すと自動でシャッターが切れる機能です。また、「美肌効果、スリムモード、背景ぼかし」の3種類のビューティーモードが搭載されており、より美しく自分を撮影できちゃいます!

22種類の撮影効果

GF7には“クリエイティブコントロール”が搭載されています。用意されている22種類の撮影効果を選ぶことにより、いろいろな雰囲気の写真を簡単に作成できます。たとえば「ポップ」で色を強調したちょっと派手な写真に仕上げることも、逆に「レトロ」で色あせた懐かしい雰囲気の写真に仕上げることもできます。このとき、フィルターなしの画像も同時記録できるので、フィルター効果を楽しみながら普通の写真もきちんと残せます。

Wi-Fi機能

撮った写真をすぐにSNSで共有するのに便利なWi-Fi機能もしっかり搭載されています。カメラとスマホのWi-Fi接続を簡単操作でつながる設定にしておけば、面倒なパスワードの入力の必要がなく、すぐにスタートできます。また、スマホやタブレットからカメラをリモート操作することができます。手元のスマホで写り具合を確認しながらシャッターを切ることができるので、シャッターチャンスを逃さず撮影できます。

GM1との違いは?

GF7とGM1は、画素数(1600万画素)、ISO感度(200−25600)、連写性能(40コマ/秒)、フラッシュ内蔵など、似たスペックです。ただ、GF7は自分撮りに強いのに対し、GM1は自撮り機能がありません。重さに関しては、GF7も本体236gとじゅうぶん軽く片手に収まるコンパクトサイズですが、GM1はさらに軽量で、たったの173gです。価格はGF7にレンズが2本付くダブルズームキットが5万5000円位で、GM1にレンズ1本付くレンズキットが4万1000円位です。

まとめ

LUMIX GF7はコンパクトで自撮りに強いという特徴があります。スマホでの自撮りに満足できない方におすすめのカメラです。とことん軽いカメラを求めるならLUMIXシリーズ最軽量のGM1がおすすめ。どちらもコンパクトなカメラで、毎日持ち歩きたい方やサブカメラとして持ちたい方にぴったりのカメラです。

ヒガシーサー的にはGF7が欲しいですね。やっぱり自撮りできるのと、できないのでは、できたほうが便利ですから。

-ミラーレスカメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.