GoPro

火事現場に取り残された意識不明の猫の赤ちゃんを救ったのは?GoPro映像

更新日:

GoPro で撮影された猫の救出映像が素晴らしかったのでシェア。

モクモクと煙が立ち籠める一室…何かを探している消防士。そこで見つけたのが猫の赤ちゃん。意識不明の状態で動かない…。それでも猫の赤ちゃんを抱きかかえ、仲間とともに外へ出る。消防士は手袋を脱ぎ、やさしく猫の赤ちゃんの蘇生を試みる…頼む息を…息をしてくれ…

果たして猫の赤ちゃんは無事に救い出せたのか?

GoProで捉えられた一部始終

gopro

ウェアラブルカメラのGoProHEROで撮影された火事現場のシーン。消防士のヘッドマウントに取り付けられたGoProが事故現場の全てを映し出していました。

猫の赤ちゃん救出シーン

室内は煙が充満し、消防士の酸素ボンベの音がリアルです…

gopro3

煙が立ち籠める室内で、猫の赤ちゃんを見つけた!しかし赤ちゃんがぐったりしていて動かない。

gopro

猫の赤ちゃんを抱きかかえる。

gopro2

外へ、外へ!!

gopro4

「頑張れ…もう少しだぞ」思わずそう問いかけたくなる。

gopro5

耐火手袋を取り、素手で赤ちゃんを救おうとする消防士。「頼む…息をしてくれ」

gopro

やさしくタオルをかけ、水をかける消防士

gopro

ピク!ピクピク!「動いた!」

gopro

「ようし、そうだそうだ。元気だね」意識を取り戻した赤ちゃんは、カラダを揺らし水を飛ばします。

gopro11

「よしよし、怖かっただろう。もう大丈夫だ」猫の赤ちゃんを抱きかかえる消防士。

gopro

動画

コチラがその動画です。

やっぱり消防士はヒーローだ。
それにしても GoPro って火事現場にも耐えうるんだね。世界を変えたカメラはやっぱりすごい。

-GoPro
-,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.