GoPro カメラ

Go Pro HERO はどのモデルを選べばいいのか

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。

Go Pro Hero3(ごーぷろひーろー)は Black、Silver、White モデルの3種類が販売されています。

どのモデルも価格なりの性能として素晴らしい製品ですが、ぶっちゃけどのモデルを選べば良いのか?

 

Go Pro Hero 3 Black Edition を使ってみて、どんな方にどのモデルが向いているのかを考えてみました。

 

HERO3カメラ | すべての面でさらにパワーフル | 最も進んだGoPro

 

Go Pro Hero 3 Black Edition で使わない機能

いきなりですが、GoProHero3 Black Edition は価格が400ドル近くします。

ホワイトと比べて200ドルも違うのですが、その差は 4K動画が撮れたり、12MPの写真が撮れたり、1080p 60fps が撮れたり、240fpsが撮れたりと機能満載の点が価格に表れています。

で私が実際に使ってみて全く使わないなコレってやつは

 

 

・Wi-Fiリモートコントローラー

・4K動画

・12MPの写真

・プロ級低光量パフォーマンス

 

の4つ。

・Wi-Fi リモートコントローラーは使わない。なぜなら iPhone のアプリがあるから。

・4K動画って撮っても見れないし、データ量が半端ないので使わない。

・12MPの写真はそもそもGoProは動画撮りのためのもの。タイムラプスで使えるくらいだけど別に5MPでも問題ない。

・プロ級低光量パフォーマンスは用途次第ですが、一眼とかに比べると脆弱なので編集ソフトで対応。

 

WhiteかSilverがオススメ

こう言っちゃなんですが、「動画を撮ってアップするだけ」なら White か Silver がコスパに優れているのでオススメです。

 

 

Black Edition の機能は確かに素晴らしい。

私も240fpsモードとか色々試してみました。

 

しかし実際に使うのは「1080p/30fps」の動画です。

 

編集もしやすいし

やっぱり一番バランスが良い動画が撮れるのが「1080p/30fps」なんです。

 

CanonやNikonの一眼レフも

2013年発売の最新機種以外はほとんど「1080p/30fps」の動画性能がMAX。

なのでコレでも十分っていうことでしょう。

 

だったら White でも Silver でもいいんです。

 

カメラの大きさが進化した

Go Pro Hero 3 が Hero2 から一番進化している点は

カメラの大きさです。

 

 

私は普段サーフボードに取り付けて撮影したり

一脚に取り付けてサーフィンしたりするので

軽さや大きさが最も大事。

 

Go Pro Hero 2 では流石に重すぎて

JVC ADIXXION を愛用していました。

JVC ADIXXION サーフィン動画 Go pro に負けない使いやすさ – ヒガシーサー 沖縄グルメ・イベント情報

 

撮れる動画はADIXXIONやHERO2に比べて美しくなりましたが

一番のメリットはその大きさだと思います。

 

最もコスパが高いのは White モデル

ハワイで見かけた Go Pro HERO3 ユーザーはほとんどが WhiteSilver でした。

 

まぁそれはどうでもいいんだけど

Go Pro HERO3 の楽しさを味わうなら

最も安価な White モデルがオススメ。

 

GoProを使う楽しさは味わってみないと分からないものがあります。

もしもあなたが価格の問題で悩んでいるなら、迷わずホワイトモデルを注文しましょう。

 

ブラックエディションはこういう方にオススメ

4Kテレビを持っている方

映像編集が得意またはビジネスとしている方

Go Pro HERO2 を持っている方

200ドルくらいの差が辛くない方

 

私はブラックエディションを買いましたけど

その理由は「ホワイトを買っても多分欲しくなるから」

というチキンな理由からでした。

 

まとめ

でも正直言うと

私の実力不足でブラックエディション

使いこなせていないという事実もあるかもしれませんが

ホワイトモデルでも十分だったなと思っています。

 

 

サーフィンの動画やアクションスポーツ系の動画を撮りたい

車やバイクに取り付けて撮りたい

そういう用途はホワイトモデルでも十分満たしているので

個人的にはやっぱりホワイトモデルがオススメだな〜。

 

-GoPro カメラ
-, ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.