GoPro

GoPro HERO4 2014年10月に発売?HERO3からの進化点とは?

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。
そろそろ GoPro HERO4 が発表されそうですね。

日本のガジェット系ニュースには
あまり取り上げられていませんが、
海外サイトではめちゃめちゃ活気づいています。

goprohero4
出典:petapixel

GoProHERO4 は9月29日頃に正式発表されました。

私もサーフィン時に使ってるので、HERO4は絶対に手に入れたいアクションカム。では、HERO3から進化すると噂されているポイントをまとめていきましょう。

※この記事は2014年9月30日に書き直しています。

4K動画を毎秒30フレームで!

…これはすごい。
ぜひ4Kで見てください。

GoProHERO3 ブラックエディションでも4K動画は撮れますが、毎秒15フレームなのでカクカクして全然使い物になりませんでした。

HERO4は、もちろん4K動画をパワーアップ。
毎秒30フレームで撮影できるようになります。

※30フレームはブラックモデルのみ

フルHD 1080pビデオが毎秒120fpsで

4Kよりもこっちが惹かれます。世界中のサーファーの素晴らしい映像が真のスローモーションで楽しめるようになるでしょう。

フルHDをスローモーションで…
考えただけて楽しくなります。

※ブラックモデルのみ

背面液晶搭載か?

lakey

タッチディスプレイを内蔵したモデルになるそうです。

それは大歓迎なんですが、
バッテリー容量が気になりますね。

※シルバーモデルのみ

サーファーにとっては死活問題ですから。

ちなみに写真はレイキー・ピーターソンですね。

電子手振れ補正?

ソニー製のアクションカメラ、
JVCのアディクションには手振れ補正機能が搭載されています。
特に、SONYさんの手振れ補正は超スゴい。

GoProHERO4には、
GoProシリーズ初の電子式手ブレ補正が採用されると噂されています。
画角は狭くなりそうですが、
手振れ補正があることで、よりアクティブな使い方が可能になりそうです。

手振れ補正は非搭載

レンズが進化する?

これは絶対に必須。
GoProHERO3、HERO3+のレンズは、暗いところが苦手でした
。朝焼け、夕焼けはなんとか撮影できますが、夜は全然ダメ。

HERO4には、low-right(低光機能)を備え
13MPセンサーを採用すると噂されています。

※ナイトラプスに対応

HDRモードを搭載?

GoProHERO4 には多重露出機能(HDRモード)が搭載されるらしい。
とは言っても撮影後すぐに確認できないので使い勝手はどうなんだろう?必要か?

個人的には instagram風フィルター を搭載してほしい。

※非搭載

発売日と価格

2014年10月(噂)
499ドル〜(black)
399ドル〜(silver)

HERO4も、シルバー、ブラックとモデルが分かれるようです。
ブラックならブラックアウトハウジングを標準搭載してほしいな。

ヒガシーサーの要望

  • 4K動画 毎秒30フレーム
  • 1080p フルHD動画 毎秒120フレーム
  • 電子手振れ補正(非搭載)
  • 低光機能
  • HDRモード(非搭載)
  • リモートにブルートゥース

機能が追加されたのは素直に嬉しいです。

GoProHERO4に期待したいのはWi-Fiリモートの操作性。
iPhoneアプリでは素晴らしい操作が可能なので、
できればWi-Fiリモートの操作性も改善してほしい。

※ブルートゥース搭載、設定ボタン追加でかなり改善されてる!

GoProHERO3+が発売されて一年以上。
ようやく GoProHERO4 が出てきましたね。
さぁ、今年も妻に相談しよ(笑)

これはマストバイだな。

最新情報はコチラの記事で書きました。

GoPro HERO4 正式発表!Black と Silver はどっちがおススメ? | ヒガシーサーのカメラブログ

-GoPro

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.