Panasonic LUMIX

LUMIX GX7 は GH3 よりも安くて高性能?比べてみた

更新日:

パナソニックの新しいデジタル一眼(ミラーレス)LUMIX GX7 が正式に発表されました。

発売日は2013年9月12日。

新開発16M Live MOSセンサー&ヴィーナスエンジン搭載により、さらなる高精細高画質と高感度高画質を実現。チルト可動式LVF&タッチパネルモニター搭載。レンズ内手ブレ補正、ボディ内手ブレ補正機構、1/8000秒シャッターを可能にした。

価格は Amazon で見ると ボディ単体で10万4,801円。単焦点レンズキットが12万9,800円となっています。

Live MOSセンサーってなに?

聞き慣れない言葉が沢山ありますね。GX7に新しく採用された16M Live MOSセンサー&ヴィーナスエンジンとはなにか?

ホームページを見てもカメラ初心者にとっては意味が分からない言葉がずらりw

簡単に言うと「GX1に比べて高感度撮影にとてもとても強くなりました」ということらしい。カメラの基本性能となる高感度に強くなったということは、カメラの性能がめちゃ上がったということですね。

ヴィーナスエンジンとは?

ルミックス独自の画像処理エンジンの名称で、ルミックスはノイズを抑えた画像を表現できると定評があるそうです。

 

世界最高?チルト可動式ライブビューファインダーとは

GX7の大きな特徴の1つ「可動式LVF」は世界最高の276万ドットの解像度を採用しています。つまり見えやすくキレイってことですね。

また、ソニーのNEX-5Rなんかと違って背面液晶が動くだけでなく、ファインダー自体も可変するのが面白い。手持ち撮影は慣れが必要ですが、アングルを変えて撮影できるのは楽しそうですね。

 

ボディ内手ブレ補正と1/8000秒のシャッター

個人的には最も「買い」だと思う点。

手振れ補正がないオールドレンズなんかも、ボディ内手ブレ補正がついているので安心して使いこなせる。これは嬉しい機能。

1/8000秒の高速メカニカルシャッター撮影が可能になり、一瞬を切り取った撮影ができるようになります。私は普段ウォーターショットを撮る機会が多いので、シャッター速度は速ければ速いほど嬉しい。

カメラの基本スペックがかなり向上していますね。

 

GH3との比較

カメラをスペックうんぬんで比較するのはナンセンスですが、LUMIX GX7はLUMIXの最上位機種GH3と同等かそれ以上の基本スペックを搭載しています。

ただ、GH3は動画機能に特化したデジタル一眼(ミラーレス)です。

今回発表された GX7 もキレイに動画を撮れるでしょうけど、AFやビットレート、フレームレートの豊富さは GH3 に適わないんじゃないかな?

最上位機種の GH3 に近い性能を持ちながら、最新センサーと画像処理エンジンを搭載し、しかも値段も安い GX7 は、ルミックスシリーズでも一番バランスが良い機種かもしれません。見た目もかわいいし、何よりボディ内手ブレ補正があるしね。

動画専用機としてのGH3と比較することはできませんが、すごくいいミラーレス一眼だと思います。

 

Panasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GX7 ボディ シルバー DMC-GX7-S
by カエレバ

-Panasonic LUMIX
-, , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.