カメラ初心者の比嘉さん
GX8ってなにがすごいの?
カメラマニアの大城さん
カメラマニアなら誰もが羨む先進機能がこれでもかと詰め込まれてるのさ。あぁすげースペック。

LUMIX GX7の後継機として発表されたGX8は、強力な手ぶれ補正機能を搭載しています。4K動画撮影機能や、「4Kフォトモード」を搭載し、様々な撮影を可能とするカメラです。画素数はアップしたものの、連写性能は維持しています。また、防塵・防滴機能も搭載しフィールドでのタフな撮影に耐えることができますね。

LUMIXのフラッグシップ機はGH4ですが、GX8の性能を見る限りでは連写性能以外でGH4に劣るところはありません。

3つの先進性能

カメラ初心者の比嘉さん
GX8の特徴を教えてください。
カメラマニアの大城
いろいろあるけど、3つに絞ると世界初の6軸手振れ補正、4K動画・フォト機能、超高速な瞳認識・空間認識AFだな。

世界初6軸手ぶれ補正

GX8にはレンズ内2軸、ボディ内4軸の手ぶれ補正を組み合わせ連動させる技術、「Dual I.S.」が搭載されています。6軸でのコントロールは世界初だそうです。

この技術により、暗い場所での撮影や望遠レンズでの撮影もしやすくなります。またボディ内に4コントロールあるため、手ぶれ補正機能のついていないレンズを使用するときでも、ある程度手ぶれを抑えることができます。

カメラ初心者の比嘉さん
なんか最近のミラーレス機ではボディ内手振れ補正が標準扱いになってきましたね。

4K動画、4Kフォト機能

GX8では4K動画を撮影することができます。また、4K動画と同じ800万画素で1秒間に30コマの速度で長時間連写できる「4Kフォトモード」も搭載されています。この機能により、今までなかなか捉えられなかった雷が落ちる瞬間や、激しいスポーツの一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮影できます。

カメラ初心者の比嘉さん
パナソニックのお家芸ですね。とくにシャッター音を消しての4Kフォトは色々な場所で有効だと思います。

超高速な瞳認識・空間認識AF

デジカメWatchさんの特集でも掲載されていましたね。とにかく瞳認識AFが高速かつ正確だそうです。【イベント】Amazonが初めて撮影会を開催 – デジカメ Watch

あまり知られていませんが、一眼レフに採用されている位相差AFは高速ですが、コントラストAFと比べて精度が低くなるそうです。あくまでも理論値ではありますが、とくに絞り値を開放していくに従って精度の差は大きくなるそうです。

panasonic
機動性/高速性能|DMC-GX8|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

カメラ初心者の比嘉さん
専門用語は全然分からないけど、とにかくAFが早くなってるのならユーザーにとって嬉しいことですよね。

GX7との違いは?

GX8は前モデルのGX7と比べると性能がぐんと向上しています。GX7の画素数は1600万画素でしたが、GX8は2030万画素になっています。

The Camera Storeさんは、何よりもソレが一番インパクトのある進化だ。と動画の中で語っています。

GX7の手ぶれ補正はボディ内イメージセンサーシフト方式でしたが、GX8はレンズ内2軸ボディ内4軸の強力な手ぶれ補正機能を採用しています。

また、GX7はフルHD動画撮影が可能でしたが、GX8では4K動画撮影ができます。GX8にはGX7にはない防塵・防滴機能も搭載されています。

重さはGX7が360g、GX8が435gとなっていてマイクロフォーサーズ機種としては重量級になりました。

GX8はタフなフィールドカメラとして万能機種に思います。ただ The Camera Store さんの動画担当者の方も、本格的な動画撮影を行いたいんならGHシリーズが良いと語っていましたね。

とはいえ、プロレベルの話ですからパンピーの僕にとってはどっちみち動画機能を使いこなせないでしょう。

どっちを買うべき?

価格は現在GX7が4万4000円位。GX8の現在の予約販売価格は14万円位です。

GX8に防塵・防滴機能が備わったことや4K対応になったことは素晴らしいのですが、GX7と比べると値段の差がありますね。

個人的にはGX7の後継機というより別シリーズのように感じてしまうほどです。本体の質量が重くなったのは少し残念。

すごいスペックてんこ盛りですが、果たして使いこなせるんだろうか。カメラに詳しいカメラマニアさんたちなら大丈夫かもしれませんね。

カメラ初心者の比嘉さん
というかGX7って5万円を切ってるのか..そうなんだ。欲しいなソレ。
比嘉さんの奥さん
えっ何か言った?
カメラ初心者の比嘉さん
あっいえ、なんでもございません。