はいさい。2012年の乗り納めがまだできていないサーフィン歴10年のヒガシーサーです。

あなたは今年、初日の出を見に行きますか?初物は縁起物、日の出も入り日も縁起が良いとされています。2013年を素晴らしい年にするべくぜひ初日の出を見に行きましょう!

今回は日常的に朝から海に入るサーファーの目線から【サーファーがオススメする沖縄の初日の出スポット】を紹介しましょうね。

北部でオススメの初日の出スポット

辺戸岬コーちゃん 辺戸岬のマップ

定番コースです。これは普通にオススメ。サーファーは【コーチャン】というサーフスポットに下りますが、海岸からの目線で見る日の出も素晴らしいものです。この日の満潮は朝の10時頃なので、ちょうど初日の出を見てからサーフィンできますね。

天仁屋:カムイ外伝の撮影地としても有名な名護市天仁屋(てにや)は、実はサーフポイントもあります。ここはシークレットポイントですが、天仁屋の切り立った崖から見下ろすあの雰囲気は独特のものがあります。

ウッパマビーチ:言わずもがな。ビーチでゆっくり日の出を拝みたい方にオススメ

伊芸サービスエリア:北部地域のベストエリア。アクセスも容易で、大展望なので混雑もなくオススメ。

中部でオススメの初日の出スポット

ビッグタイムリゾート【伊計島】:目の前に海以外の景色がないのが魅力。白い砂浜から見る初日の出は最高です。

【ぬちまーす工場】宮城島:高台から見下ろす海岸は絶景、中部でもオススメの観光スポットです。

勝連城趾:中部のベストスポット。沖縄の冬場の日の出はやや南から上がるので、勝連城趾の真ん前からグワーッと上がってきます。人も沢山居るので、暗いし、怖いしと思わないのもイイネ!

中城南上原サンエー沿いの展望散歩道:これもベストスポット。中城南上原の天空散歩道(中城のグスクロード)はどこからでも太平洋を一望できます。ここはサンエー近くの場所で、ベンチもあるのでとてもオススメ!

天願:ローカルサーファーが大事にしている天願ポイント。天願桟橋は沖縄県で唯一の米軍の武器搬入が認められている地域で、この天願ポイントも戦後の地元住民の力がなければ米軍基地にされていた。沖縄県では珍しい【地元住民が守りきれた土地】とも言える。そんな歴史ある場所から望む朝日は格別。

南部でオススメの初日の出スポット

ニライカナイ橋:南城市のベストスポット。久高島を望む高台から見る朝日は絶景。最近では【聖☆おにいさん】でもニライカナイが登場していましたね。

スーサイド【米須海岸】:沖縄県で最もサーファー人口が多いポイント。色んな歴史がありますが、それを踏まえて素晴らしい海と平和を願うには最高のポイントです。

まとめ

今回は、サーファー目線から景色がきれいな場所をチョイスしました。数は少ないですが、オススメのポイントだけを紹介しているので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

今年の元旦の天気は曇り、しかも寒そう。最低気温14度だって!

沖縄県は全国で一番快晴率が低い。そして地理の関係上、水平線に雲がかかりやすく、よくある【水平線から初日の出】が見える事は極めて稀なんですよね。

また、初日の出と言っても、必ず「東海岸の海沿い」である必要はありません。むしろ西海岸側から望む朝日も美しい場合もあります。

初日の出も、初入り日でも、日中でもかまいませんが、元旦にはぜひお天道様を拝みたいですね。それではよいお年を