ストックフォト

HDR写真をストックフォトで販売する際の注意点

更新日:

写真を撮影し始めてからHDR写真の魅力に取りつかれている方も多いはず。特にPENTAXの一眼レフを持っている方はHDR機能に惹かれて購入される方も多いと思います。

hdr

そのHDR写真…実はストックフォトで売れます。なんでもない写真をHDRに加工しただけで売れたっていう話もあるぐらい。というわけで今日は売れるHDR写真のポイントをまとめていきます。

HDR写真は売れる?

一般的にいうHDR写真(絵画に見えたり、CGに見えたりするタイプ)が売れるかというと、ガンガン売れる分野ではありません。

ストックフォトサイトの「今月の人気作品ランキング」を見てもHDR写真が入ることはほとんどありません。

それにストックフォトで高収入を得ているクリエーター達も、HDR写真ではなく、普通の写真を撮っている方が圧倒的に多いようです。

それでも全然売れないわけではないので、HDR写真という比較的ニッチな分野に挑戦してみるのも楽しいと思います。

売れるポイントは?

比較的売れにくいHDR写真の中にも売れる写真は確かにあります。ひときわ目を引く作品は売れやすくなります。

HDR写真はごちゃごちゃした印象になりがちですが明るくパッとテーマがわかる写真です。中でも観光地を撮影した品質の高いHDR写真は売れます。

hdr

ストックフォト購入者の中には自分で普通の画像を編集してHDR写真のようにできる人も多いですが、そのような購入者にも、「これは、このまま使えるぞ!買おう!」と思わせるような品質の高い作品をアップロードしましょう。

売れるHDR写真の撮り方は?

HDR写真の販売を考えている方にとって基本的なことだとは思いますが、HDR写真の作り方をざっとおさらいしてみましょう。

三脚を使って「明るい、暗い、普通」の最低3種類の露出で撮影します。3つ以上の写真をぴたりと合成させるのでブレが出ないように三脚の使用が大切です。このとき、JPGではなくRAWで撮影します。

JPGでもHDR写真は作成できますが、RAWで撮影しておくと後で調整するときに画質を落とさずに品質の高い作品を作ることができます。

自分でHDR写真を楽しむ分には三脚の使用や、RAWでの撮影は必要ないかもしれません。でも、売れる写真を作成するためにはできる限り高い品質を目指すことが必要です。

またカメラ選びも重要です。HDR写真に魅力を感じているならPENTAX機を選ぶといいでしょう。

売れるHDR写真の修正方法は?

見栄えのいいHDR写真を作成するには、ただ撮影するだけでなく画像の調整もしなければなりません。
通常はHDR写真用に撮影した画像をHDR合成ソフトを使って合成します。

その合成した画像をLightroomなどの現像ソフトを使用して調整していきます。

RAWで撮影していれば画質を劣化させずに何回も調整を繰り返すことができます。丁寧な作業を重ねることで、品質の高い売れるHDR写真を作成することができます。

まとめ

HDR写真はそれほど数多く売れる分野ではないかもしれません。それでも、購入者の目を引く品質の高い作品を提供すればきっと売れることでしょう。

何よりもHDR写真の作成はとても楽しいものです。楽しみながらストックフォトでの売れるHDR写真を模索してみるのもいいかもしれませんね。

-ストックフォト

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.