沖縄生活

お雛様・雛人形の正しい選び方とは?真多呂人形から学ぶ節句人形

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。

桃の節句のお雛様選び。
初孫が生まれたり、女の子のお孫さんがいるご家庭では「ひな祭り」はとても大事なイベントです。

子どもの親にとっても
「あぁワタシも女の子の親になったんだなぁ」と喜びをかみしめるひと時ですよね。

かわいいお孫さんが生まれたのだから、どうしても雛人形を買ってあげたい!そう思うおじいちゃん、おばあちゃんは今日の記事を参考に選んでください。

雛人形は誰が買うか?

sgf01a201311031100

インターネットで調べると「雛人形」は妻の実家が用意するものと言われています。

ただし、地方や慣習にもよりますし
今の時代はそこまで「妻の実家が用意すべきだ!」というものではないみたい。

おじいちゃん、おばあちゃんの立場としては
カワイイ孫娘に形の残るモノをプレゼントしたいもの。

もし可能ならご両家のおじいちゃん、おばあちゃんで相談して
お金を出し合ったりするといいですね。

くれぐれも「お金を出すから、私たちに選ばせてくれ!」なんて態度は取らないようにしましょう。

あくまでも主役はお孫さん。

パパとママにうんざりされないためにも、さりげないサポートをしましょう。

雛人形のタイプ

ひな祭り

ひな人形を選ぶときには
人数や段飾りなど気にする点がいくつもあります。

では、順番に見ていきましょう。

お内裏様・お雛様が並ぶ「オーソドックスなタイプ」

古今親王

古今親王と呼ばれる雛人形は、衣装も豪華で人気があります。

お内裏様とお雛様だけの雛人形なので
なんか寂しい..と普通は思います。

私たちからしたら

「本当は段飾りが欲しいけど、賃貸だからなぁ…」

実は2体だけのひな人形が一番嬉しかったりするんです。

問題はお孫さんの反応ですよね。
できるだけ豪華なタイプを選びば、
孫が大きくなっても喜んでくれるでしょう。

三人官女に五人囃子が揃う「段飾りタイプ」

ひな人形 段飾り

雛祭りの主役。
予算も広さも問題ないなら段飾りタイプを贈ってあげましょう。

「五人囃子に笛太鼓、よく似た官女の白い顔〜」

ひな祭りの歌にされるほど、定番中の定番。
とくに男雛、女雛、三人官女、五人囃子、随身、仕丁。
小道具には鏡台や箪笥、御駕籠など、各種雛道具が揃うタイプが人気のよう。

段飾りのフルセットを贈られてきたら
孫が大きくなってみんなに自慢するだろうなぁ。

そして毎年、毎年張り切って飾り付けをするでしょう。

雛流しが原型とされる「立雛タイプ」

立雛

あまり見ることがない「立雛タイプ」は
紙雛という別名を持ちます。

雛人形の原型とされるお雛流しが起源とされていて
段飾りみたいな派手さはないですが
シンプルで美しいと人気のようです。

場所を取らずに飾れるので、一年中飾ったりするのもいいですね。

ひな人形の種類に付いてはこちら>>

人数で選ぶ 雛人形

ひな人形 段飾り

5段飾り、7段飾りの雛人形はどうやって選ぶのか?
基本的に雛人形の段数は人数で決まります。

一般的なのは

  • 2人飾り(親王飾り)
  • 5人飾り(出飾り)
  • 7人〜17人飾り(多段飾り)

と言われています。
価格はピンキリですが、17人飾りの本格的なモノは100万円以上するそうです。

100万円以上もするひな人形はさすがに引いちゃうけど
1人に一体、一生に一度の雛人形

そう考えると多少高くても買ってあげたくなります。
その場合は、両家で相談したりパパとママにも「買っていい?」と相談するようにしましょう。

飾る側の気持ちとしては
100万円以上もする雛人形は恐れ多くて飾れませんけど(笑)

雛人形のお顔にも意味がある

雛人形のお顔ってちゃんと違いがあるってご存知ですか?
とくに「雛人形はお顔が命」と言われるほど、お顔には色々な種類があります。

なので雛人形選びはお顔で選ぶのが当たり前。
でも今回は雛人形の年齢も考えてみましょう。

子ども顔のひな人形

ひな人形

子供顔の雛人形は、幼いお顔に丸っこいボディ。
お孫さんが成長しても、かわいい顔を思い出すような愛くるしい雛人形です。
桃の節句、初節句にはピッタリのお顔ですね。

少女顔の雛人形

Screen Shot 2014-01-27 10.17.52

子供でもなく、大人でもない。
ロマンチックに憧れる一瞬の時代を表してる雛人形。
平安時代や江戸時代は少女の頃に嫁ぐので、個人的には少女顔が一番リアリティがあって良い。

もし、妻の実家のご両親が贈ってくれたら
「あぁ本当に娘のことを大切に思っているんだなぁ」と感じると思います。

大人顔の雛人形

Screen Shot 2014-01-27 10.17.57

雛人形は女性のためのもの。
自分だけに与えられる特別なお人形なので、素敵な女性への成長を願うという意味もありますね。
一般的な雛人形はほとんどが大人顔で作られています。

真多呂人形を参考にしました

インターネットで雛人形を探す際は、
細かいところまで注意しなければいけません。

粗悪品中国製のもの。
できればそういうのは避けたいですよね。

だから、本来は自分の目で見て選んだ方がいいんですが
雛人形選びは知識がないと難しいと言われています。

筆者もとても気を使いました。
だって下手なことを書いて、両親から変な雛人形を贈られてきたら嫌ですから(笑)

だから今回の記事は260年の歴史を誇る
「真多呂人形の雛人形」を参考にして書きました。

真多呂人形については動画をご覧下さい。

まとめ

ひな祭り

雛人形選びは、お金も口も出したくなるのは当たり前。

口を出される側としては、
むしろしっかり口を出してほしいです。お金も(笑)

大事な孫娘を想う気持ちはどんな形でも伝わりますから。

ひな祭りの主役は女の子。
主役に贈るささやかな雛人形を、家族みんなで選んでいきましょう。

真多呂人形のホームページはコチラです>>

-沖縄生活
-, ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.