カメラの防水ハウジングって気になりませんか?日本でもいくつか売っていますが、多くの製品は「深く潜る用」か「水面パチャパチャ用」のハウジングが多いです。

筆者はどうしてもサーフィンで使いたい。
子どもたちと海遊びするときにタフネスに使いたい。

そうなると結局「手軽さ」と「堅牢性」を両立した GoPro などのアクションカメラを選択するしかありません。

そうじゃなくて一眼クオリティのサーフィン写真を気軽に撮れるものはないのか・・・。はい実は海外にはいっぱいあるんですよねー。ということでまとめてみました。

手軽に使えて価格も安い海外の防水ハウジング事情

実は海外では需要が多い樹脂製の防水ハウジング。日本で売っているものは本格的なダイビング用途が多いので値段もスゴイし、何よりデカイ。

ヒガ「いや・・・子供と遊ぶ程度なのでソレはちょっと」

というレベルであればIPX8等級の防水ケースを使う方がいい。でもアレね、私2回位水没させちゃってるんですよねー。やっぱり激しく遊んだり、サーフィンの撮影にはちょっと不安なので樹脂製ケースがいいんです。

でも樹脂製ケースって高いですよね。それが意外に安く手に入るという海外製ハウジングを紹介します。

Liquid Eye

まずはサーフィンフォトグラファー御用達の Liquid Eye です。コチラのメーカーは世界のサーフフォトグラファーの間では常識の防水ハウジング。

価格も安く、シューティンググリップが最初から付いているタイプなどもあるので、まさにサーフィンフォトグラフィーのための防水ハウジングっていう感じ。以前まで主力商品だった一眼レフ用の防水ハウジングケースはSaleになっていて、まさかの500ドル台で手に入っちゃうよ。安い!

最近は α6000 と α6300 に対応したハウジングケースも登場してるし、サーフ系フォトグラファーの間にもミラーレスがグイグイ来てるのでしょうか?

これでα7II用か、α6500用が出たら買ってまうな・・・どうしよう。レンズポートは別売りですが本体でUSD750ドルはお手頃ですよね。イカす。

Liquid Eye Water Housing Systems

ikelite

ikelite

画像元:Ikelite | Underwater Camera Housings, Strobes, Flashlights and Accessories

先ほどはサーフィンフォトグラフィーに人気の防水ハウジングでしたが ikelite は凡庸性が高く、ミラーレスやコンデジ用のハウジングも揃っています。特にこだわりがないなら ikelite のほうが良さそうです。

キヤノン、ニコンはもちろん、ソニー、オリンパス、富士フイルム、パナソニック、ライカのカメラにも対応しているハウジングケースとレンズポートを購入できます。一部のメーカーはレンズ交換型に対応していません。

ikelite はどちらかというと水中撮影用ですが、それでも手頃な価格でシステムが手に入るのでいいですよね。

個人的にはコンデジ用のハウジングが揃っているのが素晴らしい点。RX100、G5X、LUMIX LX100など大型センサー搭載のコンデジ用ハウジングが揃っています。

Ikelite | Underwater Camera Housings, Strobes, Flashlights and Accessories

OUTEX

最後は樹脂ケースではありませんが有名なOUTEXを紹介します。

安くてタフな防水ケースと言えば OUTEX が有名ですよね。一眼レフ、ミラーレス、コンデジ、ズームレンズ・・・色々なカメラに対応できるスグレモノ。

日本からも注文できるし、色々組み合わせて頼んでもめっちゃ安いです。まじで安い。ぶっちゃけコレでサーフィン撮影できるなら軽いしこっちのほうが絶対いいよね。

Waterproof Camera Covers from Outex

まとめ

いかがでしたか?日本とは違い海外では需要が高く、競争も多いため手軽な価格で防水ケースを手に入れることができます。いまはインターネットを使って海外から取り寄せることができるので便利ですよね。

一番欲しいのは Liquid Eye のケースだけど・・・今度のハワイはとりあえず OUTEX かな。と考えてるヒガシーサーです。他にもオススメのサービスがあれば教えて下さいねー。

ぜひ!