沖縄生活

普天間フライトラインフェア 2014 いつ?オスプレイを見に行こう!

更新日:

はいさい。頭上を飛行する機体の音で「オスプレイ」が分かるようになったヒガシーサーです。

hutenma

フテンマ・フライトラインフェア(Futenma Flightline Fair)」が今年も開催されます。

「フライトラインフェスティバル」「フライトラインフェスタ」とも言われるこのイベントは、県内の基地内フェスティバルの中でも規模が大きいイベントです。

2013年のイベントでは、オスプレイが展示されてることもあって、来場者が多かったようですが、今年はどうなんだろう?展示されてるのかな?

普天間・フライトラインフェアの案内

開催日6月7日、8日
時間14:00-22:00
問合せ:MCCSスペシャルイベント部098-970-5828
駐車場無限にある!
シャトルバス歩いて入場の場合はシャトルバスもあり

※まだチラシなどの告知はないようですが、最新情報はコチラでチェックできます。
Fecebookページ:MCCS Okinawa Entertainment

フテンマ・フライトラインの見所

普天間フライトライン

普天間フライトラインフェアの見所は、なんと言っても「普天間基地に入れる」ってことですね。広大な飛行場の中に設置された航空機やイベントステージは、まさにアメリカンテイスト。

オスプレイの展示や、世界最強軍隊の航空機に乗ったり触ったりできます。

普天間フライトライン

hutenma

沖縄で日常的に飛んでいる米軍機に、直に触れることができる、貴重な交流イベントです。

フードコートはなし

ダンキンドーナツ

県内最大級の基地内イベント!とは言っても、フードコート(スポットとも言う)はないので、サブウェイやアンソニーピザ、ダンキンドーナツは購入できません!

フードコート以外興味無し!という沖縄県民も多いけど、普天間フライトラインフェアは、ステージイベント、航空機展示、花火など純粋にフェスティバルを楽しむことができます(笑)

花火は超近い!

花火photo by eyesplash mikul

駐車場の隣りで打ち上げるので、花火はめちゃめちゃ近いです。20:30 か 21:00頃 から上がるので、この花火はぜひ見に行ってください。

よもやま話

実は県内の基地内イベントは、昔から「カーニバル」と呼ばれ県民と米軍基地の交流に欠かせないイベントでした。私が小さい頃は「祭り」と言えば「カーニバル」のことで、めちゃめちゃ楽しい行事でした。

しかし、9:11のテロ以来、基地内イベントはなくなり、以前までは簡単に入れたフードコートや米軍基地の商業施設にも厳しい規制がかけられました。昔はキャンプ・コートニーのフリーマーケットの時でも、フードコートに入れたんですよ。

そして、テロから数年後の2010年に「フテンマ・フライトラインフェア」が復活しました。昔ながらのカーニバルの雰囲気を残す、このイベントは子ども達が基地に触れる貴重な機会だと思います。

負のエネルギーしか発しないメディアやプロ市民の情報だけではなく、基地内で働いている関係者の方、アメリカ国籍の人々と触れ合い、国際感覚を養ういい機会だと私は思っています。

というわけで、6月7日、8日はフテンマ・フライトラインフェアに参加してみてはいかがでしょうか?

持っていくと便利なもの

基地内イベントは、屋外で開催されるので以下のグッズを持っておくと便利です。

  • 着替え(6月の沖縄は湿気100%、絶対に着替えは持っていきましょう)
  • 日除けグッズ(帽子、日焼け止めは必須)
  • ドル(ドルレートが安かったりします)
  • ベビーカー(荷物入れに最適)
  • 熱中症対策(塩分、水分はこまめにね)
  • タオル類(仮設トイレなので)

暑いからな〜。まっ休み休み楽しんでいきましょう。

一眼カメラ・スマホ写真上達講座【読者数1600名突破】

camera

初心者にやさしい現代に合わせた写真上達方法、カメラの選び方、写真の発信術をメールマガジンで配信しています。

-沖縄生活
-, ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.