新しい iPhone はもしかしたら キーボードプロジェクター を採用するかもしれませぬ!

アメリカのApple関連噂サイト「9to5Mac」によると、Appleはアメリカ特許庁に「奥行き感知システム」と「レーザー投影」その他の特許の取得を申請したそう。

奥行き感知システムは、例えばiMacのiSightカメラと連動し、使用者とパソコンの距離を感知したりするのだそう。それがなんの役に立つのかは分かりませんけどね。またiPhoneやiPadにもその特許が採用されるそうで、レーザー投影型のキーボードも、その奥行き感知システムと連動するそうです。


あくまでも噂の段階なので話半分で聞いときましょう。

またアップルは、iTunesを利用した現金調達ネットワークの特許も申請しているのだとか。なんとこれは、近くのiPhoneユーザーに現金の要求をお願いするというもの。

「現金が今すぐ必要だけど近くにATMがない。よしiTunesを介して近くのiPhoneユーザーから金を借りよう。」

そんな感じで現金調達が可能になるかもしれない。なんかすごい話になってきたなw

現時点では特許の申請なので、実際に採用されるかどうかは分かりません。

もしもこれが現実になったら・・・iPhoneを落としちゃうとどうなるのか心配で外に持ち歩けなくなるかもw