沖縄生活

iPhone 6 Plus 光学式と電子式手振れ補正の違いは?注意点あり!

更新日:

iPhone 6 Plus光学式手ブレ補正だから、iPhone 6電子手ブレ補正よりもカメラの性能がいいんだぜ!

先日予約してきた au版 iPhone 6 Plus ですが、iPhone 6 と違うところは大きさだけではありません。バッテリーの持ち時間や、カメラの性能など、結構大事な部分で差があります。

カメラマニアがiPhoneを選ぶとこうなる

iphone

カメラマニアの私から見ても
iPhone 6/iPhone 6 Plus のカメラはすごく良いと思う。

f/2.2の明るいレンズを使い、
さらにスローモーション撮影にも対応している。
iPhone 6 Plus「光学式手振れ補正」を採用していますからね。

光学式と電子式(自動手振れ補正)の違いは?

その前にまず光学式手振れ補正と、
電子式手振れ補正の違いを簡単に説明しましょう。

電子式はデジタル編集によって「元の画像をデジタル処理して補正する」もの。
アップルでは「自動手振れ補正」と表記されています。

電子式手振れ補正について

アップルの公式サイトではこのように記載されています。

自動手振れ補正は、短い露出時間に4枚の写真を撮影して手振れを補正します。ノイズ、モーションブラー、手振れが最も少ない部分を合成して1つの画像を作ります。

つまり、合成写真ってことですね。

光学式手振れ補正について

光学式はレンズシフト式とセンサーシフト式があって、レンズシフト式の方が精度が高いと言われています。

iPhone 6 Plusレンズシフト式の光学手振れ補正を採用。

iPhoneの光学式手振れ補正は、レンズがモーションデータを測定してレンズを緻密に動かします。これにより、夜間や暗い場所での手振れ補正を抑えます。

つまり、合成しない分画質がキレイってことですね。

電子式:合成写真で手振れをごまかす。
光学式:レンズを動かして手振れを補正。必要なら画像処理もする。

となります。

光学式搭載はアレだけ?

Screen Shot 2014-09-12 23.49.19

写真を変えたカメラがビデオを変える!

と大々的に書かれていたし、iPhone 6 Plus の方が iPhone 6 より価格も高いし、より性能がいいんだろうと思いますよね。

光学式手振れ補正iPhone 6 Plus のみだし、動画もいいんでしょ?

iSightカメラにはちゃんと
「iPhone 6 Plusのみ」という表記がありますね。ところが…

iphone6

あれ?
ビデオ撮影の部分には「iPhone 6 Plusのみ」という表記がない。

ってことは?

静止画だけね

光学式

静止画のみですね。おそらく。
ちなみに動画の手振れ補正に関しては
「映画レベルのビデオ手振れ補正」と書かれています。

なにそれ(笑)
何軸の手振れ補正だよって言いたくなりますが、
映画レベルだそうですよ。

この表記流行りそうだな〜(笑)

Apple – iPhone 6 – カメラ

まとめ

iphone

iPhone 6 Plus は静止画のみ光学式手振れ補正。
あとは iPhone 6 と一緒。

ってことですね。

それでも iPhone でこれだけの動画と写真が撮れるなら
あえてカメラを持つ必要ないでしょう。

iPhone はそのまま編集もできるし、補正アプリもあるし、すぐプリント注文できるし、シェアだって出来る。

そりゃーカメラは売れないわな(笑)

あーiPhone 6 Plus 楽しみだー!

-沖縄生活
-

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.