はいさい一眼レフ上達講座受講中の@higashisaです。今回は僕が大好きな「一眼レフ」や「iPhone」で写真を撮るために知っておきたい3つのポイントを紹介します。

一眼レフはレンズを交換することで簡単に「プロ並みの写真が撮れる」スペシャルな道具です。

しかし、日常的に一眼レフを持ち歩く方ってもともとカメラや写真に興味がある方なので、ある程度は技術があるのが当たり前です。しかし誰でも持っている携帯電話やiPhoneでも、3つのポイントを意識すれば、驚くほど美しい写真を撮る事が可能です。

特にiPhoneではグリッド表示という三分割構図がデフォルトで使えますので、簡単に上手な写真を撮る事ができます。ぜひ以下の方法を試してみて下さい。

 

写真を上手に撮るために三分割構図を使おう

sanbunkatu (1)

三分割構図とは、iPhoneや最新の一眼レフではディスプレイに写し出すことができる「縦横3本のライン」のこと。あまり意識する方はいらっしゃらないと思いますが、この三分割構図はとても便利な代物。

これまで写真の水平位置を確認するくらいでしか使っていなかった方にはぜひ利用してもらい機能です。

三分割構図の正しい使い方は、例えば人物写真の場合、縦のラインに人物の中心が写るようにすると素敵な写真が撮りやすいそうです。写真の様に縦横のラインが重なる位置にピントや被写体を合わせるのも手ですね。

これを利用する事で、カメラ上級者が口にする「日の丸写真」を回避することができるし、風景や人物をより引き立たせてくれる効果があります。

※日の丸写真とは、被写体がカメラのど真ん中で写っている初心者がやりがちな写真のことです。

三分割構図を利用して縦のラインに意識する事で、縦軸の人物はとても美しくスマートに写ります。スリムにも写るので女性のポートレートにもオススメです。

カメラを縦に構える

プロカメラマンは、カメラを縦に構えて写真を撮るそうです。特に人物写真の場合は、人間は縦に伸びている生き物であり、縦のラインで写真を撮る方が美しく写るし、動きが出るそうです。

初心者の場合は、何の理由もなしにカメラを横に構えて撮りがち。これからは意識して縦の写真を撮る様にするとカメラの技術が伸びていくそうですよ。

iPhoneでも、縦に構えて撮る事で、空間が縦に伸びて美しい写真を撮る事が出来ます。特に、人物撮りでは絶対に縦撮り!という意識をしてもいいくらい見違える写真が撮れる様になります。

 

目的を明確にする

なぜ、この写真を撮りたいのか。

なんのためにこの写真を撮るのか。

写真のどこを感じて欲しいか、見て欲しいか。

これを明確にする事で、見違える様な写真を撮る事ができるそうです。

それほど人間の気持ちというのは写真に影響するそうです。

これは一眼レフのみならず、iPhoneや携帯電話、手持ちのコンデジでも使える技術。ぜひ取り入れて下さい。