夜桜をiPhoneなどで撮影する人は花見客に多いですが、実際に写真を見てみると思ったよりも暗い仕上がりだったというケースは多いようです。

ネコ「こんにちは、ライターのネコです」

白っぽいものを撮影するときには光の量が多いと判断してしまうので、あえて光をセンサーで減少させてしまいます。ですから、明るめの桜を撮影する時には暗めになってしまうのです。そこで露出を通常よりもプラスして、明るめの桜を撮影するように意識することが重要です。

とにかく寄ってアップの写真を撮る

桜

写真は構図によって、良し悪しが決まるといわれています。よく全体を撮影しようとする人がいますが、桜の木の根本からてっぺんに至るまでを完ぺきに写真に収めることは難しいですし、普通の写真に落ち着いてしまいます。印象の強い写真にしたいのであれば、被写体に寄ってみることです。桜の花びらとレンズの最短距離まで近づけて撮影をした方が、写真のテーマが明快になってインパクトのある作品に仕上がります。また、被写体を大きく移すことで背景にはきれいにボケを入れられます。できれば背景に玉ボケができると、さらにきれいな写真に仕上がります。全体を入れてうまく写真を撮影するのは、プロ並みの腕前を持っている人でないと難しいでしょう。

前ボケを入れる

桜

被写体となる桜の花の前に、他の桜の花を挟んでみる撮影手法もあります。そうすると自然と手前にある花がボケるような構図になるはずです。一種のフィルターのようになるのですが、前ボケと呼ばれる撮影テクニックです。ちなみに前ボケにする花がレンズに近ければ近いほど、より大きなボケになります。前ボケを使って夜桜を撮影する場合には、前ボケの花に光があたっていることが絶対の条件だと思ってください。もし前ボケになる花に影があると、汚い印象になってしまいます。

まとめ

桜

桜の咲く季節になると、日本全国に多くの花見客がやってきます。桜前線が北上して自分たちの住んでいる所に近づいてくると、厳しい寒さから解放され春の訪れを実感でき、気持ち的にもわくわくしてくるはずです。桜の咲く季節はぽかぽか陽気になって、自然と笑顔になった経験もおありではありませんか?桜の花はきれいですが、咲いているのはごく短い期間です。その儚さを上で紹介した撮影テクニックをうまく活用して、記録として残してみませんか?いつまでも散ることのない美しい桜の花が、パソコンの中や写真として残せるはずです。