パナソニックのLUMIXシリーズは、動画に強いカメラが多く発売されています。もちろん写真も素晴らしいです。ただ、個人的な知識不足でパナソニックのおすすめレンズが何か分からない(笑)

そこで今回はカタログ数値とネットで拾える情報だけで LUMIX で使えるおすすめレンズを調べてみました。

LEICA DG SUMMILUX 15mmの魅力

パナソニックは、マイクロフォーサイズという規格のミラーレス一眼カメラを得意としていて、高い人気を誇ります。コンパクト性と使いやすさ、そして画質の高さが同居しているため、オールマイティーなカメラと言えるのではないでしょうか。

そして、このマイクロフォーサイズカメラを支えるレンズのバリエーションも人気の秘密となっています。いろいろなシーンで役立つレンズが揃っていますし、同じようなタイプのレンズでも表現の仕方が異なるものもあるなどして、選択肢が多いのが魅力ですね。例えば、LEICA DG SUMMILUX 15mmレンズ もおすすめの一本です。

F値が小さく、とても明るいレンズなのが特徴です。ローソクを灯して、その光の下で料理を撮影するという使い方も、このレンズなら可能ですので、より幅広いイメージに対応することができます。ボケの出方もとても柔らかくてふんわりとしていますので、対象が際立ちつつもソフトな感じになります。ライカの基準で作られているレンズですので、その画質の素晴らしさは太鼓判が押されていますし、実際に使ってみてもその美しさを実感できるでしょう。

LUMIX G VARIO 14-140mm の魅力

望遠レンズにも複数の種類があって、LUMIX G VARIO 14-140mmなどは、広いレンジをカバーしているにも関わらず、このタイプの一般的なレンズよりもかなり軽量になっています。

とても軽い上にサイズもコンパクトですので、いろいろなところに持ち歩けるのがメリットですね。そして、軽いので取り回しが良く、すぐにレンズを被写体に向けられるという利点もあります。シャッターチャンスをしっかりとものにできるようになりますので、かなり助かるポイントと言えるでしょう。

そして、防塵機能が付いているというのもメリットです。子どもの運動会や旅行先で風景を撮りたい時などは、時にほこりをかぶることがありますので、レンズを保護する何らかの対策が必須です。この点、レンズ自体が防塵構造になっていれば安心して使い続けられます。

まとめ

パナソニックはたくさんの種類のレンズを出していますが、どれも一工夫が加えてあって特徴的なものとなっています。それぞれの楽しさがありますので、その良さを把握して気になるレンズを購入してみると良いかと思います。そして、使用する時はその特性を活かせるように、特徴を頭に入れていろいろ試してみると良いでしょう。