camera

「こいつオートで撮ってやがんぜ..」

「ククク素人だな」

そんなことを1mmでも思ったヒトこそ素人です(笑)

最近のデジタル一眼レフはオート機能が超優秀!
だから、カメラの設定はある程度オートに任す!
というのが上達の近道です。

なんでもかんでもオートってことではない

garalt

とは言っても、なんでもかんでもオートにするってことではありません。

必要な機能をカメラに任してあげることで
失敗写真を増やさないことが大事。

  1. オート露出を使う
  2. オートフォーカスを使う
  3. ISO AUTOを使う
  4. AWBを使う

4点のオートを使いこなしてみましょう。

オート露出

rosyutu

オート露出とは
写真の明るさを自動的に調整する機能のことです。

基本的に一眼レフやミラーレスには
以下の3つのオート露出機能があります。

  • プログラムオート
  • シャッター優先オート
  • 絞り優先オート

シャッター速度の設定や絞りの設定だけを
自分で調節し、写真の露出はカメラに任せる。

これがオート露出です。

シャッター速度の調整は初心者に難易度が高く、難しい。

なのでまずは絞り優先オート(A・AV)を使って
レンズのF値を調節する事を覚えてみましょう。

オートフォーカス

marason

オートフォーカスとは、
被写体にピントを合わせる機能のこと。

デジタル一眼レフは
このオートフォーカスという機能がとっても優れています。

オートフォーカスの向上により子どもの撮影や
スポーツ撮影が誰でも簡単に写せる時代になりました。

マニュアルフォーカスが必要な場面というのは
例えば星空撮影だったり、マクロ撮影だったりと
特殊なシーンで使う事が多い。

日常シーンであればオートフォーカスで
完璧に写真が撮れるので
悩まずにAFを使っていきましょう。

ISO感度

isokand

ISO感度(イソ)

日中や明るい場所の撮影ではISO感度はオートでも問題ありません。
僕も設定するのが面倒なのでオートで使ってます。

ただし、少しでも暗くなったり
室内での撮影になると
カメラが「手ぶれを抑える」ためにISO感度を必要以上に高くしてしまいます。

最近のカメラならノイズはあまり発生しませんが
僕が使う D40ISO800超ノイズ出まくりクリスティです。

そんな場合は
ISO感度の上限を自分の中で決めておくといいでしょう。

  • Nikon D40 ISO感度上限 400(笑)
  • Canon EOS 70D ISO感度上限 800(超キレイ)

ISO感度の補足はこちらを参考にしてください。
ISO感度 – デジタル一眼レフカメラの基礎知識 | ニコンイメージング

ホワイトバランス

lgf01a201308280700

カメラのホワイトバランスは
色んな光があるなかで、
白いものを白く写るように調整する機能のこと。

フィルム時代のカメラにはなかった
デジタルカメラの革新的な機能です。

しかし、実はこの便利なオートホワイトバランスが
上達を妨げる理由だったりします。

オートホワイトバランスは
カメラの内部で色味を調節する機能。

だから自分の目で見ている以上にキレイに写そうとして、
実際の色味とは全然違うものができたりします。

基本的にはオートホワイトバランスを使っても問題ないですが

  • 晴天モード
  • くもりモード
  • 蛍光灯モード

などのモードを試しながら
自分のイメージ通りに色味を調節すると写真が上達するでしょう。

僕は自然な発色が好きなので
「晴天」モードを使う事が多く、
室内や夜景の撮影は「オート」を使うようにしています。

まとめ

d40

最新デジタル一眼レフの機能は素晴らしいです。

オート露出もオートフォーカスも素晴らしいですし
ISO感度を高感度にしてもノイズが発生しません。
AWBはメーカー毎でイメージが違いますが、それでも優秀です。

こうした機能は失敗写真を増やさないことに役立ちますが
機能の特徴を理解していないと、
「いつまでもカメラに撮らされる」ハメになります。

カメラの設定は面倒ですが

  • AE露出のモード切り替え
  • ISO感度の設定
  • オートホワイトバランス(AWB)の設定

くらいは使えるようにしましょう。

参考文献