一眼レフ

初心者用一眼カメラは使いにくい?ミラーレスはどうなの?

更新日:

一眼レフ入門機と中・上級機の違いってなんでしょうか?こんにちは編集部です。

デジタル一眼レフカメラを作っているメーカーはたくさんありますし、機種も本当に豊富です。値段の差もあるので、どの一台にするか迷ってしまう方も多いでしょう。

camera

初めて一眼レフカメラに挑戦しようと思っているなら、入門機でいいと思う人もいる一方、最初から中・上級機を買って良いものに触れたいと考える方もいるようです。メリットとデメリットがどちらにもあるため、それぞれの特徴をとらえた上で決めることをおすすめします。

今回はエントリー機種と中・上級機の違いについてまとめていきます。

画質よりも操作性と機能

camera

誤解を恐れず言うなら、写真の良し悪しは「カメラボディ」では決まりません。そしてセンサーサイズでも優劣はあるものの、写真そのものの実力は撮る人の腕次第と言えるでしょう。

「じゃあエントリークラスと、ミドルクラスってなにが違うの?」

扱いやすさです。家電や携帯電話の初心者用と言えば「扱いやすいもの」であることが多く、上級向けになればなるほど難しくなるってのが普通なんですが、カメラは逆に上級向けになればなるほど「扱いやすいもの」になっていきます。

例えば視野率100%のペンタプリズムなどですね。ニコン、キヤノンのエントリー一眼レフは視野率も機能も犠牲にして軽量小型化を図っています。

一眼カメラは物理的なボタンが少ないと、カメラ任せの撮影をしなければならず、なんでもかんでもオートで撮影する癖がついてしまいます。ちなみに、初心者用カメラはミドルクラスと比べて物理的なボタンが少ないものがほとんどです。

物理ボタンとは、例えば露出ダイアル、ISO感度ダイアル、絞りダイアル、自由に機能を割り当てるFnボタンなどのこと。このボタンが多くなると難しそうに思えますが、実は逆。物理ボタンが多いほどカメラの操作性は上がります。

特に、使い勝手の差はエントリーモデルと中級機以上では大きく出ますので、ぜひとも検討したいポイントです。

なぜ操作ボタンは多い方がいいのか?

camera

一眼レフカメラでは、撮影中にいろいろな操作が求められます。露出やシャッタースピードの変更など、撮影中にもたくさんの変更をします。

また、撮った写真を確認して、それを修正するのにもたくさんの設定が必要となります。

そのため、一発で設定ができるボタンがたくさんあると操作がより楽になりますね。また、撮影中もすぐに操作できますので、シャッターチャンスを逃すことがないのもメリットと言えるのではないでしょうか。

操作ボタンが多いと、自分の好きなカスタマイズをすることができるので、撮影のストレスが大幅に減ります。

なぜ視野率は100%のほうがいいの?

ef50mm

例えば上の写真は、EOS Kiss X7 で撮影したものです。光学ファインダーで確認できるのは黒枠の内側の部分。しかし実際は黒枠部分も撮影しています。

ミラーレス一眼は視野率100%のもの多いですが、一眼レフはそうでもありません。キヤノンのKissシリーズ、ニコンのD3000、D5000シリーズは視野率100%を下回り、ミドルクラスと違ってペンタダハミラー方式を採用しています。それがどういう結果になるのかというと、光学ファインダーを覗いてフレーミングしたときに実際の写真より枠が小さく写ってしまうのです。

実際の写真はコチラ

ef50mm

おばあの家で撮影したものですが、余計なカバンとかテーブルの足とかが写り込んでますね。これはファインダー上では見えなかった部分です。ファインダーで覗いた時は綺麗にフレーミングされてたけど、出来上がった時には余計なものが写り込んでた…というのは日常茶飯事。中上機は視野率が100%というものが多くなっています。その方が、ファインダー性能が高いため、イメージした通りの画像を得られるというのは大きなメリットです。

ペンタダハミラーについてはコチラ
EOS Kiss X8 が登場しても X7 を買うべき5つの理由とは?

カメラの基本性能

カメラの基本性能は、光学ファインダー、AF測距点、シャッタースピード、防塵防滴性などが挙げられます。他にも色々あるんですが、ミドルクラス一眼とエントリークラス一眼を比べると顕著に差が表れる部分ではないでしょうか?

例えばシャッタースピードは、エントリークラスだと大体1/4000秒です。ミドルクラスになると1/8000秒になり、こんな写真が撮れるようになります。

eos70d

ミドルクラス一眼レフは、こうしたカメラの基本性能が高いことが特徴的です。あとで後悔しないカメラを選びたいならミドルクラスをおすすめします。

ミラーレス一眼のミドルクラス勢は?

ミラーレス一眼の場合は未だプロ機や上級機と呼べるようなカメラは少ないかもしれません。その中でも オリンパス OM-D(1、5)シリーズ、ルミックス GHシリーズ、富士フイルム X-T1 などは、防塵防滴ボディにハイスペックな性能と操作性を実現させています。

一眼レフと比べて高額ですが、上記の機種から選べば、所有感も得られるでしょうし信頼性もあります。ソニーのα7シリーズは素晴らしいカメラで、性能もすごいですが防塵防滴ではありませんし、やっぱりソニータイム(保証が過ぎたら故障するという都市伝説)があるので…私のRX100も壊れましたし。不安があります。

まとめ

男のミラーレス部ではスペックを気にしないカメラ選びをおすすめしていますが、ミラーレス一眼のミドルクラスは先進機能てんこ盛りの尖ったカメラが多いので、迷っちゃいますね。

ただ、カメラはレンズ次第。撮り手次第なのでエントリークラスでも十分良い写真が撮れます。というか写真は機材で決まりません。なので初心者クラスの一眼カメラでも全然問題ないってことですね。

エントリークラスの一眼カメラは使い勝手に不満は出るだろうし、隣の芝はめっちゃ青い!って思うでしょうが、そこでグッとこらえてレンズに投資したり、写真上達用の本を買うなどして写真の質にフォーカスしましょう。

-一眼レフ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.