アロハ!ハワイで2ヶ月暮らしてたときの話。

まだ10ヶ月の息子を連れてハワイに行きましたが、さすがに時差ぼけがひどかったですね。赤ちゃんの時差ぼけは、ゆっくり2週間かけないと完全には対応できないみたいです。

実体験から赤ちゃんの時差ぼけがどういう感じで治ったのかを紹介します。

赤ちゃんの時差ぼけ解消はどうしたらいいか?

ハワイ

赤ちゃんはまだ体内時計が完璧でないから時差ぼけはない。という話はよく聞くけど完全にウソでした。

実体験に勝るモノはありません。ウチの息子、見事に日本時間で生活しています(笑)解消法はないらしいので、妻と息子が一緒に時差ぼけしてくれるのが一番良さそう。

時差ぼけは2週間ぐらい続く

wyndham

妻と息子は約2週間ぐらいかけて、ゆっくり時差ぼけを解消しました。少しずつ朝早めに起こしてあげながら、夜中の時差ぼけは一緒に付き合うのがいいですね。

ハワイに着いた当初は、ハワイ時間のAM0時に夕飯を食べて、AM2時に眠りにつきました。日本時間で生活しながら、少しずつ早起きを繰り返すのが一番良さそうです。

弾丸旅行のハワイでは難しいですが、子供のペースに合わせて旅行を楽しむのが一番良いと思いました。

1週間の旅行じゃ諦める

ハワイ

幼児を連れてのハワイ旅行は時間との戦いです。時差ぼけは治らないと考えておきましょう。そのためゆったりプランでステイすることが一番子供にとっては楽です。

2週間過ぎたら、恐ろしいぐらいの慣れっぷりでビビります。子供の適応能力の高さに驚きました。ぜひ時間にゆとりがある方は、2週間以上のハワイ旅行を計画してみてください。

まじで豹変するから。

まとめ

赤ちゃん連れでの海外旅行はゆったりプランでないと疲労困憊!しっかり寝かして、ハワイ滞在を楽しんでくださいね。