はいさい。ヒガシーサーです。
今回は授乳クッションの使い方を紹介しますね。

「授乳クッションってなにを選べばいいの?」

そもそも授乳クッションを知らなかった男どもは、
どれを奥さんに買ってあげればいいか分からないですよね。

「スーパーで売ってたから」
「カワイイから」

そして、「マーナ」「BOBO」「MOGU」の授乳クッションを
外観だけで選んでしまいがち。

しかし、そんな安易な理由で授乳クッションを選んでも
100%役に立ちません!!

その理由は?

1個じゃ全然足りない

授乳クッションは、
赤ちゃんを抱いたお母さんの負担を軽減するためのもの。

新生児を抱いて授乳するときに、
リラックスした状態で、ひじを置くことができる高さが必要です。

授乳クッション

だから、普通の授乳クッションじゃ全然高さが足りないんです。

無理して乗せると血流が悪くなる

母乳は血液です。

卒乳

無理な体勢であげようとしても、赤ちゃんもママも辛い。
だから、背筋を伸ばしリラックスする必要があります。

腰や肩にも負担がかかるので、確実にヒジを置おける高さのものを選びましょう。

超厚手の授乳クッションか、普通の授乳クッションを2つ使う

授乳クッションは、普通のものだと全然高さが足りません。

だから、超厚手の授乳クッションか、
普通サイズの授乳クッションを2つ買いましょう。

授乳クッション

2つあれば、シムスの体位で寝ることもできるので
色々と重宝します。

シムス出展:萬育堂薬房

まとめ

授乳クッションの選び方や使い方は
こもり助産院で学びました。

おそらく、世のほとんどの男性は
授乳クッションがなんなのか
知らないと思います。

もし、この記事を読んでいる
妊婦さんがいらっしゃったら、旦那さんにこう言ってほしい。

「赤ちゃんとアタシのために、授乳クッションを買ってほしい。」
「ひとつじゃ腰とか背中に良くないから、2つ必要」
「出産後の体調にも関わるからお願いね」

こんな感じで伝えると、多分買ってくれます(笑)

女性と男性の脳みそは違う

女性は、赤ちゃんに全ての神経を注ぐため、
自分のカラダは後回しにしがち。

これはDNAに組み込まれているので仕方ありません。

しかし、男性は違うのです。

「赤ちゃんも大事だけど」
「愛する妻の体も同じくらい大事」

これが男性の考えてること。

だから、男性を動かすには

「赤ちゃんだけじゃなく、アタシのカラダにも関係している」

ということを伝えると、いろいろと協力してくれますよ。

おすすめ授乳クッション組み合わせ

授乳クッションって色々ありますよね。
1つだけ選ぶってなると、厚みや硬さなど慎重に選ばなければいけませんが、最初から2つ必要って分かれば、そんなに悩む必要はありません。

だから一つはカワイイのを選んでも全然大丈夫。
人気なのはマーナですよね。

つぎに人気なのが mogu のもの。触り心地も最高です。

BOBOもカワイイ。

以上のクッションを2つ揃えると、新生児の授乳が超〜楽になります。
参考にしてみてくださいね。