一眼レフ

PENTAX K-3 II と K-3 はどちらを買うべき?フルサイズはどうする?

投稿日:

PENTAXのフラッグシップモデル、K-3 IIが登場しました。前モデルとあまり変わらない!?いえいえ、かなり進化しているんです。前モデル K-3 から進化した点と、年末発表の噂があるフルサイズ機とどちらを買うべきか考えてみました。

K-3IIは、オートフォーカスや手ぶれ補正の改善が図られ、動体被写体の撮影がよりしやすくなりました。新たに搭載されたリアル・レゾリューション・システムにより、細かなところに至るまでよりリアルな描写ができるようになっています。ほかにも新たに搭載されたGPS機能を生かして、天体追尾撮影も可能となっています。

マイナーチェンジと言われていますが、実質の中身は大幅バージョンアップです。 K-3 II はAPS-Cサイズ一眼レフのベストカメラかもしんないぞ!

リアル・レゾリューション・システムとは?

リアル・レゾリューション・システムってなんですか?

メルマガや電子書籍で登場するカメラ初心者の比嘉くん。実在の人物とは全く関係ありません。専門用語が増えてきたら登場してくれます。

K-3 II には新たにリアル・レゾリューション・システムが搭載されています。なんかガンダムの新しい武器みたいですね。

これは、CMOSセンサーを1画素ずつ動かして4枚の画像を連続撮影し、それらの画像を1枚の画像に合成する機能です。この機能により、偽色やモアレ(被写体にない色や模様)の発生がなくなり、ノイズも低く抑えることができます。

カメラ内部のセンサーを動かしつつ、合成を行うことによって画像の質感を高めることができる超解像技術と言われているよ

このおっさんは電子書籍に登場する鈴木さん。カメラ専門店の店長だがストックフォトで荒稼ぎしているカメラ選びの師匠だ。カメラが好きすぎて店長職を放棄してカメラ選びのアドバイスをするのが特技。

リアル・レゾリューション・システムの効果はおどろくほど…というわけでもないですが、そうでない写真と比べて明らかに違うそうですね。以下はサンプル動画。

リアル・レゾリューション・システムについてはデジカメWatchさんが詳しく解説しているよ

デジカメWacht:PENTAX K-3II(実写編)

動体被写体には不向きですが、建物や風景などの静物を三脚を使用しての撮影に効果を発揮します。ブツ取りカメラマンなんかは仕事で使えそうですよね。

コンティニュアスAFと手振れ補正の強化

コンティニュアスってヨーロッパ辺りに住むテルマエ技師かなんかですか?

シャッターボタン半押し

-一眼レフ
-

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.