※この記事はプロカメラマンの方からご指摘を受けて訂正しています。誤解を与える表現と記事を書いてしまい申し訳ありません。

「ご指摘頂いて本当にありがとうございました。感謝です。」

この記事はカメラ素人のボクが、適当にグーグルトレンドでリサーチしただけの結果。せめてアドワーズのキーワードツールを使わないと正確な数字は把握できないので、カメラメーカーさんの人気度、カメラの機種の人気度を図るとするデータとしては完全に不十分なので参考にはなりません。

ただただ「カメラは別に好きな機種を選べばいいじゃない」ということを伝えたくて、まとめまています。あくまでも読み捨てるものとして読んで頂ければ幸いです。

カメラのオススメは人それぞれ

カメラはニコキャノを選べばいいなんて言う時代はとっくの昔にオワコンになっているのかもしれません。(筆者の偏見です)

正しい情報はコチラでご確認ください。→Explorecams Global Stats

カメラの世界はキヤノンが世界シェア1位。ニコンが2位。カメラ市場では2大メーカーと言われています。

でもそれって世界での話で、日本ではどうなのか分かりません。シェア1位って言ってもそれは全体の売上で決まるはず。人気のカメラメーカーであることは確かだけど、そのメーカーのカメラが一番人気かは分からない。

最近立て続けにカメラ選びの相談を受けましたが、やっぱりみんなカメラ選びに悩んでいて、口コミサイトやネットの情報が原因で迷いまくってます。

それぞれのユーザーが愛用してるメーカーや機種を主観で語るもんだから、全部偏った意見しか得られない。初心者や一般人にとっては考える必要もないスペックに踊らされる。

その結果・・・消耗しちゃう。

筆者はこれまで、キヤノン、ニコン、リコーペンタックス、ソニー、オリンパス、パナソニック、フジフイルムなどのレンズ交換型、レンズ一体型カメラをレビューしてきましたが、どれが一番人気で、どれが一番オススメかは知りません。

カメラは使う人によって必要な性能が違うし、そもそも素人なのでどこをどう考えればいいのか分かってない。

ボクができるのは、少しでも良い写真が気軽に撮れるカメラを紹介するだけ。というわけで、今回は人気のカメラを検索データから見ていきましょう。

※Canonに関しては「キヤノン」と「キャノン」の検索ボリューム多い方のキーワードを選んでいます。
※富士フイルムは「富士フイルム」と統一して検索しています。
※検索結果は日本のみとします。
※検索結果は過去1年間を基準とします。
※検索結果は「RX100」というキーワードを基準に数値化しています。
※グーグルトレンド調べ、場合によってはYahoo!プロモーション広告のキーワードツールを参考にしています。

メーカー名+カメラで調べた結果

  1. ソニー カメラ
  2. パナソニック カメラ
  3. ニコン カメラ
  4. オリンパス カメラ
  5. キャノン カメラ
  6. 富士フイルム カメラ
  7. ペンタックス カメラ

※グーグルトレンド調べ(グーグルトレンド調べで簡易的にキーワードを抽出して調べた結果。データとしては全然信用がありません。)

検索ボリュームを見た限りでは、意外にもキャノンさんが5位。オリンパスさんよりも検索回数は少ないですね。ちなみに検索ボリュームの規模としては「RX100」を単体で調べたものと「キャノン カメラ」は同数でした。意味ない比較。

メーカー名+一眼レフ

  1. RX100【70】
  2. ニコン 一眼レフ【53】
  3. キャノン 一眼レフ【42】
  4. ソニー 一眼レフ【11】
  5. ペンタックス 一眼レフ【8】
  6. オリンパス 一眼レフ【5】
  7. パナソニック 一眼レフ【4】
  8. 富士フイルム 一眼レフ【0】

こちらは順当な結果ですね。ニコン、キャノン、ソニー、ペンタックスは「一眼レフ」というキーワードで人気があります。

※そもそもRX100の検索ボリュームと比較するコト自体スベってるし、データとして比較できないので参考になりません。

意外にパナソニック一眼レフという言葉も検索されてることに驚きました。一眼レフかミラーレスかは一般人にとって関係ないんですよね。

メーカー名+ミラーレス

  1. RX100【70】
  2. オリンパス ミラーレス【30】
  3. ソニー ミラーレス【16】
  4. ニコン ミラーレス【15】
  5. キャノン ミラーレス【7】
  6. パナソニック ミラーレス【6】
  7. ペンタックス ミラーレス【5】
  8. 富士フイルム ミラーレス【4】

「メーカー名+ミラーレス」というキーワードでは、オリンパスが圧倒的に人気で、その傾向は2016年グイグイ伸びています。世間的にはシェアナンバーワンはソニーかオリンパスで争ってる形ですが、検索ボリュームから傾向を考えてみるとオリンパスが検索されてますね。

※グーグルトレンドだけの話です。

フラッグシップ対決

※フラッグシップ対決ではメーカー名を足すパターンと、機種名のみのパターンで検索ボリュームが大きい方を選んでいます。
※ニコン D5に関しては「D5」だと三菱自動車の製品検索ボリュームも加算されるので、「ニコン D5」で検索しています。
※機種によっては名称が難しいためフラッグシップシリーズの名称で検索しています。

  1. RX100【70】
  2. GH4【28】
  3. X-Pro2【15】
  4. E-M1【11】
  5. Nikon D5【10】
  6. α7【8】
  7. EOS 1D X【3】
  8. ペンタックス K-1【1】

カメラの名称って難しいですね。

そもそも機種名で比較できてない時点でデータとしては信頼度ゼロですから、まぁそんなもんなんだなという感じで見てもらえれば幸いです。

レビュー記事:富士フイルム X-Pro 2 本音レビュー!X70とX-T10の作例比較まとめ

最も人気の機種名は?

※RX100のキーワードボリュームを基準に各メーカー発売機種の検索ボリュームを調べました。

  1. D5500【69】
  2. RX100【62】
  3. Kiss X7【58】
  4. α6000【56】
  5. GF7【29】
  6. PEN F【18】
  7. K-70【18】
  8. X-T1【12】

エントリークラス、ミドルクラス、上級機のすべてを検索した結果、各メーカーの2016年によく検索されてる機種がなんとなく分かりました。

RX100を検索ボリュームで超えるカメラがようやく登場。レビューした Nikon D5500 です。レビュー記事はコチラ→ニコン D5500 は最高の一眼レフである理由 15項目

D5500は2015年発売のまぁまぁ新しい機種ですが、Kiss X7 や RX100 など数年前に登場したカメラが未だに検索されてることに驚きます。またソニーのα6000は、最新機種のα6300よりも検索されていて、まだまだ検索では人気がありますね。

※年代で見ると全然変わってくるので、2016年のグーグルトレンドで調べただけの結果。

LUMIX GF7に関しては、いま叩き売り状態なので検索されていますが、価格が上がるとまた検索されなくなりそうです。

オリンパスのPEN-Fは玄人しか検索しない言葉。E-PL7やE-PL6、E-M10などカメラ初心者が検索するであろう機種が人気ないのには驚きです。でもこれはネーミングのセンスにもよるよね。E-PL・・・とか普通の人が検索しないからなー。

ペンタックスからは新作K-70が検索されています。富士フイルムはどれも同じくらいでしたが、X-Pro2が最も検索されていて、X-T1が続きます。先ほどフラッグシップ機の場面でX-Pro2のキーワードが出てているので、ここはT-1を選びました。

最も検索されてるRXシリーズは?

なぜRX100を全てのカメラの中で基準にしているかというと、未だに検索されているカメラだからです。

そんなRX100はもう4年前のカメラ。ではRX100シリーズごとにボリュームを見てみましょう。

  1. RX100【70】
  2. RX100M3【23】
  3. RX100M4【12】
  4. RX100M2【6】

RX100シリーズに関しては予想通りですね。多くの人がレビューしていますが、そのレビュー数が多かった順と考えていいかもしれません。

最も検索されてるコンデジは?

ソニー RX100、キヤノン G7X、ニコンDL、パナソニック LX100、富士フイルム XQ2。

個人的には一番熱い市場です。レンズ一体型コンデジのなかで最も検索されてるカメラを調べてみました。

  1. RX100【70】
  2. G7X【39】
  3. G9X【16】
  4. LX100【14】
  5. XQ2【12】
  6. G5X【11】
  7. Nikon DL【10】

以下素人の参考記事。

こうやって並べてみると面白いですね。まず G7X Mark2 の検索ボリュームは圏外でした。今でも G7X の検索ボリュームが多く、G9X、G5Xと続いています。

意外にも LUMIX LX100 が検索されてるのが地味に嬉しい。素晴らしいコンデジですからね。

XQ2はRX100に近いロングセラー。このへんは玄人の検索数が多いと感じますね。

さて問題は Nikon DL です。まだ発売はされていませんが、発表から随分時間が経っているのに検索されていません。まぁDLを検索する初心者さんはいないだろうから、DLは頑張ってほしい。

単焦点レンズ一体型コンデジは?

単焦点レンズ一体型コンデジは、個人的な好みで言えば一番好きなジャンルです。

写真が好きになるとだいたい自分が好きなレンズや焦点距離が決まってきます。そうなってくるとレンズ交換型である必要もないし、ズームレンズである必要もない。

だったら最初から単焦点レンズ一体型カメラを選ぶのも一つの手。現状はレンズの選択肢が少ないので、まだまだこれから伸びてほしい市場です。

  1. RX100【70】
  2. X70【24】
  3. X100【20】
  4. RX1【15】
  5. リコーGR【14】
  6. coolpix a【2】

※「GR」で検索すると、類似製品、サービスの検索ボリュームが加算されるため、リコーGRと検索しています。全シリーズの後継機種のキーワードを調べて、検索回数の多い製品のみを表示しています。GR2、X100Tなど後継機種が人気ですが、依然として検索ボリュームではシリーズ初代機が検索されてます。

富士フイルムのX100シリーズやX70は、ファッションアイコンが好んで使っているため好き。使いやすい焦点距離だし、大型センサーなので背景をぼかした写真も撮りやすい。それでいて見た目もかっこいいんだからそりゃー人気ですよ。

筆者はX70に惚れ込んで使ってみました。

ポケットに入るコンパクトさに、28mm前後の画角、チルト液晶、ワイコンレンズにマイク入力端子があるなど拡張性も高い。それでいて写りはさすがの富士フイルム。

最高の写真体験が、この単焦点レンズ一体型カメラの市場にあると思います。

参考記事:フジフイルム X70 本音レビュー!これほどワクワクするカメラは初めて
参考記事:フジフイルム X70 総まとめ 一番の魅力とデメリットは?作例多数

カメラ市場のネーミングセンス

カメラの後継機種は2013年ごろから「MarkII」というネーミングを付けることが多くなりました。恐らくは RX100 MarkII か、EOS 5Dの影響が大きいでしょうけど。カメラに詳しくない人が検索するのは難しいかもしれません。

X100TやX100S、STYLUS1sみたいなのも混乱しますし、どれが新しい機種なのか分かりにくいところもあります。

もちろんカメラ市場は世界規模なので、世界中からしたら都合がいいかもしれないけど、日本人にとっては苦痛かも。まず MarkII のスペルもわからないし、2なのかIIなのか・・・。

その結果・・・グーグルトレンド調べで正確な数字を調べることができない(正確な数字を知りたいならグーグルトレンドとか使わないんですが・・・)

ただ一般ユーザーが検索できないってことは多少あると思う。

企業にとってもデータを抽出しにくいこともあるかもしれません。ニコンの「D500」や「D5500」は検索ボリュームが多いのは、検索しやすいという点もあると思う。

それに加えて口コミサイトやネットでは、ただただ自分の愛用カメラを賞賛するコメントしかないんだから・・・(ヒガシーサーもそのタイプ)そりゃーカメラを選ぶのって大変ですよ。

ちなみにヒガシーサーが妻にオススメするならこのカメラを教えます。ここから始めて、もっと写真を求めるのならレンズ交換型に移行するのがおすすめです。

まとめ

今回はキーワードリサーチを日常的にしているブロガーの目線で、カメラの人気を適当なキーワード選びで「データ」を調べてみました。

「このカメラは人気だからオススメ」という意味不明の体感値を軸に、カメラ相談に応える必要がなくなりました。

今までは 7D が一番検索されてるだろうなと思ってましたけど・・・年代の違いがあるので比較にはなりません。素人の感覚からすると、やっぱり「7D」と「D300s」は別格のイメージだったので今でも検索されてるだろうと思ってましたが、流石に発売から数年以上経つと検索されることはなくなるんですね。

というわけで、今回は誰もが参考にしてはいけない適当なキーワードリサーチの結果でした。絶対に参考にしてはいけないよ。

※この記事を執筆した時点で記事の配慮が足りなかったため、多方面の方にご迷惑をお掛けしてしまいました。カメラと写真が好きな素人とは言え、ブログを書いて人にカメラ選びのアドバイスをしているのに思慮が浅い記事を書いてしまいました。

これからもカメラ好きのブロガーとして記事を書いていきますが、メッセージを伝えるならば情報の裏付けをしっかり取った上で記事にしていきます。

まず誤解を与えて申し訳ないということ。ご指摘を頂いて本当に感謝していることが伝われば幸いです。