沖縄生活

キットレンズは使うな?金武町コスモス畑を8年前の一眼レフとiPhone 6 Plus で撮影比較!

更新日:

「キットレンズ使うぐらいならコンデジのほうがいいよ」

しばしば、こういう発言をしてくる方いらっしゃいますよね。ちなみに私もキットレンズ使うより、やっすい単焦点レンズを使ったほうが良いと思っています。

だからと言ってキットレンズの写真が美しくないのは「機材」のせいではありません。私の実力のせいです。

今回は2006年に発売されたニコンD40に当時のキットレンズ AF-S NIKKOR 18-55mm f3.5-5.6GII EDを装着して 金武町のコスモス畑を撮影してきました。

キットレンズとは?

キットレンズとは、一眼レフにセットで売られているお得なズームレンズのこと。初心者さんが最初に手に入れるレンズです。

写りは悪くはないけど、単焦点レンズと比べるとボケが小さく、暗い場所での撮影は困難を極めます。だから私はメルマガでもブログでもキットレンズを買うぐらいなら安い単焦点レンズを買ったほうがいいと伝えます。

ただ!それはあくまでも初心者の頃の話。カメラに詳しくなってきたら、キットレンズでも良い写真を撮れるべきです。

写真は被写体80%、光15%、機材5%と言われますよね。キットレンズだから良い写真が撮れないというのは、実力がないやつが言うことなのさ。そう、私みたいなね。

妻がiPhoneで撮影した写真

今回は iPhone 6 Plus との写真を比較してみましょう。コンデジやスマホよりも良い写真が撮りたいって人が、一眼レフに進むためには、画質の比較をしなければいけません。

cosmos (2)

cosmos (1)

コスモス

iPhone 6 Plus だとこんな感じ。手振れ補正もあり、色表現もキレイですね。ぶっちゃけここまで写せるなら一眼レフは必要ないと思う。

ましてや、キットレンズの写真と比べると大差ないでしょう。

初心者さんがキットレンズで撮影した場合

写真が好きでなければ、構図やカメラの設定なんて考えませんよね。だから大抵がこんな感じの写真になります。

cosmosd40

cosmosd40 (1)

cosmosd40 (2)

画素数600万画素、常用ISO感度200-1600のエントリークラスの一眼レフならこんなもんでしょう。

これくらいの写真なら一眼レフを使う必要ないと思いますよね。でも、キットレンズでもちょっとだけ頑張るとこんな写真が撮れます。

コスモスの空気感を意識して撮影

ニコンD40と当時のキットレンズでコスモス畑を撮影しました。「空気感」って言うとモヤモヤしますが。まぁ素人が表現するとこんな感じです。

天気も良かったので広角端でF値を絞り背景の山も写るように撮ってみました。

コスモス
ISO200/焦点距離18mm/f値11/シャッター速度1/500

一面に広がるコスモス畑でも、全然咲き誇れていない畑もあります。そこで白いコスモスが綺麗に咲いていたので、露出アンダーで撮りました。

コスモス

ややサイドから順光で撮影しました。

コスモス

主題を変えてみる

ミツバチが沢山いたので、主題をコスモスから変えてみました。

コスモス
NIKON D40/AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm/ISO200/焦点距離55mm(35mm判換算80mm)/f値9/シャッター速度1/320

キットレンズでも頑張ればマクロ写真っぽく写せます。

コスモス

構図を斜めにすると写真に動きが出ますよね。対角線構図って言います。

コスモス

女の子が積んだであろう花束をメインにしてみる。

コスモス

という感じで主題を色々と変えて撮影するものいいですね。

まとめ

「キットレンズでもそれなりに写せる」ってことが分かりました。

iPhone 6 Plus や最近のコンデジが優秀過ぎて、なかなか一眼レフに手を出しづらい状況ですが、やっぱり一眼レフって楽しいですね。

ちなみに会場には Canon 5D MarkIII + Lレンズ。ニコン D810 にナノクリF2.8通しレンズ。でっかい三脚を持ち出している写真愛好家の方も沢山いらっしゃいました。

私は娘を抱っこしつつ、はしゃぐ息子を気にしながらの撮影だったので…どっしりと両手でカメラを構え、被写体に向き合える皆さんが羨ましかったですね。

というわけで、8年前の一眼レフとキットレンズでもそれなりに写せますよ。という記事でした。

ヒガシーサーの写真上達講座(無料メルマガ)はコチラです>>

-沖縄生活

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.