パナソニックが海外で DMC-LX100 の正式発表を行いました。
LX100は今年ベストなカメラになると思います。

lx100

まずはおスペックの話からいきましょう。

センサーサイズ 16MP フォーサーズCMOS
レンズ焦点距離 24-75mm F1.7-2.8
ボディ マグネシウム合金
ISO 200-25600
AF測距点 49点
最短撮影距離 マクロ30mm
液晶モニタ 3インチ 92.1万ドット
EVF 276.4万ドット、倍率1.39倍
連射 11コマ/秒
シャッター速度 60秒-1/4000秒
動画 4K 30fps(キター!)
Wi-Fi 内蔵
GPS なし
大きさ 115×66×55mm
重量 393グラム

えーっと…これコンデジでしたっけ?
まず LX100 すげーなって思う点がいくつもあるので列挙していきましょ。

フォーサーズセンサー搭載

lx100

パナソニックのミラーレス一眼ではお馴染みのマイクロフォーサーズセンサー。4/3センサーとも書かれていますね。

このセンサーサイズはAPS-Cサイズよりは小さいですが、SONY RX100シリーズ の 1インチセンサーよりもはるかにデカいセンサーなんです。

それを搭載しちゃったコンデジ。

レンズ

lx100

24-75mm(35mm換算)F1.7-2.8
は SONY RX100M3よりも望遠端が5mm長い。
それでいてF値はほとんど同じの F1.7-F2.8 です。

マイクロフォーサーズでF1.7-2.8だと、
美しいボケを生かした写真や動画が撮れるでしょうね。

シャッター速度と連射…

lx100

1/4000秒。一眼レフ並ですね。
これで水辺の写真を残したら楽しいだろうなぁ。

連射も11コマ/秒での撮影が可能です。

4Kね

LX100の特徴は、なんと言ってもコンデジで 4K 動画を撮影できるところ。
明るいレンズ、大型センサーのボディ、4K動画、しかも動画に強いパナソニック。

これでRX100M3みたいに、
チルト液晶で自分に向けられれば最高なんですが、それは無理そうです。

とは言っても遂にコンデジも4K時代に突入です。

価格は?

希望小売価格は899ドル。
日本では9万円前後で発売されそうですね。

発売日はいまのところ不明。
LX100の魅力が詰まった動画はコチラ!

LX100のイマイチポイント

さて、LX100は素晴らしい製品ですが、
もちろんイマイチなポイントもあります。それはコチラ。

  • デカくて重い
  • 液晶
  • フラッシュがない

まず、デカいこと。当初の噂ではRX100を少し大きくしたぐらい!と言われていましたが、いやいやコレ PowerShot G1 X II をちょっとだけ小さくしたぐらいです。コンデジとしては大型で、間違いなくポケットには入れづらいでしょう。

液晶はEVFが出っ張ってるので、恐らく自分撮りは難しい。
ってことは Youtube 動画撮影するのが面倒くさくなるってこと。

フラッシュがないって点は、賛否両論あると思います。

でもRX100に搭載しているフラッシュは神機能です。
天井バウンスが可能ですから。

LX100は外付けのフラッシュが同梱されているみたいですが、見た目はバウンスとか無理っぽいんだよね。

まとめ

LX100は手持ちカメラを全て売ってでも、
欲しいコンデジになる…間違いなく。

値段も大きさも重量も、RX100M3より大きいですが、
マイクロフォーサーズ、4K、明るいレンズ。
これだけで飯5杯は食べれちゃいそうな性能です。

本気で一眼レフ必要ないなぁ。
パナソニックのLX100は今年のベストバイです。

参考サイト:Panasonic Lumix DMC-LX100 First Impressions Review: Digital Photography Review